合格者の声voice

鶴丸高校卒 江口 善宣
大学受験科
鶴丸高校卒 江口 善宣さん
●東京大学 文科三類●早稲田大学 文学部文学科 合格
 私は浪人生活を始めるにあたり「週六日は必ず夜十時まで高予備で自習すること」「予習を週末に全て終わらせておくこと」「復習の徹底によりテキスト・授業を完全に消化すること」「最低九十分は自習室から出ないこと」を自分ルールとして設定しました。これらは現役時の自分を反面教師として設定したもので、一年前に人生で初めて自分の弱さと真正面から向き合うこととなった私にとっては簡単に遂行できる代物ではありませんでした。初めの頃は何度も破ってしまいそうになりましたが、破ってしまっては現役時代と何も変わらないではないかと自らを鼓舞しつづけ、また絶対に守らなければならない状況に自らを置くためにこれらのルールを両親や友人にも公言してなんとか守りつづけました。するといつの日からかこれらのルールは苦行から当たり前の習慣へと変貌し、成績にも明らかな変化が現れてきたことでいつの間にか愛着まで湧いてきてしまいました。私はこのルールたちとともに歩んでいなかったら合格はなかったと確信しています。
 私の手帳に「勉強したいと思える自分になる」という言葉があります。これは一年前の私が浪人生活における目標として記した言葉です。今ここには東京大学で日本史を勉強したくてしたくてたまらない自分がいます。どうやら習慣には人を変える力があるようです。
鶴丸高校卒 上曽山 健介
大学受験科
鶴丸高校卒 上曽山 健介さん
●東京大学 理科一類 合格
 高一から貫いてきた志望校に合格できた今、嬉しい気持ちでいっぱいです。僕が合格できたのは、受験意識を高め合える友人、頼りになる講師陣、支えてくれる家族がいたからこそです。本当にありがとうございました。
 ここからは僕の一年の浪人生活を通して大切であると思ったことを伝えたいと思います。まず一つめは、身近にいる同じ高校または同じ志望校のできる友人を目標にすることです。そうすることで、自分の勉強するモチベーションを保つことができ、怠けにくくなります。そして、徐々に着実に成績が上がってくるのが実感できるようになります。
 二つめは復習です。特に基礎シリーズでの復習は徹底して行うべきです。典型問題を確実に解けるようになると、自然と応用問題もできるようになります。初めから難しい問題ばかり解き、数をこなすだけでは問題の本質も理解できず、無意味です。とにかく基礎の復習をすることが大切です。
 三つめは時間です。問題を解く際は必ず、自分がその問題に何分費やしているのか確認しながら解いて下さい。基礎シリーズの時は時間制限を設定しなくてもよいですが、完成シリーズからは時間制限を設定し、どのように解いていくのが効率的か、自分で自分に合った解き方を見つけ、慣れておくことが大切です。
 最後になりますが、僕自身この高予備での一年を振り返ると、とても楽しかった気がします。これから浪人する皆さんは、是非勉強することの楽しさを味わいながら頑張って下さい。
鶴丸高校卒 川野 勇太郎
大学受験科
鶴丸高校卒 川野 勇太郎さん
●東京大学 理科一類 合格
 高予備で一年間浪人して第一志望校の東京大学に合格することができました。僕は去年東京大学に落ちた後、高等予備校の体験授業に参加しました。その時の授業は現役のときとはまた違った切り口の内容だったので、ここでなら新しい学びもあるだろうと思い、入学を決めました。高予備の特長は先生方がいつも講師室にいらっしゃることです。そのおかげで毎日添削をお願いすることができ、また、先生方と密接なコミュニケーションをとることもできました。さらに、高予備の自習室は夜の10時まで開放されており、静かな環境の中で毎日決まったリズムで勉強に打ち込むことができました。
 高予備では、基礎の徹底に重点が置かれています。そのため、基礎力の向上のおかげでセンター力も二次力も同じように上げることができ、とても無駄の無い勉強が出来たと思います。一年間を通してスタイルを変えずに続けられることは高予備生の強みです。
 一年前、不安を抱えながら高予備に入りましたが、先生方や高予備のスタッフの皆さんのサポートのおかげで合格を勝ち取ることができました。この一年は自分にとってとても価値のある一年になりました。本当にありがとうございました。
れいめい高校卒 川畑 瑠海
大学受験科
れいめい高校卒 川畑 瑠海さん
●京都大学 法学部●同志社大学 法学部 法律学科 合格
 進学先での生活になじめず、帰郷を選択した。現役時代漫然と進学先を決めてしまったので、今度は自分の本当に行きたい所を目指そうと思い、京大法学部を受験することにした。予備校に通うのは少なからず親に経済的負担をかけるので、個人的には躊躇していたのだが、「京大を目指すなら予備校に通わせる」と親が言ったので、東大・京大への進学実績豊富な高予備で1年間勉強させていただくことにした。
 高予備での勉強は高校時代と違った角度から問題を捉えたり高校時代よりも難しい問題に挑戦したりするなど、とても刺激的だった。予備校生活に慣れてきてからは、各教科の先生にお願いして添削指導もしていただいた。私の習熟度に応じたレベルの問題を出していただき、一歩一歩着実に二次力を身に付けることができた。時折合格できるかどうか不安になることもあったが、親や友人、先生方の励ましがあり心折れることなく頑張り続けられた。いよいよ京大入試本番。初日の国語と数学は苦戦したが、何とか翌日に希望をつないだ。そして二日目。英語と日本史で相性の良い問題が出て、100%の力を出し切ることができた。
 3月10日。合格発表の日。正直に言って受かるかどうかは五分五分だと思っていたが、自分の受験番号がホームページ上にあるのを見つけ、今までで一番嬉しい気持ちになった。再受験をサポートしてくれた親、そして合格まで導いてくださった高予備の先生方には本当に感謝の気持ちで一杯だ。
屋久島高校卒 高橋 諒
大学受験科
屋久島高校卒 高橋 諒さん
●京都大学 農学部 応用生命科学科 合格
 僕は、京都大学農学部応用生命科学科に合格しました。一年間浪人をして、良かった点を紹介します。
 それは、レベルの高い授業です。最初、高等予備校の授業は問題のレベルが高く、ついていくのが大変でした。つまり、僕の基礎の部分がグズグズの土台だったのです。しかし、その問題、授業に食らいついていくと、基礎が固まり、自ずと成績が向上し、京大の模試にも対応できるようになりました。それくらい基礎シリーズの授業は大切だと思います。難易度は高いですが、きちんと基礎が含まれており、質の高い基礎固めができます。これができているとそうでないとでは、後々の成績の伸び方が全く違うと思います。さらに、完成シリーズではその基礎の応用の仕方を学べます。しかもそれが様々な大学の過去問と一直線につながり、深い理解ができるのです。過去問に早くから触れ、添削をしてもらい、解説を聞き、問題を解くために試行錯誤できるのも、予備校ならではだと思います。僕は本当はしたかったのですが、個人添削をしてもらうのはずっと後になってしまいました。それくらい授業と、その予習復習を大切にしていました。授業は内容も濃く、レベルの高い先生方が、新しい知識と気づきを与えてくれ、授業をしっかりやり込めば成績も充分に上がります。是非、質の高い授業を大切にしてみてください。
 質の高い授業、先生、生徒など、この鹿児島高等予備校には、自分の志望に向けて一生懸命頑張れる十二分な環境が揃っています。是非、自分の第一志望大学を諦めずに挑戦してみてください。
甲南高校卒 山口 佳那子
大学受験科
甲南高校卒 山口 佳那子さん
●京都大学 農学部 食料・環境経済学科●日本女子大学 家政学部 食物学科●立命館大学 食マネジメント学部 食マネジメント学科 合格
 昨年、第一志望に落ち、絶望にくれていたあの日からもう一年が経とうとしています。高予備での一年は辛く苦しいものでしたが、私にとって人生の糧となる、大切な時間だったと感じています。
 初めて授業を受けた時、大学入試で求められるレベルと私の実力とのギャップに愕然としました。得意だと思っていた科目も、セミナー授業のクラス平均点を大きく下回ったり、0点を取ったこともあります。周囲との差は歴然としていました。
 しかし、そんな私が京都大学へ合格することができたのは、自分を、そして支えてくれたみんなを信じることができたからだと思います。どれだけ間違っていても、分からなくても、この授業さえできれば、この添削問題を解ければ合格できる、そう信じて授業の復習やテキストの読み込みを何度も繰り返し、講師室に何度も通いました。先生方の前で、自分の実力不足にあきれて泣いてしまうこともありましたが、そんな時も笑顔で励まし、丁寧に教えてくれる先生方の存在は、入試会場で私を強く支えてくれました。信じれば合格、そんな甘いことはありません。ですが、頑張った自分を、支えてくれたみんなを信じることで、合格へ一歩近づくと思います。高予備での一年は長そうで短いです。苦しいけど、無駄じゃない価値ある一年です。是非、信じてやりぬいてください。
 最後に、毎日遅くに帰っても文句一つ言わず私を応援してくれた家族、合格に向けて共に頑張りぬいた友人、数えきれないほどお世話になった先生方、本当にありがとうございました。
鶴丸高校卒 和田 朋子
大学受験科
鶴丸高校卒 和田 朋子さん
●京都大学 総合人間学部●同志社大学 社会学部 社会学科●同志社大学 法学部 法律学科●立命館大学 産業社会学部 現代社会専攻 合格
 この一年間、たくさんの人に「浪人生活は大変だろう」といったことを言われたが、今振り返ってみると私にとってこの一年間の浪人生活はそこまで辛いものではなかったように思われる。それは、常に第一志望校の合格を確信できる成績を収めていたということではない。「自分はもっと伸びる」と信じてこれたので、模試の判定に囚われず、漠然とした不安にも打ち勝つことができたのだと思う。
 学習方法については人それぞれだと思うので割愛するが、基礎が非常に重要であるということは志望校にかかわらず皆同じであるはずだ。基礎シリーズの間は本当に基礎ばかりで退屈に思う人もいるだろうが、素直な心で先生方の指導に耳を傾けてほしい。きっと未だ知らぬ側面が見えて、その後の学習の深みが一気に増すはずだ。
 模試に関しては、影響されすぎないことが重要だと私は思う。判定が出たり点数が貼り出されたりして一喜一憂する人もいるだろうが、結果は一カ月前の試験のものであり、その一カ月の間に自身の、そしてライバル達の学力は変動している。一カ月前の数字だけの結果に一喜一憂し時間を無駄にするのは馬鹿げている。テスト結果は教科バランスの確認や得点の推移からの得意不得意の発見、そして悔しさがあれば学習意欲の起爆剤とするなど、個々人でうまく活用できるはずだ。
 最後に、浪人生活で一番辛かったことを挙げるならば、それは毎日が淡々と過ぎていくことだ。毎日同じ顔ぶれ、家と予備校の行き来のみ。味気のない生活、それだけは本当に辛かった。しかし、真に志望する大学に通う自分の姿を思い浮かべ、歯を喰いしばり毎日予備校に行った。この積み重ねで学力と共に精神力を培えたと思う。一生の中で、一つの目標に向かって一年間の猶予を与えられる機会はなかなか無いと思う。そういう意味では、この一年間は真に努力することを知った一年間であったと思う。
ラ・サール高校卒 坂下 敬季
大学受験科
ラ・サール高校卒 坂下 敬季さん
●鹿児島大学 医学部 医学科 合格
 自分は三年間、高等予備校で浪人生活を過ごしてきましたが、今年でようやく合格することができました。三年間の浪人生活の中で特筆すべきは三年目の辛さです。高等予備校では三年目のテキストなどの問題の傾向は一年目と似ています。同じ問題も何度か見かけました。三年目のプレッシャーによる不安も相まって一時期、精神的に不安定になったこともありました。自分が今、何をしているのか、それをして何になるのか、など今思えば本当にどうしようもないことを考えていました。それは全て自分の心の弱さが原因だと思っています。親からも「色々と思い悩むな。目の前のことをひたすらにやればそんな事は考えなくて済む」と言われて自分もその通りだと思いました。しかし、幸か不幸か、二年間勉強していると浪人生活に余裕が生まれます。不安や悩みというのはそういった所につ
け込んでくると思うのです。そういうときは耐えるしかないと思っています。周囲の人に相談して心の負担を軽減するのもいいと思います。ただ逃げるのだけはやめた方がいいと自分は思いました。逃げたら浪人した意味がなくなるし、後で必ず後悔すると思ったからです。そういった心の葛藤を乗りこえた先に「合格」があり「成長」があるのだと思います。これが三年目の辛さです。
 最後にこれはあくまで個人的な意見で実際は人それぞれです。辛い時期が二年目である人もいれば、四年目の人だっています。
 自分が今回、今後浪人生活を過ごす人に言いたいことは、「意味のある浪人生活にする」ということです。浪人生活だからこそ味わえることだってあると思います。そういったことをその後の成長の糧にできるように頑張って下さい。
修猷館高校卒 稲森 祥子
大学受験科
修猷館高校卒 稲森 祥子さん
●鹿児島大学 医学部 医学科 合格
 二年間の浪人生活が終わるとわかったとき、よかったという安堵の気持ちが強かったです。
 私は一浪目のとき、福岡の予備校で寮生活を送りましたが、自分に甘くなってしまい不合格となりました。その日々を反省すると、無駄にした一日がいかに多かったかに気づきました。反省を生かし、この一年心がけたのは、さぼる日を作らないことと、メリハリをつけることです。今日はもういいや、という日をつくらず、模試でA判定をとっても、結局は本番で結果を出さないといけないんだと強く思い、毎日コツコツと勉強を続けました。自分の教材を自分が納得するまでやりきることができたと思います。高等予備校には集中して勉強できる自習室があり、毎日利用してました。一日の中でも、ずっと計算系の問題を解くのではなく、暗記物を隙間に入れることで集中力を保てました。そうやって、毎日勉強をやりきることで本番での自信に繋がりました。これほど頑張ったんだから失敗するはずがない、と思って試験を受けられたのもこの学習環境のおかげだと思います。また、模試を受けるときにルーティンをつくることで、それが精神安定剤のようになり、本番でも模試のときと同じように落ちついて受験することができました。
 この二年間が無駄だとは今は結果を出せたので思いませんが、今後も無駄で無かったと思えるような人生を歩んでいきたいと思います。ありがとうございました。
鶴丸高校卒 神田 彩佳
大学受験科
鶴丸高校卒 神田 彩佳さん
●一橋大学 法学部 法律学科●中央大学 法学部 国際企業関係法学科●法政大学 法学部 国際政治学科 合格
 現役時代、受かると思い込んでいた熊大の後期試験に落ちた。私と同じ学力層の知人はこぞって後期で九大に合格したと聞き、悔しさが込み上げた。この悔しさを胸に、私は一年間高予備に通ったのである。
 入校当初は自分が浪人していること自体が苦痛だった。また完全に自信を喪失し、常に志望校のランクを下げることを考えていた。しかし自分の学びたいことを考え直すうちに一橋へ行きたい気持ちが強まり、勉強に集中することができた。覚悟を決めた後はあっという間の浪人生活だったと思う。
 私が心掛けていたことは二つある。一つ目はモチベーションに関係なく一定量の勉強をすることである。具体的には毎日予備校に通い、一日の勉強時間を現役時より多く確保するように努めた。また、年間・月間・週間・一日の四つのスパンで計画を立てて勉強した。二つ目は気の緩みを可能な限りなくすことである。受験に恋愛は禁物という都市伝説の真偽はわからないが、私は他人とつるむことで時間を浪費し、傷を舐め合い自分に甘くなることが怖かった。そういうわけで過度に固定した人間関係を作らないようにした。とは言うものの実際には高予備で沢山のかけがえのない友人に出会えた。互いに励まし合い、自習中は背中で私を引っ張ってくれるような人達ばかりで幸運だったと感じている。
 一年間で経験した苦しみも一橋への切符を手にした喜びも、浪人したからこそ得たものだ。一年前に後期試験に落ちて良かったと心底思う。そして勉強を支えてくださった先生方や高予備で浪人することを許した親に感謝している。
鶴丸高校卒 相良 知佳
大学受験科
鶴丸高校卒 相良 知佳さん
●大阪大学 文学部 人文学科●早稲田大学 法学部 合格
 昨年、私は九州大学の法学部を受験し不合格でした。後期の結果まで出揃い浪人が確定した一年前のこの時期は、本当につらくて家から出ることもできないほどでした。しかし気持ちを切り換え、せっかく浪人するならば絶対に去年よりステップアップしてやろうと決め、春休みから予備校で自習を始めました。そのとき決めた私の第一志望は京都大学でした。かなり高い目標で、周囲からも心配されましたが、まずは何も考えずにひたすら勉強しようと決めました。同じ目標に向かって一緒に頑張ろうと励まし合った友人や、人一倍努力家でいつもお手本にしていた友人など、多くの友人から刺激を受けて、もう頑張れないと挫折しそうになったときにも立ち直ることができました。そのような友人たちにとても感謝しています。また、いつも親身に授業や添削指導をしてくださった高予備の先生方にも本当に感謝しています。思うように結果を出せないときも見守ってくださったことは本当に心の支えでした。国語も英語も現役の頃よりできるようになったと思うし、問題を解くのが楽しかったです。かなり苦手な数学も、現役の頃よりは克服できたと思います。最終的に第一志望の京都大学ではなく大阪大学を受けましたが、合格を果たして、昨年よりは成長できたと実感できたことは大きな喜びです。第一志望を受けなかったことへの後悔も含め、浪人したこの一年で多くのことを学び、成長することができました。この一年、私を応援し、支えてくださったすべての方に感謝しています。本当にありがとうございました。
鶴丸高校卒 松山 航
大学受験科
鶴丸高校卒 松山 航さん
●大阪大学 経済学部 経済・経営学科●中央大学 商学部 経営学科●明治大学 経営学部 合格
 ちょうど二年前から大阪大学の経済学部を志望してきて、この度合格することができました。これまでの人生では感じ得なかった達成感が込み上げてきました。一年前に受験に失敗し、高予備にお世話になることになったときは、やる気に満ちていました。しかし、授業を受けてみて、いかに現役時の勉強が甘かったかを痛感させられました。英文法、古典文法、数学の公式などには、自分の知らない切り口が幾つもありました。基礎的内容を多角的な方向で学習していくうちに、基礎的内容の理解が深まり、更に応用を利かせて難問を解く手がかりとして利用することもできるようになりました。授業以外の自習でも、他人の良い勉強法を取り入れながら自分の学習スタイルを確立できるよう意識しました。こうして現役時の「狭く浅い」勉強から離れ、「広く深い」勉強を意識してこなすことができるようになりました。その効果は徐々に模試などでも表れるようになり、現役時一度も取ったことのなかったA判定をもらえるようになりました。浪人生活後半になると苦しいことも多かったのですが、前半に確立した学習スタイルを崩さないようにするだけだったので、何とか乗り切れました。この一年の浪人生活を支えてくれたのは最初の授業の衝撃だったと思っています。意識改革を行動に反映すること、これができたのが成功の要因だったと思います。結果が全てですが、この一年の生活はこれからの人生においても価値あるものだったと思います。
鹿児島玉龍高校卒 下村 悠希
大学受験科
鹿児島玉龍高校卒 下村 悠希さん
●大阪大学 経済学部 経済・経営学科●同志社大学 経済学部 経済学科●同志社大学 法学部 法律学科 合格
 現役生のときは、まともに受験勉強をしていなかったにもかかわらず、自分は阪大に受かるだろうという根拠のない自信をもって試験に臨み、当然のことながら不合格となりました。後期試験も失敗し、一年間高予備でがんばることになりました。瞬く間に過ぎていった高予備での一年のうちに、僕は十分な学力を身につけ、今度は、絶対に合格できるという確かな自信をもって阪大を受験し、合格することができました。ここでは一年間の浪人生活の中で僕が成績を上げることができた理由についていくつか紹介しようと思います。
 一つ目は、高予備中心の勉強を続けたことです。僕は一年間、予習→授業→復習のサイクルを守り続けました。高予備中心の勉強を続ければそれだけで合格に大きく近づくと思います。実際僕は、高予備のテキスト、添削指導、高三のときに買った単語帳のみで合格できました。
 二つ目は、苦手科目の数学を克服しようとしたことです。現役時に一完もできず不合格の原因となった科目が数学でした。授業で学んだことを添削で実際に身についているかを確認し、分からない点は質問するようにしていました。
 今年阪大に合格できたのは、熱心に指導してくださった高予備の先生方、一緒にがんばった友だち、そして浪人させてくれた両親のおかげでもあると思います。本当に感謝しています。
 最後に、僕の体験談がこれからがんばろうという受験生の皆さんの役に立てば幸いです。
加治木高校卒 濱﨑 舜
大学受験科
加治木高校卒 濱﨑 舜さん
●大阪大学 基礎工学部 化学応用科学科 合格
 一年間の浪人生活を終えて、笑顔で春を迎えられたことを心から嬉しく思うとともに、一年間支えてくださった講師の先生方、家族、友人に深く感謝します。
 昨年、僕はセンター試験A判定で大阪大学を受験しました。しかし、結果は不合格。圧倒的二次力不足でした。そして、二次力をつけるにはここしかないと思い、高予備に入りました。四月から二次試験を見据えた授業が始まり、様々な問題に取り組むなかで、現役時代の自分の非力さを痛感しました。その分、日々の予習、授業、復習にはやりがいがあり、少しずつ着実に力をのばすことができました。夏が終わる頃、僕はもっと上を目指してみたいという思いから、志望校を京都大学に変えました。結局、受験することはかなわなかったですが、上を目指すことがモチベーションを高めることにつながり、二学期からを乗り切ることができたように感じます。
 現役時代は、浪人だけは絶対したくないと思っていたのですが、先生方から熱心に御指導いただき、志を一つにする仲間たちと切磋琢磨して、非常に充実した一年間を送ることができました。高予備での一年で、僕は学力だけでなく人間的にも成長することができたと思います。僕を支えてくださった全ての方々に心から感謝します。
 最後に、これから高予備で浪人するみなさんが充実した一年を送り、来年の春、見事合格を勝ち取られることを切に願っています。
出水高校卒 田畑 慶太
大学受験科
出水高校卒 田畑 慶太さん
●九州大学 文学部 人文学科●立命館大学 文学部 国際文化学科 合格
 私は去年大学の合格発表を見たとき、「ダメだったか」という思いと「やっぱりか」という思いを同時に味わいました。私はセンター試験後に受験校を変更したため対策が間に合わなかった上に勉強に集中することもできなかったからです。
 高予備で一年間頑張ろうと決意してから最初の一カ月はしっかりと勉強をしましたが、生活に慣れてくると受験に失敗したときの気持ちも薄れ、モチベーションを維持することが難しくなりました。ですが合格を手にするまでは大学生になれなかったという挫折感は完全に消えてはくれません。この一年間は今までの人生の中で最もきついものでした。しかし、家族や友人に励まされ、先生たちの熱心な指導を受け、今年合格を勝ち取ることができました。
 高予備では高校では習わなかったようなことをたくさん教わることができます。しかし、だからといって合格することができるかというとそうではありません。教わったことを理解するだけではなく、何度も繰り返し復習してできるようにならないと受験では通用しないからです。
 これから高予備で頑張ろうと思っている人はぜひ基礎からしっかりと学びなおし、その上で応用問題にも取り組んでください。先生方も質問から添削まで丁寧に対応してくださるので、やり続けていけば、ちゃんと力がついていきます。自分の努力を信じることができるような一年間になるように頑張ってください。
鶴丸高校卒 吉田 哲也
大学受験科
鶴丸高校卒 吉田 哲也さん
●九州大学 法学部●法政大学 法学部 国際政治学科●法政大学 人間環境学部 人間環境学科 合格
 僕は、センター試験で大失敗をした。それでも合格する自信はあった。この一年で二次力が付いたと確信していたからだ。そして見事に、逆転合格することができた。これから、僕がこの一年間心掛けていたことを三つ紹介する。
 一つ目は、授業が勝負だということ。高予備の授業からは学ぶことが多く、大学入試だけでなく生きていく上で役立つことまで吸収することができた。特に基礎シリーズでは、高校時代に取りこぼしていた基礎を固められた。また、高予備の授業は90分と高校の時と比べて長く、集中力を養うことができた。
 二つ目は、先生をうまく活用するということ。授業でわからない箇所があれば、その日のうちに質問に行き、理解を深めることができた。添削をお願いするのも効果的だと思う。僕は、苦手な国語と、自分だけでは採点しづらい英作文をお願いした。レベルに合った問題を出してくれるので、続けやすかったと思う。
 三つ目は、友達とうまく付き合うこと。常に友達と一緒にいると、自分のペースで勉強することができない。僕は、友達と昼食だけ共にして、他はできるだけ自分のペースで行動するよう心掛けた。予備校は勉強するところだ。
 最後になるが、高予備に通わせてくれた家族や先生方、美味しい昼食を用意してくれた学食のおばちゃん達、本当にありがとう。
鶴丸高校卒 児島 美聡
大学受験科
鶴丸高校卒 児島 美聡さん
●九州大学 法学部●西南学院大学 法学部 法律学科 合格
 高校生の頃の私は、自分が浪人するはずないと漠然と信じていました。しかし、前期で第一志望の大学に落ち、レベルを下げたことで油断していた後期の大学にもあっけなく落ちてしまいました。大学生になれないという想像もしていなかった結果への絶望感と、支えてくれた先生や家族の期待に応えられなかった申し訳なさに一気に襲われました。
 暗い気持ちで入校しましたが、高予備での一年間はとても充実したものでした。授業の中で次々に出てくる重要ポイントでノートがいっぱいになり、勉強の楽しさを改めて実感することができました。気になるところがあるとすぐに質問に行き、九大の出題形式に合わせた添削指導を毎日受けました。模試の順位が毎回貼り出されることも、気を抜くことなく努力し続けることができた一因であったと思います。センター試験では自己最高点を出し、迷いなく二次試験の勉強に打ち込むことができました。
 ずっと憧れていた九州大学に合格することができた今では、苦しい浪人生活は私の人生に必要なものであったと自信を持って言えます。高予備の先生方、家族、友人、私の浪人生活を支えてくれた全ての人に心から感謝しています。
 すぐに気持ちを切り替えることは難しいとは思いますが、来年の春、自分の受験番号を見つける喜びを味わうために乗り越えてほしいです。
鶴丸高校卒 川原 隆一郎
大学受験科
鶴丸高校卒 川原 隆一郎さん
●九州大学 経済学部 経済・経営学科●同志社大学 経済学部 経済学科●立命館大学 経済学部 経済学科 合格
 私は一年浪人をして第一志望だった九州大学経済学部経済・経営学科に合格することができました。私がこの一年で特に意識していたことは点数の波をなくすことです。現役時には点数の波が激しく自分の実力に自信が持てないまま入試を迎えてしまいました。だからこの一年はまず基礎を見直すことから始めました。国、英ではそれまでおろそかにしがちであった文法事項の暗記に力を入れました。そうした基礎を春から夏にかけて徹底できたことが大きかったように思います。実際、模試などを通しても一定の点数以上を確実に取れるようになりました。また、苦手としていた国語については添削を早めからしてもらいました。現代文の長い記述などはほとんど点数がもらえなかった問題が多かったのが少しずつ少なくなりました。それと同時に自分でも文章の言葉をなんとかまとめていけるようになったという手応えも感じていました。このようにこの一年はまず取るべきところでしっかりと取れるように、そして同じレベルの人達と比べて自分が劣っている部分をなくすようにしました。そうして自分の中にある不安をできるだけ取り除くことが自分に自信を持つことにつながると思います。最後に、受験をのりきるには自分一人では難しいと改めて感じました。切磋琢磨し合える人達が周りにいることは、自分一人では頑張りきれないことも、その人達に負けまいと思えることでそれを頑張りきれる動力となりました。この一年は自分の人生で決して無駄ではなく、むしろ多くの面で成長することのできた貴重な一年だったと思います。
甲南高校卒 野妻 快成
大学受験科
甲南高校卒 野妻 快成さん
●九州大学 工学部 機械航空工学科 合格
 私は高校二年生のときに志望校が固まりました。現役の頃は、センター試験の合格判定はEでした。でも私はその判定を見ても諦めることが出来ず、浪人を決めました。学校や塾から、「難関大に行きたいなら高予備にしな。」と言われ、自分にも合っていると感じて高予備で一年間頑張ることに決めました。自分が合格のために足りないことは試験を通じて痛感していたので、授業が始まる前にこの一年でどこに重点を置いて勉強するかなどを決めました。授業が始まった頃は友達が少なく、一人で授業を受け、一人でご飯を食べるというような生活でしたが、次第に友達が増え、よく一緒にいる四人のかけがえのない友人も出来ました。運良く自分はその四人の中で一番成績が悪かったので、とても良い刺激になりました。彼らに追いつくので必死でしたが、いつの間にか競い合えるところまで来ていたことに驚きました。なによりの成長は、自分よりも上の相手にも、ライバル心を持ち、負けたときに悔しいと思う気持ちが生まれたことです。今から浪人する人たちに何かアドバイスがあるとすれば、自分よりも高い目標を持ち、高いレベルの努力をしている仲間と一緒に過ごすことです。この一年間は、本当に、先生方、両親、そして友人たちに感謝です。それだけです。
川内高校卒 中島 夢人
大学受験科
川内高校卒 中島 夢人さん
●九州大学 農学部 生物資源環境学科 合格
 高予備で過ごした一年間は、苦しくも充実した一年間でした。私は、昨年と志望学部を大きく変えました。それが出来たのは、浪人したことで自分の将来について考える時間があったことと、高予備の先生方の手厚いサポートがあったからでした。
 私は、第一志望校合格を目指すにあたって二次力不足が課題でした。そこで、四月の段階から二次試験が課される科目は、先生方に添削指導をお願いしました。添削指導では自分に合ったレベルの問題を先生方が準備して下さり、減点される答案、部分点をもらえる答案を教えて下さいます。特に数学ではこの添削指導を通して、大きく二次力を伸ばすことができました。また、講師室はとても質問しやすい雰囲気で、分からないことがあったらすぐに質問しに行っていました。
 確かに勉強漬けの一年間は決して楽なものではありませんでした。ですが、同じ悲しみを経験している仲間と励まし合いながら、乗り越えることが出来ました。一人では途中で逃げ出していたかもしれません。私の周りには意識の高い仲間がたくさんいたので、たくさんの刺激を受け、勉強に取り組むことができました。そうして勝ち取った一年越しの合格は、本当に嬉しかったです。高予備での一年間は決して無駄ではなかったと改めて思いました。
 浪人することを許してくれた両親、親身になってご指導下さった先生方、共に過ごした仲間、全ての人に感謝したいです。
鹿児島中央高校卒 宮田 晃輔
大学受験科
鹿児島中央高校卒 宮田 晃輔さん
●鹿児島大学 法文学部 法経社会学科 地域社会・経済コース 合格
 不合格の結果を受けて浪人を決め、高予備に入学した日の不安な気持ちは今でもはっきりと覚えています。これから一年勉強して、合格できるまで絶対に成績が伸びるのか。そんな不安でいっぱいでした。でも、自習室に行ってみるとその気持ちが変わりました。既に来年の合格を見つめて必死に勉強している友達の姿を見て、せっかく浪人するなら自分の限界まで成績を上げてやろう、という前向きな気持ちになりました。
 それからの日々は、毎日限界まで力を出しきって勉強するよう心がけてきました。授業では先生の言葉を聞きもらすことのないよう集中して臨み、分からない問題があったら必ずその日のうちに質問し、理解するまで徹底して解き直しました。その中で、現役生の頃の勉強のいいかげんさに気付かされ、勉強に取り組む姿勢から変えないといけないと思いました。きつくて休みたくなったり、遊びたくなる時も何度もあったけど、浪人を決めた時の、一年間は努力を貫き通すという強い意志を思い出して勉強にはげみました。その日々の努力が今の合格の喜びに結び付いたと思います。この浪人生としての一年間は、ただ大学の合格のためだけでなく、気持ちの面でも自分を大きく成長させてくれた大きな一年でした。この経験は必ず今後の人生を手助けしてくれると自信を持って言えます。
 最後に、常に生徒のことを第一に考え適切に指導してくれた先生方と、時には自分以上に悩みながらもこの一年間様々なサポートをしてくれた家族に心から感謝しています。本当にありがとうございました。
鶴丸高校卒 山元 香奈
大学受験科
鶴丸高校卒 山元 香奈さん
●鹿児島大学 共同獣医学部 獣医学科●酪農学園大学 獣医学群 獣医学類 合格
 夢は祖母の地元の獣医師になること。今やっとその夢に向けてのスタートラインに立つことができたと感じている。ここまで辛いことや苦しいことは山ほどあったが、それもこれも全て夢への旅路において大きな糧となるだろう。今となってはそう思える。
 私は多浪だった。そして勉学に関して自信が無かった。先生方の分かり易い授業、そして添削のお蔭で良い点を取っても、次はきっと下がる、偶然取れただけ、とネガティブに考えてしまった。さらにそこに多浪というプレッシャーが重なり、周囲の丸つけの音を聞くだけで自分だけできていなのでは、と思い詰め、ついには家に引きこもってしまった時期もあった。そこに救いの手を差し伸べてくださったのは、高予備の先生方だった。こんな私を突き放すことなく、力強くも優しい言葉をかけてくださった先生、心配してくださった先生、そんな先生方のお蔭でまた頑張ろうと思えるようになった。そしてここまで浪人させてくれた家族がいなければ私の夢はついえていただろう。多くの人に支えられて今がある。感謝しても感謝し切れない。
 最後に、浪人生活をこれから送る人に伝えたいことが二つある。まず一つ目は模試の判定に惑わされないことだ。私は昨年、一年間A判定の志望校に落ちた経験がある。本番は何が起こるか分からないからこそ、日頃から本番さながらの緊張感をもって模試に臨み、結果は二の次、まずは訂正という習慣をつけて欲しいと思う。二つ目は、いくらセンター命の学部でも、二次力をつければ個別試験で逆転は十分可能だということだ。私の合格がそれを証明している。先生方にどんどん添削を持って行ったり、授業で様々な解法を習得したりして欲しいと思う。今苦しいのもこれから先の糧になると信じて、合格に向け先生方と一歩一歩歩んでいってください。
鶴丸高校卒 和田 実央理
大学受験科
鶴丸高校卒 和田 実央理さん
●鹿児島大学 共同獣医学部 獣医学科 合格
 私が予備校で過ごしたこの一年間は、本当に感謝の気持ちが詰まった一年間でした。私のためにお金を出してくれて、いつも朝、予備校に行くときに声を掛けて見送ってくれた両親。いつも私の進路に対する考えに寄り添ってくださったチューターの先生。毎日新しい考え方を教えてくださったり、大切なことは反復して教えてくださった各教科の先生方。毎週日曜日に、熱心に指導してくださった高校の先生。いつも美味しい料理を作ってくださり、優しく励ましの言葉を掛けてくださった学食の方。そして、いつも楽しい会話をしたり、時には弱音も吐き合ったりして支え合った仲間。本当に沢山の方に支えられてこの一年間を過ごすことができました。時には成績が思うように伸びない時期もあり、苦しかったですが、色々な方に支えられて、本番では自信を持って試験を受けることができました。私自身、これだけ沢山の方に支えられ、励まされた一年間は初めてで、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この中身の濃い一年がこれからの人生に活かせるよう、大学生活を送りたいと思います。一年間、支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
都城西高校卒 吉原 聖人
大学受験科
都城西高校卒 吉原 聖人さん
●鹿児島大学 工学部 機械工学科●九州職業能力開発大学校 建築科 合格
 一年前、私は志望校に合格最低点からは程遠い点数で不合格になり、とても不安なままこの高等予備校に入校しました。そこでは多くの人達が来年の志望校合格を目指して黙々と勉強していました。私はその光景を見て自分の考えがいかに甘かったかを痛感させられました。そこから私の浪人生活は始まりました。
 まず、私は授業が始まるまでの三月、四月の間に出来るだけ知識の貯金を作っておこうと考え、英単語の暗記と理科、数学の典型問題の解き込みを行いました。ここでの貯金のおかげで四月からの授業そして予習、復習が大分楽になったので、もし浪人することが決まったら、すぐに勉強に取りかかった方が良いと思います。
 次に、私は国語と化学、数学の添削指導を受けました。講師の先生方が私の学力や私の志望校のレベルを考慮し適切な問題を出題してくれて、そして自分の作った解答に様々なアドバイスをしてくださいました。私は五月からこの添削と質問をコツコツと続けたおかげで、特に理科と数学の記述模試の成績が現役生の頃からは見違えるほど伸びました。分からない問題、用語があるときは出来るだけ早めに質問した方が良いと思います。
 次に、私は宮崎県出身だったので併設されている平成寮に入りました。寮の部屋は完全個室になっていてとても静かな環境なので、勉強に集中しやすかったと思いました。また、寮の食堂での食事はとても美味しく、健康面も考慮されていて試験前も体調を整える助けになっていました。また、鹿児島市内から寮に入っている人もいて、互いに励まし合うことにも良い環境だと思います。
 最後に、私のために親身になって御指導して下さった先生方、本当にありがとうございました。四月からは、自分の目標を実現するためにより一層精進していきます。
甲南高校卒 古山 雅貴
大学受験科
甲南高校卒 古山 雅貴さん
●名古屋大学 工学部 物理工学科●東京理科大学 理工学部 物理学科 合格
 昨年、自分の受験番号が見つからなかったときは、こんなにもあっけないものなんだと思わずにはいられなかった。今思い返せば自分はかなりの身の程知らずだったのだと思う。センター試験本番の出来が良かったから調子にのってしまった。高校の先生からは今の二次力じゃ厳しいと言われたのに自分は大丈夫だと考えてしまった。予備校での一年を終えて、現役のときの自分の考えがいかに甘かったかを痛感した。僕ができたと思っていたことは他の受験生は簡単にできていたことなんだと思い知った。高校ではたいして勉強もしていなかったのに成績がそこそこ良かったから勘違いしてしまったのかもしれない。予備校に来て、自分よりも出来のいい人を見て凄いなと思う日々の連続だった。でも、そうした人たちが自分よりもがんばっている姿を見て、自分もがんばろうと奮起できたのが良かった。あの人たちのようにはなれないかもしれないけど、せめて自分の志望校には合格しようと思った。そうして、一年の予備校生活を終えたわけだが、ここ高予備ではレベルの高い人たちだけではなく、レベルの高い講師の方々もいる。授業を受けてより一層基礎力に自信がついたと思う。僕は余裕がなくてしなかったが、余力がある人は添削を受けるのがいいと思う。僕の周りにもやっている人が多く、みんな凄い力をつけていた。最後に、ここ高予備で浪人する人たちに言いたいことは親への感謝を忘れないことだ。親からいただいたこの一年をぜひ飛躍の一年にしてもらいたい。
甲南高校卒 肥後 ななみ
大学受験科
甲南高校卒 肥後 ななみさん
●千葉大学 文学部 国際言語文化学コース●慶應義塾大学 文学部 人文社会学科●明治大学 国際日本学部 国際日本学科●同志社大学 文学部 国文学科 合格
 昨年のこの時期、私の現役での受験は、大学からの合格通知を一つも受け取ることができずに終わりました。そして、浪人生活を経た今、私には受験した大学9校中8校から合格通知が届き、自宅の机は雪崩寸前です。たったの一年でこの違い。私に何が起こったのでしょうか?
 昨年、受験した大学全てに落ちて、私の感想は「だと思った」でした。理由は、勉強が苦痛すぎて、学力も意欲も何一つなかったからです。私は極度にマイペースな人間で、高校の授業と課題に全く付いていけない自分に落胆し自己嫌悪する日々を送っていました。
 しかし、浪人が決まり、何となく入った高予備で、私は勉強が大好きになりました。強制される課題や下校時刻の決まりがなく、自分がやりたい課目・分野にやりたい分だけ取り組めて、帰りたい時間に帰れる環境は、マイペースな私にぴったりでした。おかげで、現役時代にできていなかった予習・授業・復習のサイクルを初めて確立でき、成績がどんどん伸びていきました。自分とじっくり向き合い、今何の対策をすべきか考える時間を持てたので、自分を見失って無駄に焦りを感じることもなかったです。また、高予備の過剰な喝や激励でプレッシャーを与えてこない雰囲気は、浪人という肩書きに既に重圧を感じている身には有難いものでした。
 そして、あっという間に受験期が到来し、かなりの過密日程での受験にも関わらず、ほとんどの受験校に合格しました。昨年とは逆の意味で「だと思った」と思うくらい、自分の成長を実感した受験でした。自分の性格に合った高予備を選んで本当によかったです。分かりやすくも質の高い授業をしてくださった先生方、より高みを目指すよう励ましてくださったチューターの先生、一緒に頑張った友人たち、高予備で浪人させてくれた家族に心から感謝しています。ありがとうございました。
甲南高校卒 山下 凜太郎
大学受験科
甲南高校卒 山下 凜太郎さん
●筑波大学 社会・国際学群 国際総合学類●明治大学 商学部 商学科●立教大学 社会学部 社会学科 合格
 一年前の三月、僕は第一志望の大学を諦め、中期・後期で合格した大学に進学するか、浪人を選択するかでとても悩んでいました。両親が自分の浪人を後押ししてくれたこともあり、浪人することを決めましたが、今となっては浪人して正解だったなと感じます。
 予備校での授業は基礎シリーズから始まり、基礎の基礎からの確認ができたとともに今まで自分の基礎力がどれほど欠落していたかが確認できました。また、基礎シリーズの間は予習→授業→復習のサイクルを大切にし、特に復習は、授業後、週末、一週間後と繰り返し行い基礎力の定着を図りました。基礎シリーズでの基礎力の定着が僕の浪人生活における成績向上の一つの大きな要因だったと思います。
 二次試験の科目や苦手な教科は先生方が添削指導をしてくださりました。添削指導は個別で行ってくださるので自分の弱点など細かい部分を明らかにさせることができたり、自分の志望校の傾向に合った対策を行えるのでより効率的で中身の濃い対策を行うことができました。
 昨年の三月に浪人を決断したときには「一年間の浪人生活に耐えられるか?」などたくさん不安なことがありました。実際、成績が思うように伸びなかったり、苦手教科が伸びなかったりして焦ってしまい、集中して勉強できなかった時期や投げ出したくなる時もありました。しかし、家族や共に頑張っている友人たちに支えられ、なんとか一年間やり切ることができました。先生方を含め一年間自分を支えてくれた方々には本当に感謝したいです。
 春からは好きなことを学び、充実した大学生活を送りたいです。この一年間の経験はこれからの大学生活や人生に生かしていけると思うし、一生の中でも自分の中で重要な意味を持つ一年になると思います。一年間本当にありがとうございました。
川内高校卒 折小野 諭
大学受験科
川内高校卒 折小野 諭さん
●首都大学東京 理学部 化学科 合格
 僕が第一志望の大学に合格したのは高予備で一年勉強したからです。
 一年前の自分は首都大に行くことは考えていませんでした。模試の結果が徐々に良くなっていって志望大学もそれに合わせて上げていく感じでした。僕は、成績を上げようと思ったら、まず一番大事なことは授業だと思います。先生が教えて下さるやり方を素直にすることです。自己流には限界があると思います。そして二番目に大事なことは一杯がんばることです。がんばっていれば自分にあった勉強方法が見えてきました。そして、他人の三倍、四倍がんばってみると、人と差がついてきてモチベーションが上がるので途中からは勉強が苦ではなくなりました。
 僕は、この一年間基礎を深めていきました。基礎が分かっていなければ当然のことですが応用はできません。基礎を理解できないとき必ず先生に聞かないといけません。成績を上げるコツだと思います。
 僕の成績が上がったのはセンター直前から二次試験までの間でした。それまでは、伸びは緩やかで焦りもありましたが良かったです。勉強するときは、自分で必死に考えました。分からない問題は何が分からないか、とことん突き詰めてみる。勉強は自分のためにするので、全てが自分に返ってきます。人のためにがんばることより、自分のためにがんばることの方が大変だと思います。でも、その分、目標を達成したときの喜びは大きいものです。
出水高校卒 中原 崇希
大学受験科
出水高校卒 中原 崇希さん
●九州工業大学 情報工学部 情工3類 合格
 去年の今頃、自分は大学に落ち浪人を決意し、これまでの自分とは決別し、勉強を頑張ろうと思った。
 そして迎えた浪人生活、正直言って100%を出しきったかどうかは難しいところではある。なぜなら自分の合格した大学は第一志望ではないからである。しかし、去年の実力を考えると大きな飛躍をとげ、精神的にも成長し、見事、国公立大学に合格することができ、自分の居場所がある安堵感でいっぱいである。
 この一年でなぜ、自分の実力が飛躍し国立大学に合格したのかというと、まず一つめとしては、授業が一番大きかったように思える。基礎シリーズで基礎固めを行い、完成シリーズで実力をのばし、突破シリーズで実践感覚を身につけるという、完璧なシステムだと思える。そして、二つめはテキストの質だと言える。河合塾のテキストはとても質がよく、これを何度もくり返し行ったことで、自分としても、大変大きな実力がついたように感じる。この二つの要因がとても大きいと思う。加えて言うと、精神的に今までの自分は難しい問題や苦手な教科には手も出していなかったが、この一年はどんな問題であろうと最後まで妥協せず挑む姿勢でいたことが大きな成功に導いてくれたと感じています。
 この一年間というのは、自分を大きく成長させてくれた一年間になり、その成長を支えてくれた両親や先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
甲南高校卒 加藤 誠大
大学受験科
甲南高校卒 加藤 誠大さん
●慶應義塾大学 商学部 商学科●同志社大学 商学部 商学科 合格
 この一年を振り返ってみると現役の頃より早かったという印象があり、それはこの一年間の学習の質が高かったからだと思います。高校時代に予習・復習しなかったことを反省して、この一年は予習・授業・復習のサイクルを本当に重要視して日々の学習に努めました。さらに、国語と数学と英語の添削をしてもらったおかげもあり、自分の二次力を伸ばすことができたと思います。現役の頃は私立大学の受験は考えることはなかったけど、チューターの先生の助言のおかげで考えるようになりました。私立大学の問題は大学ごとに癖があるものが多いため、しっかりとした過去問対策が必須だと思います。自分は慶應義塾大学の受験を五月頃から考え始め、夏に一度過去問を解いた時に英語の長文読解の速さが欠けていることに気がつくことができたため、それ以降の勉強の際に読む速さを意識して日々の勉強を進めることができ、本番では十分余ったのを覚えています。本当に私立大学は対策が一番だと思います。また、自分は本番に弱く、現役時代は頭が真っ白になることがありました。自分のような本番に弱い人は模試を本番のつもりで受けて結果を出し、自信をつけることが大切だと思います。今年の試験では、自分の出来る最低限のことをしようと心がけることで力むことなく受けられることができると思います。浪人生活は大変だと思いますが、本当に早いので悔いを残さないように日々の学習に励んでもらいたいと思います。最後に、この一年間支えてくれた両親や先生方や、一緒に志望校に合格することができた友人らには本当に感謝をしています。
鹿児島第一高校卒 藺牟田 凌平
大学受験科
鹿児島第一高校卒 藺牟田 凌平さん
●早稲田大学 法学部●中央大学 法学部 法律学科●中央大学 法学部 国際企業関係法学科●明治大学 法学部 法律学科 合格
 昨年センター試験で失敗し、志望大学を変更して大学受験に挑んだが不合格だった。そしてこれが人生において初めての「挫折」だった。後期試験で受験した大学には合格したもののもう一度自分の納得のいく受験をしたいと思い浪人することを決め、第一志望を京大法学部にした。高予備入学当初、現役時の自分の知識不足を思い知らされ、何度も志望校を変更しようと思ったが、家族や高予備の先生方に励まされ受験の天王山と言われる夏を迎えた。この頃になると苦手科目としていた英語、数学も克服し、模試でも手応えを感じていた。そして、あっという間にセンター試験になった。現役時ほど緊張することもなかったが、京大合格はやや厳しい点数をとってしまった。それでも、両親が京大受験を許してくれたこともあり、なんとか京大受験をすることができた。しかし、結果的には不合格だった。それでも、現役の時のような悔しさやモヤモヤした感じはなかった。というのも現役時では到底合格しえなかった早稲田大学法学部に合格したからでもあろうが、何よりも「すべてやり尽くした」という気持ちがあるからであろう。結果はどうであれ、この一年はこれからの私の人生の中でも最も貴重な一年となるであろうと思うし、浪人という選択や京大受験という選択も全て正しかったと思う。最後に、この一年を支えてくれた家族、添削や質問にいつでも応じて下さった高予備の先生方、本当にありがとうございました。
高卒認定 樋渡 桃子
大学受験科
高卒認定 樋渡 桃子さん
●慶應義塾大学 法学部 法律学科●早稲田大学 教育学部 英語英文学科●早稲田大学 文化構想学部 合格
 高校を中退し、大学には進むつもりでいたけれど、将来何がしたいのか分からない。そんな中途半端な人間が、何とか次に進むことができたのも、鹿児島高等予備校あってこそでした。私は、英語が好き過ぎて日本人なのに日本語が嫌いという曲者でしたが、そんな私に基礎から国語を指導してくださった宝亀先生、並びに直前期になっての小論文添削を引き受けてくださった井手上先生には本当に感謝しています。初めて受験生らしく受験したので、数々の出願ミスを犯した私でしたが、最初から最後までご指導くださったチューターの川瀬先生、兎にも角にも本当にご心配おかけしました。また、数年振りに受けた授業に当初戸惑ったものの、その素晴らしい授業がどんどん楽しみになっていき、英語科の瀬野先生には、添削・質問などで大変お世話になりました。そして第一志望校本番でも英語はわずか二問ミスでした。
 時間はかかったけれど、高予備の先生方のお蔭で敗者復活を果たすことができました。今までの選択も決して無駄ではなかったといつかは思えるよう、これから立ち止まらず進んでいきたいです。
 自習室で虎視眈々と準備することのできる環境に恵まれて、本当に幸せでした。連日残って勉強した日々が自信になり、第一志望の慶應義塾大学法学部合格へと繋がりました。ただ一つの合格で、今までの全てが報われたような気持ちになりました。そんな感覚を、これから高予備に通う皆さんにもぜひ味わっていただきたいです。
 最後に、本当にありがとうございました。
松陽高校卒 矢頭 萌
大学受験科
松陽高校卒 矢頭 萌さん
●神戸大学 国際人間科学部 グローバル文化学科 合格
 私は現役時も同じところを受け、合格最低点より80点も低い得点で不合格という結果に終わりました。そのため、今年こそは絶対に合格するぞと覚悟して浪人という選択をしたものの、本当に学力が伸びるか常に不安がつきまとっていました。昨年はなぜ合格できなかったのか考えながら10か月間過ごしましたが、昨年の自分がいかに甘かったか痛感しました。まず、分かったつもりになっている基礎事項がとても多かったです。基礎が曖昧なのに応用力をつけられるはずがありません。高予備ではどの教科も基礎からやり直し、高校では学べなかったこともたくさん学んで着実に基礎を固められました。そして現役時は演習量が圧倒的に足りていませんでした。今年は演習を多くこなし様々な問題に対応できるようになりました。私が一番苦労したのは数学です。二次科目でもあるのに、現役時は苦手意識が強く本気で勉強したとは言い難い状態でした。しかし今回は本気で向かい合うと決め、一番時間を割いて勉強しました。添削指導をして頂いたり授業で使ったテキストを何周も解き直したりして、力をつけることができました。今まで5割も取れなかった記述模試で7割を超えられた時は嬉しかったです。今年合格できた要因は、基礎を固めた上で演習を繰り返して応用力をつけられたこと、苦手な数学をかなり克服できたことにあると思います。最高の結果を得られたのは、浪人する機会を与えてくれ支え続けてくれた両親、チューターの大西先生を始めとする講師の先生方、母校の恩師、友達など周りの人々のおかげです。感謝の気持ちを忘れず大学でも夢に向かって頑張ります。ありがとうございました。
鶴丸高校卒 吉里 咲南
大学受験科
鶴丸高校卒 吉里 咲南さん
●大分大学 医学部 医学科●近畿大学 薬学部 医療薬学科 合格
「幸運の女神は準備を整えた者にほほ笑む」これは私の母校のカレンダー「鶴言」の中で最も好きな言葉である。
 一年前、目指していた大学が不合格になった。私は大して悲しみを感じなかった。合格するための準備ができていなかったのだ。こうして必然的に、私の浪人生活が始まった。浪人する事は、私の想像をはるかに超える辛いものだった。模試の結果が届くたび、私は涙を流した。合格が決まるまでA判定を見たことはない。でも、本番まで、自分の合格を信じてやって来れたのは予備校の先生や、共に努力してきた仲間の存在のおかげだった。先生方は私の相談に乗って下さるだけでなく、私のレベルに合った添削、あるいは勉強法を提供して下さった。一般の学校教育では受けられない質の教育法がここにあると思う。同じく予備校に通っていた仲間たちからの刺激は言うまでもない。互いに励まし合うだけでなく、年中使える自習室での後ろ姿は、疲れ切った私の気持ちを何度も立ち上がらせてくれた。これらの事から私の準備は、自然と済んでいった。
 それから一年、志望していた医学部への合格通知が届いた。良い判定をあまり見てこなかった私が合格できたのは単なる偶然かもしれない。でも私に立ちはだかった全ての壁をこの鹿児島高等予備校で超えた経験が、合格への準備につながり、幸運の女神がほほ笑んでくれたのだと信じている。
鹿児島第一高校卒 熊野 共兵
大学受験科
鹿児島第一高校卒 熊野 共兵さん
●東京大学 理科一類●早稲田大学 政治経済学部 経済学科●慶應義塾大学 理工学部 学問2 合格
 鹿児島高等予備校で学んだ一年間は、辛くも楽しいものでした。なぜなら、自分の力がついていくのが日を経るごとに実感として分かってくるからです。自分の苦手教科を克服し、得意教科を伸ばすことができたのは河合塾の良質な問題と予備校の講師の先生方の素晴らしい講義のおかげです。模試の結果や判定はもちろんのこと、先生方にお願いした添削問題など、こなした問題の質と量が確固たる自信へと繋がりました。添削問題のノートは試験本番前に見て、「これだけやってきたのだから大丈夫」と自分を落ち着けるためにも使いました。
 浪人生活を楽しめたもう一つの理由は、志の高い友人が多くできたからです。同じ失敗をしているもの同士で切磋琢磨し、励まし合ったからこそ一年間踏ん張れました。また、分からない問題を友達同士で聞き合う雰囲気があり、より深い理解を得ることができました。友達の様々な高校の学習状況も知ることができたのもとてもいい経験でした。ここでできた友情もこれから先の人生での大きな支えになると思います。
 浪人生活は様々な人の支えなくしては成立しません。また、色々なものを犠牲にします。人生でこんなに勉強することはもうないのではないかと思うこともあります。ですが、「浪人して本当によかった!」と合格したときに心から思えます。これから自分の本当に行きたかった大学に通えることへの感謝を忘れず、将来のため邁進していこうと思います。本当に一年間ありがとうございました。
ラ・サール高校卒 井上 雄大
現役塾
ラ・サール高校卒 井上 雄大さん
鹿児島大学 医学部 医学科 合格
 この度、鹿大医学部医学科に合格することができました。高3の夏から現役塾に通い始め、先生方の質の高い授業を受けることにより、日々の学習がそれまで以上に充実していきました。また、添削も快く引き受けて下さり、学校ではなかなかできない答案の書き方などを指導してもらい、最適の環境で学習することができました。その結果で今の自分があると思います。この塾で真面目に真剣に努力すれば、合格は間違いないと思います。苦しいときや辛いときがあるかもしれませんが、最後の最後まで諦めることなく頑張ってください。これまでご指導して下さった先生方、本当にありがとうございました。
鶴丸高校卒 永山 妃花梨
現役塾
鶴丸高校卒 永山 妃花梨さん
九州大学 経済学部 経済経営学科 合格
 2年間、現役塾でお世話になりました。高校に入ってだんだんと分からないことが増えてきたので、何とかしなければと思い入塾しました。講義を受けることによって次第にレベルも上がっていき、学校で身につけた知識の補充以上のものが得られたと思います。二次対策では、教科ごとに先生たちが親身になって指導してくださり、これが合格に繋がったと実感しています。
鹿児島玉龍高校卒 奥 智佳
現役塾
鹿児島玉龍高校卒 奥 智佳さん
筑波大学 人文文化学部 日本語・日本文化学科 合格
 ずっと行きたかった第一志望校に合格できたことが本当に嬉しいです。この合格を勝ち得たのは学校はもとより、現役塾の先生方のわかりやすい授業の賜物だと思います。特に添削や二次対策では、それまで知らなかった英語の解き方や国語の答案の書き方を指導していただき、二次試験で挽回することができました。私を合格に導いてくださった先生方、ありがとうございました。

鹿児島実業高校卒 松元 陽登
現役塾
鹿児島実業高校卒 松元 陽登さん
熊本大学 理学部 理学科 合格
 今こうして自分が合格体験記を書いていることが正直信じられないです。この塾に入ったのは1年の10月でした。自習室の学習環境の良さや先生方の丁寧な質問対応に魅力を感じました。他校の生徒たちがいることですごく刺激を受け、学習に専念することができました。現役塾の先生方や事務の皆さんありがとうございました。
志學館高等部卒 榎園 遥
現役塾
志學館高等部卒 榎園 遥さん
鹿児島大学 法文学部 人文学科 合格
 大学受験に向けて何かしなくてはと消極的でしたが、高2の冬期講習から現役塾に通い始めました。1対1の個別指導が苦手だった私には、授業形式が最大の魅力でした。先生方からは基礎から試験に出るポイントまでとことん教えてもらいました。また、出校時や帰宅時に事務室で挨拶するのは当然ですが、先生や事務の方といろんな話をすることが、受験期のわたしには癒しになりました。自習室もほぼ毎日利用していました。わたしの合格は本当にこの塾のおかげです。