高等予備校入学案内_2022
47/66

この一年を過ごせる者は幸せである。少なくとも物事を短絡的に結論付ける世間の常識に支配されることはあるまい。そのためにはまず、遅れて他を追いかけている、という消極的な意識は捨てよう。同世代に一歩リードする意気で真摯に学ぶべし。来春は自らの精神的成長に驚く楽しみが待っている。「志抱く者」としての誇りをもって、胸を張って、この一年を共に生きよう。今皆さんは人生の岐路に立っています。どの道に進むかは他人が決めるのではなく、皆さん自身が決めるのです。いつか振り返ったときに後悔するような人生を送ることは悲しいことです。誰にも夢があります。しかし、それを本当に実現できる人は少ない。さぁ皆さん、夢をかなえる一歩を踏み出しましょう。理解できるまで勉強すると意欲が出て次のステッブにつながり成績も伸びていくのですが、中途半端になるとあきらめて、今まで頑張ってきたことが無駄だったと思ってしまう人もいるかもしれません。せっかく努力をするなら成果がでるまで続けていきまし.ょう。Aim.high!まず腹を据えること。春の結果は残念でしたが、しかし、この一年は、ここ高予備が自分の居場所です。「もし、あの時~していたら今頃は…」の考え方(後悔)は捨てて、「あの時は~だった。だから今度は…して、きっと…なる」の考え方(反省から目標へ)に切り替えること。これが目標を達成するための王道です。敗戦には必ず理由があるといわれます。再挑戦するにあたって肝要なことはまず敗因をつかむこと。学習不足なのか、実力があっても本番で失敗したのか、不得意科目のせいなのかなど、省みてみるとなぜ失敗したのか思い当たることがあるはずです。常により上を目指す努力を継続することが重要です。初心を忘れずに頑張りましょう。夢を実現しようとするならば、安易な行動に流されてはいけない。これから一年間、目標に向かって苦しみぬく覚悟をしよう。苦しみにつぶされない強さを持とう。そして、その強さを支える努力を。苦しみの倍にも値する喜びが裏打ちされているのだから。「大学受験」は長い人生に於ける一つの大きな関所と言えよう。.“浪人”となった旅人は、その難関を突破するべく挑戦の道を選んだ勇者でもある。その旅路にはつらく苦しいことも多かろう。が“百転終起”。何度躓いても、転んでも、よいのだ。最後に関所の先に胸を張って立っていられれば。誇りを胸に邁進する君たちの傍で通行手形を勝ち取る旅路の供となれれば幸いである。46若井 壽二福屋 賢二郎勝ちに不思議の勝ち有り、負けに不思議の負け無し大西 泰子苦しみぬく覚悟、それを克服する努力末吉 太百転終起チューターからのメッセージ瀬野 孝一志抱く者達へ野口 忠弘夢をかなえよう後迫 宏実成果がでるまでTUTORS' MESSAGE

元のページ  ../index.html#47

このブックを見る