高等予備校入学案内_2022
13/66

「夜明け前の空が一番暗い」という言葉を何度反芻し、自分を励まし続けた一年だっただろう。懸命に勉強しているはずなのに、苦手科目の成績がなかなか上がらない悔しさを嫌というほど経験し、模試では期待外れの結果になることも多かったこの一年。それでもなんとか自分を鼓舞しながら、前を向いてこられたのは、毎日予備校で「小さな手応え」を感じることができたからだと思います。現役生だった頃は全く分からなかった問題が、まずは糸口が分かるようになり、次にはより効率的な解法で解けるようになり…と、授業を受けるたびに数学や物理といった苦手科目に少しずつ親しみを持てるようになりました。また得意な英語や国語においても、先生方の丁寧で的確な講義を聞いている内に自分の「穴」を埋める作業ができ、現役時代とは比較にならないほど力をつけることができました。この小さな一歩を進み続けてきた私が、ようやく模試で手応えのある結果を得られたのは受験直前になってからのことです。最後の面談で担任の先生から「実力がついた。これなら戦える。」と言って頂いた時は、夜明け前の空に少し光が差したように感じたのを覚えています。高予備での浪人生活を経て、第一志望校であった京都大学に合格することができ嬉しい気持ちでいっぱいです。浪人を許し、いつも私の意見を尊重してくれた家族、熱心に指導して下さった先生方、共に切磋琢磨した友達にはとても感謝しています。浪人中は復習の徹底を心がけ、解けなかった問題には付箋を貼って解けるようになるまで繰り返しその問題に向き合うようにしました。それに加えて、質の高い授業、毎日の添削指導、質問対応で現役の時に圧倒的に足りていなかった基礎力を高めていきました。すると、最初の模試ではD判定だったのが夏からは安定してA判定がとれるようになり、今年こそは絶対合格できるという自信が徐々に高まっていきました。しかし、そんな中で臨んだ共通テストではまさかのE判定。二次の配点が高いので大逆転できるという強い気持ちとあまりの絶望的状況に対する不安が入り混じっていました。そんな私に火をつけたのが最後の三者面談でした。一科目ずつ現実的な目標点を定め、その点数が書いてある紙を机に置いて常に意識しながら過去問に取り組みました。二次試験で手が止まってしまった時には、あの先生ならどのように解説して下さるかなと考えながら解くと少し気が楽になり、最後まで諦めずに解答用紙に自分の思いをぶつけることができました。浪人生活は長く辛いものでしたが、勉強することの楽しさを味わい、自分がどれだけ多くの人に支えてもらっているかに気付くことができた有意義な時間でした。これからは新しい環境で周りの人への感謝を忘れずに夢に向かって躍進していきたいです。鹿児島大学 医学部 医学科兼井 舞音さん(鹿児島玉龍高校卒)コロナによる制限が多かったり、センター試験から共通テストへと試験の方式が変化したり…と、向かい風も吹いた受験生活ながら、「小さくとも着実な一歩」の先には大きな喜びがあると気づかせてもらったこの一年は、私にとって得難い糧となりました。これからも夢に向かって一歩一歩を大切に進んでいこうと思います。私は浪人生活において受験を左右するのは予備校のスタイルにあると思います。ある意味、その予備校の強みに合わせて勉強していくことが鍵になると思います。なので、高等予備校の強みを紹介することで、受験の参考になればうれしいです。まず、この予備校は先生方が常に平日はいらっしゃるので授業で分からないところを質問したり、添削指導をお願いすることができる点です。特に添削指導は授業と違い、自分の弱点の補強であったり、志望大学に合わせた学習ができるので、自分に合った勉強が可能です。実は、私は全国記述模試で数学の偏差値が一度50を切ってしまったのですが、数学の添削指導をその後お願いすると、メキメキと力がつき、本番ではすべて完答することができるまでの力がつきました。私の苦手分野や志望大学に目標を定めた指導が一番生きた点だと思いますし、とても感謝しています。第二の強みは自習の自由度が高いことです。自習室への入退室は自由なため、疲れたり、うまくいかなくてイライラしているときは、思い切って外に出て、予備校近くの甲突川周辺を散歩したり、水切りをしたり、友人と話したりするなどしてリフレッシュすることができます。ただ、この自由さはうまく使わないと、だらけきった生活を送ることになるのでメリハリは必要です。私は、特に浪人生活の後半で、この二つの強みを生かせたことが合格につながったと思います。みなさんの高予備での生活の参考になればうれしいです。がんばってください。そして、先生方、ありがとうございました。鹿児島大学 医学部 医学科田中 太朗くん(樟南高校卒)合格が分かって一週間程経ち、未だに合格したという実感は全くありませんが、自分の浪人生活を振り返ってみて、これから受験へ向かう方々に伝えたいことを二つほど書こうと思います。一つ目は、不安を完全に取り除こうとしないことです。浪人中は一人の時間も多く、自分自身と向き合う時間が必然的に多くなり、その分、不安材料と向き合う時間も増えると思います。しかし、不安が無くなることは、私自身一度もありませんでした。不安の種類は時期によって変わりますが、直前まで不安を抱えていて当然です。不安を抱えていることは普通だと思うくらいで良いと思います。二つ目は、可能な限り、他人と自分を比較しないことです。もちろん合格するには、他の受験生に差をつけなければならないので、定期的な模試の成績などは自分の位置を認識するために相対評価を気にする必要があると思いますが、勉強法や生活リズム、勉強に対する考え方などは、本当に人それぞれなので、私は全くあてにしなくても良いと思います。予備校という場所は、どこか成績至上主義のような部分もあり、何かと勉強のできる人間が優位に立ちがちですが、みんな浪人生なので気にする必要は無いと思います。今、私が書いているこの体験記も、私もたくさん読みましたが、参考になるのは十人に一人ぐらいでした。本当に浪人生も多種多様なので、自分らしさというものは大事にして下さい。その方が、受かった後の人生は豊かだと思います。以上二つが今のところ伝えたいなと思ったことです。入試を控えることの大変さは十分分かっているつもりです。現実から身体が逃げることはあっても、気持ちの面では向き合い続けて欲しいと思います。感謝京都大学 医学部 人間健康科学科青山学院大学 経済学部 経済学科中央大学 経済学部 経済学科立命館大学 薬学部 薬学科下田 桜さん(鶴丸高校卒)この一年で学んだこと予備校のスタイル広島大学 医学部 医学科国際医療福祉大学 医学部 医学科東京理科大学 薬学部 薬学科立命館大学 薬学部 薬学科津田 康祐くん(ラ・サール高校卒)これからの受験生に伝えたいこと12合格者の声

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る