高等予備校入学案内_2022
11/66

充実の一年に感謝私が成長するための大切な出会い浪人生活を振り返って浪人生活京都大学 理学部 理学科同志社大学 理工学部 数理システム学科德田 博斗くん(鹿児島玉龍高校卒)東京大学 理科一類吉満 星陽くん(鶴丸高校卒)昨年の春、どこも授業がまともにできないと聞いて、この浪人はある意味ラッキーだと周りから言われたことがあり、僕もそうかもしれないと思いました。あれから一年、事態は未だ収束が見えない中、二度目の大学受験二日間の試験が終わってから解答例と照らし合わせていった時、手応えはありませんでした。にもかかわらずこのような結果が得られたのは、自分が計算に入れていなかった成長があったのかもしれません。入学して以降、緊急事態宣言期間以外はほぼ毎日開校され、例年とほとんど変わらない授業が受けられたのはすごくありがたかったです。一年を通した授業で、高校三年間で学んできた内容を改めて体系的に学び、その上で入試に求められる力を身に付けることができました。最後の最後まで、先生方には大学別、個別に手厚い支援をしていただきました。浪人生有利の状況もあってか、模試ではこれ以上ない評価をいただけたことは、入試前の不安な時に自信をくれました。まぐれであっても、これが自分の実力だ!と思えるような結果が一つでも出れば、それだけで最後の一押しにつながると思います。一年間一つの目標に向かっていく中で、このままでいいのかという不安を拭えたのは、毎朝のめざましテストのおかげだったように思います。満足の継続を一つの近い目標に据えながら、模試を通過点として一年間めげずに頑張れたと思います。感染症対策も含め、心技体の成長が昨年と違う結果をもたらしてくれたのだと思います。これからは大学で自分の将来について見つめ、更なる一歩を踏み出せるよう頑張っていきたいです。京都大学 法学部塗木 智早さん(鶴丸高校卒)この度、第一志望の京都大学法学部に合格することができ、合格まで導いてくださった鹿児島高等予備校の先生方に対して感謝の気持ちでいっぱいです。私が合格できた理由を振り返ってみると、真っ先に思い浮かぶことが二つあります。一つ目は基礎を固めることです。どの教科の先生方も「土台をしっかりとつくることが大事」と指導なさったのですが、この基礎力こそが後々難解な問題を解く力になりました。基礎の学習をしてみて、先生がおっしゃる基礎力と自分が考えていた基礎力とに大きな相違があることに気付かされました。本当の基礎力とは、基礎的な知識を保持していることではなく、それがどのように使われるかを知ることでした。その上でうまく使うことを意識して学習しました。この基礎力こそが大きな力となって私を手助けしてくれました。二つ目は自分を信じることです。私自身の実体験なのですが、二次試験の直前に数学の過去問を解いた時に、焦って取り乱してしまうことがありました。基礎力に取り組んだことで自分に少し力が付いてきたと感じていて、第一問目を自信を持って解き始めたのですが思いの外時間を使っていることに気付き、急に焦って普段通りに解くことができませんでした。これは想定外のことに自分の自信が揺らいだからでした。これまで積み重ねたことは絶対に自分の力になっていると思い直し、自分を鼓舞激励してその後の演習に取り組みました。この経験をしたことで本番に平常心で臨むことができました。想定外のことが起こっても自分を信じることは大切です。浪人生活は苦しいだけのものではなく実り多く、大切な時間でした。東京大学 理科二類新村 飛菜さん(鶴丸高校卒)昨年大差で不合格となった第一志望校に合格できたことを非常に嬉しく思います。浪人を許してくれた親や授業・添削でお世話になった先生方、競い合い辛い時に支えてくれた友人たち、関わってくださった全ての方に心から感謝しています。私は一年間で本当に合格ラインまで点数を伸ばせるのかずっと不安を感じながら勉強してきました。しかし、授業や添削、模試などを通じて自分の弱点と徹底的に向き合うことを心がけると自分のミスしやすいパターンが分かってきて、同じような間違いをしなくなりました。浪人したのに難しい問題が全く解けず成長している実感がなかった時、現役時は分かっているつもりでもミスの多かった入試標準レベルの問題は、確実に解けるようになったことに気付く機会が多くありました。最終的に合否を分けるのは基本的な問題でどれだけ確実に点数を取れるかだと思うので、それができるようになったことが今年の合格に繋がったのだと思います。これから浪人することを選んだ人たちには、勉強法に正解はないので今の自分の課題と改善方法を振り返る時間を定期的に取って自分に合った勉強法を見つけ、自分の努力に自信を持てるような浪人生活を送ってほしいです。自分の浪人生活の反省点や上手くいった点を書こうと思います。まず、上手くいった点は、浪人前半期(~8月)での基礎固めです。現役の時、圧倒的な勉強不足、基礎力不足で受験に失敗したと感じたので、前半期はとにかく予備校のテキストの解き直しやサブテキストの読み込みをしました。そのおかげで、入試問題を解く際に地に足をつけた安定したやり方で落ち着いて取り組むことができるようになりました。逆に浪人生活での失敗として挙げられるのは、秋以降の中だるみです。夏の模試で思った以上に上手くいったことへの慢心やそこから来る油断、体調不良への甘えが主な原因だったと思います。この秋以降の時期は、正直もっと頑張れたと思いますし、何より学習時間が減ったことで問題を解く時のカンの鈍りもかなりありました。浪人生にとって、秋以降はモチベーションの維持が難しくなり始める時期ですが踏ん張るべきだと思います。こう振り返ってみると、僕の浪人生活は決して誇れるようなものではありませんが、自分を見つめ直す良い機会となりました。最後に、予備校の先生方、この一年間本当にありがとうございました。この一年間がなければ、今の自分はなかったと思います。本当にありがとうございました。10合格者の声

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る