大学受験科university

高卒生のための大学進学予備校

鹿児島高等予備校は、1955年(昭和30年)3月の開校以来、
教育県と言われる鹿児島の受験生と共に、半世紀を歩んで参りました。
受験生の教育に力を入れ、創業以来国公私立大合わせて、2万7000人を超える合格者を世に送り出すだけでなく、
カウンセリングなど精神的サポートにも力を入れ、受験生を全面的にバックアップする体制を整備しております。

高等予備校生のサクセスデータ
  • H.28年センター試験
    東京大学
    803点

    H.27年センター試験
    K.Kさん 鶴丸高校出身
    726点
    +77
  • H.28センター試験
    熊本大学
    709点

    H.27センター試験
    K.Sさん 川内高校出身
    521点
    +188
  • H.28センター試験
    京都大学
    801点

    H.27センター試験
    Y.Nさん 鶴丸高校出身
    684点
    +117
行ける大学よりも行きたい大学

通常の予備校では、コースによって教室が固定されています。
しかしこのシステムでは、教科ごとに得意・不得意がある生徒にとっては、
自分の学力に合った授業を受けられない状況が発生するため、不得意教科の伸びが損なわれる危険性があります。
そこで当校では、この弊害をなくすため、サクセスクリニック(学力診断テスト)と面談・相談会を開催し、
生徒一人ひとりが自分に一番合ったテキスト・クラスで授業が受けられるように学習カリキュラムを組み上げております。

  • 最高水準の受験指導体制
    最高水準の受験指導体制

    予備校最大手の「河合塾」とのタイアップによる最高水準の受験指導体制

  • 受験指導・サポート体制
    受験指導・サポート体制

    受験生本位のきめ細やかな受験指導・サポート体制

  • 最高の学習環境
    最高の学習環境

    受験生の為に整備された最高の学習環境

当校が選ばれる理由
平成28年度合格実績合格実績

この合格実績は、平成28年度合格実績度入試における生徒の合格状況についてまとめたものです。
ただし一人で複数の大学・学部・学科に合格した場合は、それぞれに合格者として計上しています。

  • 国立大学
    141
  • 公立大学
    22
  • 私立大学
    287
  • 専門学校ほか
    6
合格実績をさらに見る

合格者の声

  • 山下 輝洋崇(樟南高校卒)

    東京理科大学/経営学部 ビジネスエコノミーコース,立命館大学/経済学部 国際経済学科合格
    山下 輝洋崇(樟南高校卒)
     大学受験失敗を経験して以来、僕は人生で最も苦しい1年間を過ごした。現役の頃の、友達との交流や携帯電話の多使用など、自分の中にあった弱さや甘えに打ち勝つべくこの1年間は他人との関わりを最低限に抑え、携帯の使用時間も制限した。それにより、1年を孤独でストイックに過ごすこととなり、変化のない毎日に心が折れそうになることもあった。しかし、高校時代を共に過ごした仲間の中には、関西の予備校で浪人するもの、近くに住んでいながら他の予備校で寮生活をして努力するもの、宅浪して人知れず勉強に励むものなど、それぞれの苦しい環境の中で頑張る友が多く、彼らの存在が気持ちを新たにし、闘志を燃やす糧となった。
    高等予備校では、それまでの知識不足を補うだけでなく、それまでにない視点からのアプローチなど、現役の頃には知ることのなかった貴重な武器を得ることができ、また添削の丁寧な指導により、苦手な分野の克服の大きな助けとなった。苦労も多く、焦りやネガティブ思考も絶えなかったが、それ以上に自分で考え、取り組む姿勢と確立し、目標に向かうことの大切さを学ぶことができた。
    自分の志望学部、学科は最後まで不安定でなかなか進む道が決まらなかったが、合格という形で結果を残すことができて本当に良かったと思う。お世話になった諸先生方、高校時代の恩師、そして家族の支えに感謝したい。
  • 飯山 真生(甲南高校卒)

    明治大学/理工学部 建築学科合格
    飯山 真生(甲南高校卒)
     去年、受験に失敗し、苦汁を飲んで再挑戦の今年。今振り返って思うことは“浪人して良かった”ということです。そう思う理由としては、今年受験に臨む前持った自信は根拠のない自信ではなかったこと、高校現役時代に漠然と理解していた科目(私の場合は物理、化学、英語)がしっかり理解できるようになったことが挙げられます。
     一番初めの英語の授業で、私は今まで高校3年間を通して持っていた英語というものの概念を覆された気がしました。私が今まで英語の問題を解くために用いていた方法は、しっかり英語を理解できていない人がするものであり、単語、文法、語法などを着実に押さえていければ、英語というものの見方は格段に変わるということを真安打瞬間の衝撃は今でも鮮明に覚えています。
     また、自分が苦手とする教科において添削指導をしていただくことで抜けている知識を把握し、質問し理解するという行為を繰り返しながら知識を補いました。
     浪人することを決めた時、本当は1年間も自分が頑張り続けることが出来るのか本当に心配でしたが、高予備で過ごした1年間はあっという間ですごく充実した時間を過ごすことが出来ました。一生に一度しか味わうことの出来ない浪人生活を高予備で遅れたことを幸せに思います。この1年間の私の浪人生活を支えてくれた全ての人に感謝しています。
  • 宮崎 怜奈(甲南高校卒)

    鹿児島大学/水産学部 食品生命学科合格
    宮崎 怜奈(甲南高校卒)
     この1年間は驚きの連続でした。現役時代は第一志望だった広島大学が模試の判定が悪く、E判定とかでした。結局、第一志望を受験することができず、そのときのレベルにあった大学を受験するも、前期と後期どちらも落ちてしまいました。これは勉強に力を入れる時期が遅く実力が追いつかなかったといえると思います。
     しかし、浪人生活は1年間をフルに使えることが出来、また学習も全範囲習っているために初めから受験モードで切り出すことができます。鹿児島高等予備校では、常勤講師がほとんどであり、理解できなかった箇所をすぐに聞ける上に、添削や補充学習では自分に合わせた問題を提供してくれます。講師と気軽に話せるため、進路相談や悩み事などを話せ、精神的な面で支えてもらったと思います。こういった、全面的な支えがあったからこそ、第一志望にしていた広島大学でA判定をもらうようになり、自分のやりたいことが出来る大学の選択肢も増えたんだと思います。
     今年は、合格には届かなかったけれど第一志望の広島大学を受験することができ、合格へのチャンスをつかみ取ることが出来ました。結果は残念だったけれど、この1年間積み重ねてきた努力と支えがあったからこそ、後期で鹿児島大学に合格することが出来たんだと思っています。
     浪人生活は辛いこともたくさんあると思うけれど、自分が現役の時に出来なかったことが理解し解けていくときの達成感と成長しているという実感の嬉しさの方が最終的には勝ったと思います。この1年間を振り返ると、自分の糧となった良い1年間を過ごすことが出来たと思います。鹿児島高等予備校で浪人生活を送れてとても良かったです。
先輩たちの声をさらに見る