高等予備校入学案内_2022
60/66

昨年、わずかな差で不合格となった京都大学に今年は合格することができ、とても嬉しいです。この合格に達することができた要因は大きく三つあると思っています。一つ目は、レベルの高い充実した授業です。ポイントを的確に突いた河合塾のテキストと先生方の解説のおかげで必要事項が正確に分かり、また暗記事項を効率よく忘れにくい形で覚えることができました。高校では理解が不十分だった箇所も確実に定着していま理解の深まりを実感しながら学習を進めていくことができました。二つ目は添削指導です。自分のレベルに合わせた添削指導では、普段の自習では目の届かない、あるいは気付けないようなミスをピンポイントで指摘してもらい要領よく自分の間違いのクセを減らしていくことができました。特に、苦手な数学は本番で難化しましたが、添削で学んだことを役立てながら少しでも食らい付くことができたと思います。最後に、先生方や両親のサポートです。この一年は寮生活を送ることになり、時に心がくじけそうになることもありましたが、先生方や両親の励ましもあって、ブレずに目標に向かって頑張ることができました。以上の要因もあって、充実した貴重な高予備生活を送ることができました。この一年を糧に、次のステップでも頑張っていきたいです。本当にありがとうございました。浪人という一年間は僕にとって決して楽しいと言える期間ではなかった。しかし、今の自分、また将来の自分についてじっくり考える有意義な時間であったように思う。自分の理想に近付くために必要なことを学べる大学や学部を目標設定し、それに向けて学習に取り組んだ。その中で僕にとって良かったことが二つある。一つは先生方の存在芯質の高い授業や丁寧な添削指導で着実に力を付けることができたように思う。もう一つは寮生活だ。通学できないことはなかったが、どうせやるならとことんやろうと思って寮に入れてもらった。他の寮生と互いに切磋琢磨して高め合いながら取り組んだことがとても良かった。またこの一年は常に「不合格」という恐怖と闘い続けた一年でもあった。模試でいい成績を取っても「本番で取れなければ意味はない」と決して満足することなく勉強し続けた。自習室で勉強して疲れた時でも勉強している他の生徒を見ると、もう少し頑張ろうと思えた。コツコツ取り組む他の生徒の存在が僕の刺激となっていたのは間違いない。周りの人々の支えや恵まれた環境のおかげで合格することができた。これからの人生では周りの人々への感謝を胸に、少しずつ恩返ししていきたいと思う。59浪人が決まってこんな言葉を聞いたとき、僕は絶対にこうはなりたくないと思い、高予備で頑張ることを決心しました。とは言っても、みんながみんな僕みたくやる気に満ち溢れて浪人生活を決めるというわけではないと思うので、僕の経験を踏まえた浪人生活を乗り切る方法をお伝えしたいと思います。まず、時間の使い方です。僕はだらだらと12時間も勉強し続けるなんて無理でしたし、大嫌いでした。なので、15分を1単位とし、3セットしたら休憩といったスケジュールで勉強しました。短い単位ですることでこの時間だけは頑張ろうと集中力を切らさずできるのでオススメです。2つ目は、授業中心で学習することです。高予備は河合塾の質の高いテキストを使って授業をするので無駄がありません。僕は授業を復習するときに完全再現するために、とにかく集中し、メモしまくりました。そしてそれを何度も復習することで実力がついていきました。3つ目は謙虚に努力する姿勢をもつことです。浪人生活で何度か模試を受けることになりますが、いくら良い点数をとってもどこかに受かるというわけではありません。逆もしかりです。試験当日まで、自分が何ができて何ができないのかを分析し、次できるように改善していくことが大切です。これらの3つのポイントで私は浪人生活をなんとか乗り切り、高1からの目標であった鹿児島大学歯学部に合格できました。これから浪人するみなさんもぜひ、自分なりに浪人生活を乗り切る方法を編み出してみてください。東京海洋大学 海洋工学部 海洋電子機械工学科大江 亮くん(都城西高校卒・2019年度.寮生)去年は大学受験を完全になめていて、どこかには受かって来年は楽しい大学生活を送れるだろうと謎の自信があり、校内での成績もそんなに悪くなかったのでほとんど勉強をしていませんでした。志望校を決める時も面倒くさいからという理由でほとんど調べずに受験校を決め、二次試験で失敗しました。受験を失敗した僕は春からこの予備校に入学したのですが、しばらくここで色々なレベルの人たちと授業を受けてみて、初めて自分の学力はそんなに高くないということに気付きました。予備校で標準問題として取り扱われている問題に全く手が出なかったり、最初の頃は色々な発見でいっぱいでした。去年まで勉強は量より質だと思っていたけれど、この一年間を通して質が大事なのはもちろんだけどそれと同じくらい量も大切だなと思いました。やっぱり経験に勝るものは無いです。去年の僕にアドバイスをするとしたら受験はそんなにあまくないということと、自分のレベルをしっかりと客観的に見つめ直せということをアドバイスしてあげたいです。あと、僕は寮に入っていたのですが、寮には全員参加の自習時間があるので机に向かって勉強する習慣が全く無かった僕にはとても良い環境だったと思います。また、寮に入っていれば他の寮生と話す機会も多く自然と色々な情報を知ることができるので、受験校の決定などもスムーズにできて良かったです。高予備だから出来たこと鹿児島大学 歯学部 歯学科福岡大学 薬学部 薬学科福岡大学 理学部 化学科水町 次秀くん(鹿児島実業高校卒・2019年度.寮生)「浪人生の8割はそこそこ勉強して、第2志望、第3志望くらいの大学に行く。」受験はやっぱり大変高予備での一年間を振り返って京都大学 法学部同志社大学 法学部 法律学科深草 滉雅くん(加治木高校卒・2019年度.寮生)高予備での一年間神戸大学 国際人間科学部 環境共生学科関西学院大学 商学部近畿大学 経済学部 経済学科近畿大学 経済学部 国際経済学科駒寿 諒真くん(鹿児島玉龍高校卒・2019年度.寮生)不合格となった一年前、僕にとって一番辛かったのは僕を応援してくれた人たちの期待に応えられなかったことだ。今年こそは第一志望の大学に合格し皆で喜びを分かち合いたい、そんな想いで高予備での生活をスタートさせた。

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る