合格者の声voice

鶴丸高校卒 大内山 辰志
大学受験科
鶴丸高校卒 大内山 辰志さん
●東京大学 文科三類●早稲田大学 社会科学部 社会科学科 合格
 浪人生という肩書きを背負ったこの一年間でしたが、笑顔の絶えない一年間でした。ですがそれは決して、順風満帆であったというわけではありません。高予備に入ると、自分がいかに基礎を分かっていなかったのかを思い知ると同時に、力がついていくのを実感できました。ですが僕の場合はその実感がなかなか実戦に結びつかず、秋のオープン模試では手応えも感じられず、D判定をとってしまいました。模試の結果に一喜一憂してはいけないと分かっていながらも、焦りと不安を感じ、力がついている実感さえ疑ってしまうこともありました。家にいるときは涙も出ました。そんなときでも高予備に行けば、毎日楽しくて充実した授業を受けることができました。友人と他愛もない話をしたり不安を分かち合ったりしながら食事をして、毎日夜十時まで自習室に残ってともに高め合うことができました。だから毎日、笑顔は絶えませんでした。
 不安がなくなったわけではありませんが、自信を持って本番に臨むことができ、センター試験では本番で三十点近く自己ベストを更新しました。二次試験終了後も、模試のときとは手応えが全く違いました。合格を勝ちとり、やはり高予備での一年間で力がついたという実感は本物だったのだと、確信することができました。
 入試を終えた今になって改めて、入試で測られる力は入試に特化した一時的なものだと感じています。だからこそ、その過程を通して得たものがとても貴重なものに感じます。絶対に一人ではここまで来ることはできませんでした。ここまで導いて、背中を押してくださった先生方、一緒に涙を流してくれた家族、そして毎日ともに努力した仲間に、感謝の念が尽きません。
鶴丸高校卒 森永 志歩
大学受験科
鶴丸高校卒 森永 志歩さん
●東京大学 文科三類●早稲田大学 文化構想学部●明治大学 文学部 文学科 合格
 高予備に一年間お世話になり、第一志望の東京大学文科三類に合格することができました。浪人を許し、毎日支えてくれた父、熱心な御指導を下さった高予備の先生方など、様々な方の助けを借りて掴み取った合格だと思います。本当にありがとうございました。
 現役時代、私は進んで復習をしたことがほとんどありませんでした。予習と課題、つまり『やらないと怒られること』しかやらず、自分に本当に必要な勉強から逃げ続けていました。そして、落ちました。私は『できないこと』から目を背け続けたことを激しく後悔しました。そこで、浪人するにあたって『復習の徹底』を誓ったのです。
 とは言いつつも、その誓いを完全に達成できたとは思っていません。浪人生になっても、やっぱり自分の間違いに向き合うのは辛かったですし、出来の悪かったセミナーや模試は思い出すだけで憂鬱でした。ずるずると復習を引き延ばしにしてしまったことも数え切れません。それでも私に受験の女神が微笑んでくれたのは『何だかんだ言ってもやり抜いた』からかなぁと思っています。どれだけ先延ばしにしても、復習が嫌でも、結局は向き合って少しずつ自分のものにしてきました。それは自信を持って言えます。私は完璧ではなかったけれど復習をやり抜きました。
 浪人生の最大の武器は、経験値です。既に大学受験を経験している皆さんは、去年何が上手くいったのか、何で失敗したのかを分かっているはずです。私の場合は復習についてでしたが、後悔だって全員に必ずあるはずです。その後悔を次の一年に必ず活かして下さい。浪人生であることを最大限利用して下さい。それが、合格への一番の近道だと思います。
鶴丸高校卒 飯山 敦司
大学受験科
鶴丸高校卒 飯山 敦司さん
●東京大学 理科一類 合格
 昨年は僅差で及ばなかった志望校にリベンジ合格を果たすことができ、嬉しい限りです。この一年間はひたすら勉強に打ち込むだけの日々であり正直言って現役とは比較にならないくらいしんどかったですが、色々な人たちの存在があったからこそここまで来れたと思うので、感謝の気持ちで一杯です。
 昨年浪人が決まった時に、最初は親の負担が少なく家から近い方がいいかなということが主な理由で高予備を選んだものの、ネットで知り合った大手予備校の人たちが東大特進コース等で東大対策に専念しているのを見て、この人たちに置いていかれるのではないかという懸念もありました。しかし、やがて高予備の良さに気づくようになりました。高予備には大勢の常勤講師陣がおられ一人一人に対し毎日きめ細かく添削してくださるという特長を持っており、授業も話に聞いている大手予備校の授業に匹敵するほど質が高く充実していると思います。またそれぞれのクラスには担当講師がついていて折に触れて面談等で相談に乗っていただけるのですが、クラスが出身高校別に分かれていることから、講師が高校の先生とも連絡を取り生徒一人一人のことを詳しく把握してくださっているので、それぞれの生徒に寄り添った指導をしてくださいます。家から通える距離でこのような充実した指導を受けられたことは大変ありがたいことだと思います。僕の場合は、添削指導を積極的に活用して演習量を非常に多く積み自分の弱点を克服できたおかげで、一年間で大幅に力を伸ばすことができました。
 高予備にするか県外の予備校にするか迷っている人もいると思いますが、僕は自信を持って高予備をおすすめします。県内でここまで充実した環境が得られることは大変価値があります。
鶴丸高校卒 渡辺 陸斗
大学受験科
鶴丸高校卒 渡辺 陸斗さん
●東京大学 理科二類●早稲田大学 先進理工学部 生命医科学科●東京理科大学 理工学部 応用生物科学科 合格
 一年間高予備で勉強して志望した全ての大学に合格することができました。僕がここまで実力を伸ばすために勉強できたのは、授業や添削、質問受けをしてくださった講師陣、競争し合い励まし合った友人、卒業後もサポートしてくださった高校の先生方、そして浪人生活全てを全力で支えてくれた家族がいたからです。本当にありがとうございました。
 ここからは一年間の浪人生活を終えて大切だと思ったことを伝えたいと思います。一つ目は現役時代の自分を振り返り、何が悪かったのか、何が足りなかったのかを反省することだと思います。僕の場合は数学の基礎力の不足でした。その解決策として基礎シリーズのテキストを3~4周しました。その結果模試では今までとることのできなかったような点数をとることができ、復習の大切さを実感することができました。これは数学に限ったことではなく、他の教科も完成シリーズが始まる前までには基礎シリーズのテキストをやりこむべきです。それが夏以降の伸びにつながると思います。
 二つ目は後悔が残らない浪人生活を送ろうと思うことだと思います。僕はこれを常に頭の片隅に置いて勉強に励んでいました。もちろん休憩や気分転換は大事でそこまで削る必要はないですが、それが長くなりすぎたり、頻度が多くなったりすると後悔につながりかねないので気をつけました。
 最後になりますが、浪人を終えてこの一年を振り返ると、充実していてあっという間の一年でした。これから浪人を始める皆さんにも充実した一年を過ごしてほしいと思います。頑張ってください。
鶴丸高校卒 吉永 冬馬
大学受験科
鶴丸高校卒 吉永 冬馬さん
●京都大学 文学部 人文学科 合格
 自分の受験番号が大学ホームページの掲示になくて失意に陥った日からの一年間は、長いようで短い時間でした。この一年は今までの中で最も辛くて苦しかったけれど、とても中身の濃い一年間でした。何度も心が折れそうになって逃げ出したくなりました。しかし、毎日一緒に勉強に励む友人や先に大学に進学した友人のおかげで受験まで頑張ることができました。さらにどんな質問にも真剣に対応してくださり、分かるまで解説をしてくださった高予備の先生方、浪人生にも関わらず添削指導をして下さった高校の先生には感謝してもしきれません。そして何よりも常に近くで応援してくれた家族のおかげで頑張ることができました。志望校を突然変更しても反対せずに応援してくれ、浪人することも認めてくれて、毎日お弁当を作って送り迎えをしてくれたことはもちろん、辛い時に話を聞いてくれ、最後の最後まで一番近くで応援してくれました。家族への感謝の気持ちは表現できません。
 このように僕はたくさんの人に支えられてきました。悔しさでいっぱいの春、辛くて長かった夏、不安と焦りにかられた秋、あっという間だった冬、いつもいつも周りの人の支えで頑張ることができました。そんな全ての人に「ありがとう」と伝えたいです。
鶴丸高校卒 益満 朋佳
大学受験科
鶴丸高校卒 益満 朋佳さん
●京都大学 経済学部 経済経営学科●慶應義塾大学 経済学部 経済学科●明治大学 政治経済学部 経済学科●青山学院大学 経済学部 経済学科 合格
 浪人生活を始めるにあたり、私は文転した。正直、この決断が正しかったかは合格した今でもわからない。現役時と同じ大学・学部を志望するとはいえ、文系のほうが定員が多いからなどという安易な理由で、一度失敗した理系入試から逃げたことを何度も何度も後悔した。悔しくて、一度逃げた自分が合格できるはずがないと、何度も投げ出しそうになった。また、文転したことでセンター倫政と二次試験の日本史の学習を新たに始めなくてはならず、他の浪人生よりもスタートラインはずっと後ろだった。人並みでは合格できないというプレッシャーに、たくさん弱音を吐いた。それでも私が一年間がんばり続けられたのは、高予備の環境のおかげだったと思う。どんなに嫌になっても、毎日自習室に並ぶたくさんの背中を見ると、自分も机に向かわずにはいられなかった。自分の決断を責任をもって受け入れて、現状のなかでできる最大限のことをしようと思った。計画的かつ現実的にアドバイスをくださったチューターの先生や、丁寧に授業、添削指導をしてくださった先生方は、私のできることをひとつひとつ増やしてくださり、私の漠然としたプレッシャーを取り除いてくださった。私は一年間なんとかがんばり通し、第一志望校に合格できた。
 一年前に逃げ出した自分は、やはり正しかったとは思えない。しかし、この一年苦しい中で努力し続けて結果を出した自分のことは認めてあげられる。大きな自信につながる価値ある一年だったと胸を張って言える。
 浪人を許し、毎日支えてくれた家族、たくさんのご指導をいただいた先生方、一緒にがんばった友人に本当に感謝している。
甲南高校卒 山口 貴弘
大学受験科
甲南高校卒 山口 貴弘さん
●九州大学 医学部 医学科 合格
 僕は今年二浪目で、去年は別の予備校にいました。大学受験の具体的なノウハウについて書いていくので、精神的なことは他の人を参考にして下さい。
 僕はラ・サール高校や鶴丸高校の出身ではないので、高校の間はずっと、目標と実力とのギャップを埋めたいものの受験勉強として何から手を付ければいいのか知りませんでした。そんな人にオススメなのが研伸館という塾の「強者の戦略」という本です。この本には、灘高校をはじめとするトップ校の生徒が何の参考書をどの時期までに何周したかという勉強法が載っています。他にも、僕の年度のものには、生物オリンピックで金賞をとった人が東大、京大、阪大の医学部志望の受験生には生物よりも物理をすすめる話など、興味深い話が多く載っていました。研伸館のHPから300円ほどで買えるので本当にオススメです。
 何らかの形で、勉強として具体的に何をすればいいのか理解した後は、自習時間を確保して下さい。参考書まではやらないという人も、予習と復習のための時間は必ず確保して下さい。参考書から多くのものを得られるとしても、毎日受け続ける授業の内容を身に付けるのが効率の良いやり方です。
 また、自習の時間では自分の頭で考えるクセをつけて下さい。高予備は毎日先生がいるので質問に行くのは簡単ですが、少なくとも僕の場合、頭の中に浮かぶ質問の八割は悩む内に解決できたし、そうして難問に粘り強く向き合ったため完答をする基本的な力が身に付きました。
 第一志望の大学が決まったら、実力の早期完成をはかって下さい。高い得点率が必要とされる医学部志望の受験生は、特に夏のオープン模試までにはA判定を出すようにすべきです。
 最後になりましたが、僕が合格できたのは努力できるようここまで育ててくれた両親・家族・友人・高予備をはじめとする多くの先生方や、その他お世話になった方々のおかげです。本当にありがとうございました。
鶴丸高校卒 有馬 祥平
大学受験科
鶴丸高校卒 有馬 祥平さん
●筑波大学 医学部 医学科●順天堂大学 医学部 医学科●国際医療福祉大学 医学部 医学科 合格
 私はこの一年間意識し続けたことが三つある。一つ目は『目標を変えないこと』だ。普段の授業が分からなかったり模試が悪かったりしても、四月に立てた目標を一度も変えなかったことが合格をつかむ一助となった。二つ目は『センター試験をなめないこと』だ。難関大になればなるほど配点も低くなるため二次対策よりもいい加減になるのは多少仕方ないことかもしれない。しかし私にとっては重みのある点数に感じたので、この一年はセンター対策を欠かさず行ってきた。そのおかげで本番では過去最高点をとることができた。三つ目は『合格したい気持ち』だ。確かに気持ちだけで受かることができるほど受験は甘くはない。しかし、気持ちがなければ受かることはできない。合格できた最大の理由が、自分を信じて合格したい気持ちを切らさなかったことだと思う。
 高予備では講師のサポートが非常に良く、自分の弱点も理解した上での対策をしてもらえるので、私にとって有効なものであった。また基本常勤であるため分からないところはすぐに質問でき、理解できるまで教えてもらうこともできる。とにかく充実した環境を活かすことができた。
 一年間過ごしていると色々な経験もするが、友人や講師、そして家族のサポートのおかげで乗り切ることができた。この経験は大学に行ってからも社会に出てからも活かせると思う。予備校への感謝の思いを忘れることなく頑張りたい。
ラ・サール高校卒 森内 快斗
大学受験科
ラ・サール高校卒 森内 快斗さん
●福島県立医科大学 医学部 医学科 合格
 4年に亘る長い浪人生活がやっと終わりました。私は最後の2年間を鹿児島高等予備校でお世話になりました。
 現役時代の私はどの教科も試験前に暗記するだけの勉強しかしておらず、浪人して初めて自分の実力の無さを目の当たりにしました。基礎シリーズのテキストは現役時代に基礎を疎かにした私の知識の整理に大きく役立ちました。常に基礎シリーズのテキストを軸に勉強し続け、どんな応用問題も基礎をベースにして解けるように演習を積みました。また、医学部合格には過去問対策も必要ですが、高予備は他の予備校と違い、講師の方々が常勤なので過去問を解いて疑問があればすぐ質問できましたし、自分の答案を採点していただくこともできたので、とても過去問対策がし易かったです。
 このように今の私の学力は高予備で大きく養われました。長い浪人生活でしたが、モチベーションを落とすことなく最後まで戦い抜くことができたのは、この環境があったからです。日々の学習状況を見て叱咤激励をして下さった先生方、浪人生活を支え続けてくれた家族と友人には感謝の気持ちでいっぱいです。大学生活もがんばります。本当にありがとうございました。
鶴丸高校卒 西元 凌
大学受験科
鶴丸高校卒 西元 凌さん
●鹿児島大学 医学部 医学科●自治医科大学 医学部 医学科 合格
 この度、鹿児島大学医学部医学科に合格することができました。今思い返すと、二年間の浪人生活は決して楽なものではありませんでした。
 現役の頃、別の大学の工学部を受験した僕は不合格の結果を受け、翌日には鹿児島高等予備校へ入校手続きに行きました。僕は初め、浪人に対してどこか負のイメージを持っていました。他の同級生が大学生活を楽しんでいる中、自分は高校で習ったことをもう一度しなければならない。しかし、その印象は授業を最初に受けたその日から変わりました。今でも覚えているのは、英語の授業で新たに学ぶことがたくさんあり、高校時代英語が得意だと自負していたのが恥ずかしくなったことです。それほど質の高い授業を毎日受け、僕の浪人生活は毎日新鮮なものでした。そのような日々を過ごすうちに、模試の成績も必然的に良くなりました。A判定を取れるようになり絶対受かると思いましたが、結果はまた不合格。泣きながら昼ご飯を食べたことは忘れられません。自分の何が足りないのか、本当はどこへ行きたいのか。いろいろ悩み、二浪目へ突入することを決意しました。二度の受験失敗により、自分は心が弱いことに気づき、学力はもちろん精神力も身に付けようと思いました。チューターをはじめ、講師の方々とよく話したり友達と励まし合うことで、緊張感を持ちながら充実した日々を過ごせました。
 こうして勝ち取った合格は、周りの人の支えがあったからこそです。二年間の浪人生活で得たものは、学力だけではなく、その後の人生に必要なもののような気がします。
鶴丸高校卒 黒川 彩希子
大学受験科
鶴丸高校卒 黒川 彩希子さん
●鹿児島大学 医学部 医学科 合格
 私は他の予備校で二年浪人した後、高等予備校に移って三年目の浪人をしました。浪人二年目の大学入試では二次試験で失敗してしまい、もっと二次力を伸ばすために予備校を選び直すことにしました。高等予備校に移って、前の予備校との違いにいろいろ気付きました。まずは、入学する際に全教科の試験があり入学後は各教科の実力に合った授業、志望大学に対して必要なレベルの授業を受けられたのが良かったです。自分に必要なレベルの授業やテキストで勉強できたので、「ここまで必要なのかな?」と思うことなく、予習、復習に集中して取り組むことができました。テキストも分かりやすくまとめられていて、知識の整理にとても助かりましたし、自習用の問題もあって、解くスピードの向上にも役立ちました。授業についても、基礎シリーズ、完成シリーズと、それぞれ一貫して同じ先生に教わるので、解法が統一されて混乱することもなく、すんなりと取り入れることができました。九十分授業ということで、入学前は「長いな」と思っていましたが、まとまった時間のおかげでどの授業も二次試験本番を見据え、実戦的で充実していて、二次力に不安のあった私にはとても良かったです。その中で、特に英語では、文法、読解、英作文のどの授業も前の予備校よりも深く丁寧で、場合によっての英単語の使い分けなど、知らなかった知識を多く得られました。また、苦手としていた数学や英作文については、基礎シリーズから志望大学に合わせた課題で添削をしていただき、細かく丁寧な添削で、たくさんの知識を得られました。
 この一年間、相談にのってくださり、支えてくださった先生方、高校の先生方、応援してサポートしてくれた家族、つらい時期に一緒に頑張ってくれた友人に本当に感謝しています。ありがとうございました。
れいめい高校卒 川野 浩輔
大学受験科
れいめい高校卒 川野 浩輔さん
●鹿児島大学 医学部 医学科 合格
 私は再受験生という形でこの予備校に通うことになりました。他の浪人生と大きく違う点は二年間のブランクがある点でした。かつて覚えていたものを忘れている焦りや恐怖は大きく、人一倍大変な浪人生活を経験しました。
 このつらい一年間を乗り越え、合格を勝ち取ることができたのは間違いなく高等予備校のすばらしい先生方のおかげです。私は予備校のテキストと並行して多数の先生方に添削指導をしてもらっていました。高等予備校のメリットの一つには熟練の先生方と気軽に接することができることがあります。授業中分かりづらかったところや疑問に思ったことを質問すると、丁寧かつ気さくに最善の解答を示してくれます。私の学力が先生方との一対一の質問の繰り返しで伸びたことは間違いありません。もし学習の中で自分が引っ掛かったところがあれば、自分が納得できる答えを得られるまでしつこく質問して解決することをお勧めします。人生の中で浪人の一年間、あるいは数年間は人に誇れるようなことではないと私は考えていますが、得ることも非常に大きいです。人一倍目標に向き合う時間を得て、人一倍親に感謝する気持ちを抱けて、またこれ以上の苦労は無いと思うほど勉強に打ち込めたなら、今後の多くの障害を乗り越える原動力となるはずです。浪人をするという勇気ある決断を下すことができた皆さんは高等予備校の利点を十分に活用することで、合格の夢を掴むことができると信じています。
鶴丸高校卒 濵﨑 直人
大学受験科
鶴丸高校卒 濵﨑 直人さん
●大阪大学 理学部 物理学科●東京理科大学 理学部 応用物理学科 合格
 この春、大阪大学理学部物理学科に合格しました。昨年京都大学を受験して惨敗し、一年間目標を変えずに勉強しましたが模試でもA判定を達成できず、最後の最後に大阪大学に変更しました。ただ、予備校での勉強が無駄だったわけでは決してありません。特にそれを実感したのは二次試験のとき。数学と理科が予想以上に難しく、正直予定が狂いました。しかしその状況でも解ける問題とそうではない問題を見分け、完答こそ少ないながらも部分点を取れるだけ取ることができたと思います。
 浪人をした一年の中で一番勉強の成果を実感できたのが数学の双曲線の積分です。授業でこの問題が出て解説を聞いた時はとても衝撃を受けました。現役時には全く知らない問題でしたし、解き方が大きく分けて三通りもありました。初見ではもちろん解けませんでしたが何回も演習を重ねるうちに身に付いていきました。
 浪人しているから成績は上がりますが自分の目標に届くかどうかが重要なので、模試の結果が返ってくるたびに様々なことを考えました。浪人した一年で考え方や価値観がとても変わりました。大変な一年でしたが自分の人生にとって結果的にプラスだったと思います。
 最後に、一年間支えてくれた両親、友人、指導して下さった先生方に感謝しています。
鶴丸高校卒 中野 亮太朗
大学受験科
鶴丸高校卒 中野 亮太朗さん
●大阪大学 医学部 保健学科 看護学専攻 合格
 高予備や母校の先生方、家族や友人のおかげで、また、自分のペースで勉強をすることができる環境で一年間伸び伸びと勉強したことで、第一志望に合格することができました。本当に感謝しています。
 昨年、今回と同じところに不合格となり浪人が決まってからの一年間を振り返り、これから浪人する皆さんにメッセージを残します。
 第一に、とにかく授業とその復習を大事にして欲しいということです。この一年間は特にそれを痛感させられました。皆さんは、これからの一年間で相当な量の問題に触れることになります。それらの問題を「なんとなくやったことがある」なのか「やったからできる」なのか、このどちらかにすべきかは言うまでもなく後者の方です。一回目の復習で分からなくても、二回目、三回目でやっと分かることもあります。諦めず、頑張って下さい。
 第二に、試験中、最後の一秒まで一点でも多く取りにいって欲しいということです。浪人生活始まって間もないころ、昨年度の二次試験の得点開示が返ってきました。私はあと一人を抜いていれば合格、あと三点あれば合格でした。これを見て思ったのは、あの時こうすればよかった、ああすればよかった、という後悔です。二次試験ではほんの何点かで勝敗が分かれます。なので、日頃の小さなテストから最後まで諦めず、一点でも多く取りにいく姿勢で臨んで欲しいと思います。
 私がアドバイスできることはこの程度です。あとは皆さんの頑張りに、来年の春泣くか笑うかはかかっています。周囲の人への感謝の気持ちを忘れず、一年間伸び伸びと勉強し、来年の春を皆さんが笑って迎えられることを心から祈っています。
甲南高校卒 川嵜 直人
大学受験科
甲南高校卒 川嵜 直人さん
●九州大学 工学部 機械航空工学科 合格
 高校入学時から憧れていた機械航空工学科に合格できました。高予備だったから掴めた栄光です。質問しやすい環境が整っており、分からない部分を理解するまで徹底的に教えて下さいました。そして一度解いた河合塾のテキストの問題を何度もノートに解き直して高速に処理する練習をしました。また、高予備では友人にも恵まれました。時に冗談を言い、時に勉強を教え合い、時に励まし合いながらここまでやってこれました。幸い自分はその中で一番成績が悪く、A判定がでても気を緩めることなく上位にいる友人を目標に勉強のモチベーションを保つことができました。
 このような恵まれた環境の中で勉強し、現役生時代とは比べものにならないくらい成績を伸ばすことができ、記述模試ではA判定を何度もとることができました。しかし、このまま順調にいくと思っていたセンター試験本番では大失敗をして大きなビハインドを負ってしまいました。周囲からは志望校を下げるよう勧められましたが、旧帝大などの難関大になると二次試験が合格の鍵になることを知っていたので判定にとらわれることなく、ボーダーとの差や二次試験の教科間での得点率等を徹底分析し、まだ逆転できると信じて九大に出願しました。二次試験本番では「解ける問題で絶対に失点しない」これを常に心がけました。
 そして合格発表で自分の番号を見つけた時は嬉しくて涙が止まらなかったです。合格を手にした今、一年間もがき苦しみながら頑張ってきて本当によかったと思います。この苦しみや努力はいつか今後の人生の中で自分を鼓舞してくれる大きな糧となると確信しています。
 最後に支えてくれた友人、高予備の先生方、そして浪人させてくれた両親、祖母には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。
甲南高校卒 川畑 真凜
大学受験科
甲南高校卒 川畑 真凜さん
●九州大学 医学部 保健学科 検査技術科学専攻 合格
 高校三年間コツコツ頑張ったつもりだったが現役では合格できなかった。三年間の努力が報われなかった気がして、悔しくて悲しかった。自分の中で「努力は必ず報われる」ことを証明するために、浪人して、誰にも負けないくらいの努力をすると決めた。一年を通して、特別なことは何もせず、授業で扱った問題を確実に解けるようにするために何度も何度も解き直した。分からない箇所は百パーセント理解できるように質問に行った。先生方が、私が理解するまで丁寧にきっちり教えて下さったおかげで、質問に行って理解できた問題は特に印象深く頭に残り、二、三回目で解けるようになった。勉強をしていく中で、努力が報われるためには、その努力が結果を出すための努力でないといけないということにも気付いた。毎日弁当を二食分作ってくれた母、私がやりたいことをやりたいようにさせてくれた父、気持ちをしっかり持つことの大切さを教えてくれた兄、毎朝何気なく応援の言葉をかけてくれた妹、どんなことがあっても笑顔にしてくれた友人ら、毎日夜十時まで自習室で勉強していた仲間達、信頼できる先生方、いつも笑顔で接して下さったり夜遅くまで自習監督をして下さったりした事務の方々、毎朝掃除をして下さった方々…。関わった全ての方々に感謝している。周りの方々に支えられながら過ごしたこの充実した一年は、一生の宝物になると思う。一年前の私は、浪人に対してあまり良いイメージを持っていなかった。しかし今は違う。これまでの自分の生き方を振り返り、どうしたら成功させることができるのか、どうしたら苦しいことを乗り越えられるかなどを考えたり、今まで出会った方々にかけてもらった言葉を思い出したりして、合格への道を少しずつ自分の力で切り開いていくことができた気がする。辛い時にすぐ他人に助けを求めるような自分から、辛い時でも自分の力で乗り越えようとする自分へと成長できた。浪人して本当によかった。私の努力はしっかりと実を結んだ。この一年苦しみながらも何とか頑張り抜いたことに自信を持って、感謝の気持ちを忘れずに、今後の人生を歩んでいきたい。
川内高校卒 中 彩央里
大学受験科
川内高校卒 中 彩央里さん
●東京外国語大学 国際社会学部 国際社会学科 東アジア(中国語)専攻●津田塾大学 学芸学部 国際関係学科 合格
 長いようで短い浪人生としての一年が終わり、私は四月から大学生になります。この合格体験記を読む方は今年一年受験勉強に励まれることと思います。頑張ってくださいね。
 現役生の頃、あっけなく第一志望に落ちた私は、後期で受かった大学への進学を考えておりました。浪人だけは絶対に避けようと思っていましたが、家族や高校の先生から浪人を勧められ、渋々浪人を決意しました。
 高予備の授業は高校とは違い、自分に合ったレベルごとに行われます。どのクラスでも基礎からしっかりと学習できるので、記述力が重視される二次試験に向けて十分な実力をつけることができます。また希望者は添削を受けられます。得意科目の強化や苦手教科の克服のためには絶対にやっておいた方が良いと思います。添削を繰り返すうちに自分の記述力の向上を実感できるので、受験勉強に対するモチベーションも上がりました。あと、授業から毎回多くのことを得られるので、授業には積極的に出席しましょう。
 一年間ひたすら高予備の自習室で勉強し、とても余裕のある状態で二次試験を終えました。自分の受験番号を見つけたとき、嬉しさで涙が止まりませんでした。浪人して本当に良かったと思います。一年間手厚く支援してくださった高予備の先生方、浪人を勧めてくれた高校の先生、毎日お弁当を作り支えてくれた家族には感謝してもしきれません。多くの方のお力添えがあってこそ私は合格できたと思います。ありがとうございました。
 浪人生活を始める皆さん、十ヵ月は意外とすぐ終わるものです。自分の第一志望に向かって、全力を尽くしてください。必ず吉報が待っています。余談ですが、東外大を目指される受験生へアドバイスをさせてください。専攻言語を選ぶ際は倍率ではなく自分の学びたい言語を重視して出願してください。倍率が高くても二次力があれば受かります。私に続いて高予備生が外大に合格しますように。
加治木高校卒 中吉 一樹
大学受験科
加治木高校卒 中吉 一樹さん
●東京学芸大学 教育学部 初等教育教員養成課程 家庭選修●西南学院大学 人間科学部 児童教育学科 合格
 浪人して初授業の日、私は高等予備校へ向かいながら一つの目標を立てた。予備校内では勉強のことしか考えない、というものである。私自身、とても意志の弱い人間である。自宅では勉強に集中できずになかなか捗らない。だから、せめて予備校の門に入ってから帰りに出るまでの時間は常に勉強のことのみを考え続けようと決心したのである。このことによって、勉強におけるオンとオフのスイッチの切り換えに苦労することは少なかった。その一方で、休み時間も勉強に費やしていたために周りの人たちと話す機会もなく友人があまりできなかった。しかし、同じような志を持った友人を作ることで互いに切磋琢磨し合い勉学に励むことができなかった後悔は多少あったが、その反面、他人と比較するということがなかった分、自分の成績とだけ向き合って焦りを覚えることもなかった。また、友人からの勉強以外の誘惑を受けることも同様になかった。
 自分なりに工夫した点としては、勉強以外の時間やリフレッシュの時間を設けた。その時間はできるだけ体を休めるよう専念したり遊びに行ったりすることで気分転換をして、ストレスが溜まらないようにし、意志の弱い私でも勉強が嫌いにならないようにしていた。このようにして、予備校で勉強にのみ集中できるコンディションを保っていた。
 これらの目標や取り組みによって、私は辛い受験期を乗り切ることができた。しかし、このような対策は自分自身が意志の弱い人間だということを自覚していなければ立てることができない。つまり、私の合格への鍵は「己を知る」ことだったと思う。その鍵は、最初に浪人するかどうかを考える際に、しっかりと自分自身を見つめ、手に入れていた。
鶴丸高校卒 酒匂 のどか
大学受験科
鶴丸高校卒 酒匂 のどかさん
●お茶の水女子大学 文教育学部 人間社会科学科●立教大学 社会学部 現代文化学科●立教大学 コミュニティ福祉学部 コミュニティ政策学科●学習院大学 国際社会科学部 合格
 この度、私は去年の雪辱を果たし、お茶の水女子大学に合格することができました。それはひとえに、高予備の先生方や家族、友人たちのおかげです。心から感謝しています。
 私はこの一年間、毎日高予備に行って授業を受け自習をし、夜九時頃帰るという生活スタイルを淡々と続け、特別なことはあまりしませんでしたが、工夫したことが一つあります。それは手帳の使い方です。手帳には、日々の勉強の予定や実際に勉強した教材、また、その所要時間等を細かく書き留めていました。また、模試の感触や自己採点の結果等も記し、自分の弱点をできる限り分析しました。こうすることで、「自分はこれだけ勉強したんだ」という自信を持つことができたし、同じ失敗を繰り返すことも無くなりました。さらに高予備の授業は刺激的で、特に英語に関しては基礎から徹底的に鍛え直すことで、今まで曖昧だった部分がどんどん消えていきました。私は今まで英文法が苦手で嫌いだったのですが、英語科の瀬野先生の授業を受けてからは、英語を論理的、体系的に読めるようになり、英文法に面白さを感じられるようになりました。時には勉強ばかりで変化のない生活に嫌気がさし、投げ出したくなることもありましたが、文句一つ言わず黙々と机に向かう友人たちの姿に励まされ、勉強へのやる気を維持することができました。
 私にとってこの一年間は、自己を分析し自分としっかり向き合ったことで、学力面のみならず精神面においても大きく成長できた一年だったと思います。この経験を糧として更に精進し、支えてくれた全ての人に恩返しできるよう頑張りたいです。本当にありがとうございました。
鶴丸高校卒 末吉 美帆
大学受験科
鶴丸高校卒 末吉 美帆さん
●奈良女子大学 文学部●関西大学 法学部 法学政治学科 合格
 一年間、鹿児島高等予備校で過ごして感じたことは、“浪人”することは悪いことではないということです。一般的にはマイナスのこととして捉えられがちですが、浪人をして今まで知らなかったことをたくさん知ることができましたし、苦手教科だったものも克服することができました。現役で大学にいけていたとしても、きっと私は恥ずかしい思いをしたに違いありません。ですから、浪人は絶対に悪いことばかりではないので、思いっきり浪人してほしいです。高予備の先生方は本当に親身になって指導してくださいます。私のチューターの先生は勉強以外の精神的な悩みも聞いてくださいました。質問や添削も分かりやすく説明してくださいます。勉強に集中できる環境が万全に整っている高予備で浪人することは、大きな自信になります。是非ともフル活用して勉強してほしいです。
 また、この一年は周囲の人々に支えられた一年でした。チューターの先生や他の先生方、友人たちは私が大変落ち込んでいるときに声をかけてくれたり、励ましてくれました。両親も遅くに帰宅する私の健康や体調を気にかけてくれて、食事などを整えてくれました。その他にも多くの人々にお世話になったことを忘れず、感謝の気持ちを持ち続けたいと思います。
 私は高予備で様々なことを学びました。それらが礎となってできた自信と強い意志を持って大学生活を過ごしていきます。
国分高校卒 大野 弘貴
大学受験科
国分高校卒 大野 弘貴さん
●広島大学 理学部 数学科●関西学院大学 理工学部 数理科学科●福岡大学 理学部 応用数学科 合格
 第一志望の大学の合格発表の中に自分の受験番号を見つけたときは本当に嬉しかったです。この一年の浪人生活はあっという間でとても充実したものでした。今振り返ってみると、現役で受験に失敗したとき、「なぜ自分はこれだけやったのに合格できないのか。自分は落ちこぼれなのかもしれない。そんな自分がもう一年頑張って合格できるのか。」と感じていたので、大きな不安を抱いたままの浪人生活のスタートでした。この一年の生活の中で意識していたのは、予習→授業→復習のサイクルの徹底と分からないことがあったら質問に行くことの二点です。これによって現役のときに中途半端な理解だった基礎知識の理解・定着が進み、勉強法のよりよい改善をすることができました。加えて、私を合格へ導いてくれたのは「添削」です。二次試験で大きな配点を占める英語と数学で添削指導を行なっていただきました。特に数学は重要だったので、ほぼ毎日添削をお願いしました。このことが二次試験の得点アップにつながりました。数学の福岡先生と英語の池田先生には改めて感謝申し上げます。
 その他にも、高等予備校には分かりやすい授業、プロの講師の方々、自習室など、みなさんが第一志望合格を目指すにあたり必要なものが全て揃っています。ですので、この環境のもと頑張ってほしいと思います。
 最後に、チューターの末吉先生をはじめ、お世話になった先生方、応援して下さった全ての方に感謝しています。本当にありがとうございました。
鶴丸高校卒 川畑 聖矢
大学受験科
鶴丸高校卒 川畑 聖矢さん
●広島大学 薬学部 薬科学科 合格
 昨年の三月、受験した大学のどちらにも自分の受験番号はなかった。高校一年の時から目標としていた大学だっただけにその悲しみはもはや絶望へと変わっていった。
 さて浪人してもう一年頑張ろうと思い、この高予備を選んではみたが、入学式があるその日まで自分のモチベーションは最下点であった。自分は浪人しているんだ。その事を思う度に心に暗い影がよぎった。
 だが、その暗い影も入学式と共に消える事となる。高予備の授業を受けて一番最初に湧き出た感情は奇妙な驚き。現役時代と学ぶ事は何ら変わりないのだから授業で得た知識に驚きなど無いはずだった。でも実際は違った。学んだはずの知識が未知の知識として吸収される奇妙な感覚。それはまさしく現役の時には感じたことの無い新鮮な驚きであった。さらに、自分の学んだ知識が全統模試、大学別模試で反映されていくのがそれこそ手に取るように分かった。元々、二次の方が得意ではあったが、不得意な英語も得意な数学も二次対策において現役の時とは比べ物にならない程の成長を見せていた。
 順風満帆に試験対策が進むと淡い期待を抱いた矢先、今度は別の壁にぶつかってしまう。そうセンター試験だ。センターの模試は一向に成長を見せない。それどころか昨年よりも点数が下がっていくばかりだった。だが高予備のセンター対策授業で変わることが出来た。昨年は曖昧に済ませていた問題が今年は根拠をもって解答できる。それが非常に嬉しかった。高予備での授業に感謝する他に無い。
 自己採点の結果は、現役でも出したことの無い自己最高得点であった。
 二転、三転と変わった第一志望だったが高予備の先生方は二次の時まで親身になって教えて下さった。二次はとても緊張したが高予備での一年を信じて自分の実力を発揮出来た。
 自分の受験番号を見た時は感謝と感動で一杯だった。一年間本当に有り難うございました。
新居浜西高校卒 川村 愛香
大学受験科
新居浜西高校卒 川村 愛香さん
●県立広島大学 生命環境学部 生命科学科●松山大学 薬学部 医療薬学科 合格
 三月八日、掲示板で昨年はなかった、自分の受験番号がしっかりと載っていました。抑えきれない喜びと、安堵感。浪人生活が終わりを告げた瞬間でした。
 受験に失敗した一年前。地元である愛媛県に予備校がなかった私は、予備校探しに苦戦しました。愛媛に限りなく近い予備校を選ぶか、生まれ故郷である鹿児島の予備校を選ぶか。迷いに迷い、一年間は愛媛に帰ることなく受験勉強に没頭しようと腹をくくり、ここ鹿児島高等予備校にお世話になることに決めました。友達もいない、土地勘もほぼない、そんな状態だったので、予備校の先生方は私の心の支えでした。質問に行くと、どんなに小さなことでも丁寧に答えてくださったため、毎日のように講師室に通いました。誰よりも講師室に通った自信があります。そのような毎日の小さな積み重ねが合格に繋がりました。
 合格を勝ち取った今、ようやく新たなスタートラインに立つことができました。一年間を振り返り、一言でまとめると、「充実」していました。しかし、この「充実」には、受験勉強の楽しさ、苦しさ、全てが含まれています。決して楽な道ではなく、同じ毎日の繰り返しに息が詰まりそうにもなりました。思い通りに成績が伸びず、「愛媛に帰りたい」と泣きながら電話したこともありました。でも、合格した今だからこそ、「充実していた」と胸を張って言えます。ここで過ごした一年間を糧に、これからも精進します。わざわざ遠い鹿児島の地で浪人を許してくれた家族、ここで出会った仲間、先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。たくさんの支えに感謝し、新たな地でも頑張ります。本当にありがとうございました。
加治木高校卒 西本 周平
大学受験科
加治木高校卒 西本 周平さん
●岡山大学 工学部 化学生命系学科●立命館大学 生命科学部 応用化学科●立命館大学 生命科学部 生物工学科 合格
 昨年、私は大学に全部落ちてこの高等予備校に入学することになりました。入学当初はあまりやる気が出ず、適当に勉強して一年後行ける大学に行けばいいやと考えていました。しかし、そんな中途半端な気持ちで成績が伸びるはずもなくどんどん下がっていき、このままでは本当に一年後に再び去年と同じことを繰り返してしまうと思いました。そんな時、私に勉強をするきっかけを与えてくれたのが同じ予備校で勉強をするライバルでもあり、仲間でもある友人でした。勉強をする中で互いにアドバイスをしたり、夜遅くまで自習室に残って勉強するように励まし合ったりしながら切磋琢磨し、最後まで自分で決めた一定の生活リズムの中で、やる気を保ったまま受験を戦い続けることができました。合格できたのは互いに良い影響を与え合える友人がいたおかげだと思います。
 高予備の授業は大きく分けると基礎シリーズと完成シリーズに分けられています。基礎シリーズでの圧倒的な基礎の徹底が、後の応用問題への対応力を必ず養ってくれます。さらに、高予備はあまり縛りが少なく常に自分で考えて勉強し、自分に今足りないものは何なのか自分自身で分析し、自分の学習状況を自然と管理できるようになることが成績の大きな上昇につながっていると思います。この一年は苦しい時も多くありましたが、今までの人生の中で最も有意義な一年でした。
出水中央高校卒 宮永 拓朗
大学受験科
出水中央高校卒 宮永 拓朗さん
●愛媛大学 法文学部夜間主コース 人文社会学科●鹿児島県立短期大学 文学科 日本語日本文学専攻 合格
 高校生の時、私は受験に対してやる気があるかと聞かれたら、ありませんと答えたと思います。しかし、高校生の時はやる気が本当になかったと気付いたのは予備校に入ってからです。私は高校生の時、勉強について友達と真剣に会話したことがなかったと思います。それくらい、本当に勉強に対して何も知らなかったし、関心もありませんでした。私が予備校に入って驚いたことは、みんなの勉強への向き合い方です。この一年を通して、彼らのような勉強への向き合い方を少しでもできるようになったということが、私は一番うれしいです。
 また、私はこの一年の中で挫折しそうになったことがありましたが、その時に救ってくれた友達にとても感謝しています。予備校に入ってからできた友達とは、この一年の間に勉強を教えてもらったり、受験について話したり、いろいろ助け合うことができたと思います。また、悩みなどもたくさん話したと思います。どんな時でも話を聞いてくれたことも感謝したいです。
 この一年間の中で、学び、そして悩んだことは、これからの人生の中でとても役に立つと思います。この一年間を忘れずに、大学に行っても頑張っていきたいと思います。
神村学園高等部卒 新 健斗
大学受験科
神村学園高等部卒 新 健斗さん
●山口大学 理学部 数理科学科●福岡大学 理学部 応用数学科 合格
 一年という長い浪人生活を通して感じたことは、浪人生活は想像以上に辛いということです。僕は予備校に入るまで浪人生活を少し甘く考えていました。一年間、勉強するのだから成績は必然的に上がるだろうといった浮ついた気持ちで入校しました。
 前述した通り、かなりきつい日々を過ごしました。僕は社会が苦手でした。しかしセンター試験は国立大学を受ける以上、社会は必須なのでどうしようかと悩んでいましたが、予備校の先生と相談し地理から現代社会へ変更することに決めました。一から学び直すことはそう簡単ではありませんでした。四月から五月にかけてはまず何からすればよいのか、勉強法はどうすればよいかといった不安で一杯でした。先生とも相談し、何とか学習方針を決めました。僕の当時の予定では夏までに基礎を固める予定でした。現代社会という科目は政治、経済、倫理、環境問題といったことを広く浅く学ばなければなりません。このような特色のせいで基礎を固め終わったのは立秋頃でした。この頃は計画通りに間に合わなかったこともあり、かなり焦っていました。しかし模試を受けてみると、案外そこそこ良い点数でした。この調子でいけば大丈夫だろうと思っていました。
 光陰矢の如しというようにあっという間にセンター試験を終えました。社会は緊張してしまったということもあり八割近くの得点しか取ることができませんでした。しかし苦手科目にしては健闘したのではないかと感じました。僕が受けた山口大学のセンター試験のボーダーラインに対して総合得点は数パーセント上でしたので、安心して二次試験を受け、無事に合格できました。
 晴れて大学生活を迎えることができたのも、ひとえに家族と先生のおかげです。浪人生活の辛さと引き換えに大学生活を手に入れて、本当によかったです。
樟南高校卒 岩下 雅志
大学受験科
樟南高校卒 岩下 雅志さん
●下関市立大学 経済学部 経済学科 合格
 現役時代、そこそこの成績は取れていたのでどこかしらの大学には受かるだろうと安易な気持ちで受験に臨んだ結果、ことごとく不合格になってしまい一校も合格することができなかった。その失意の中、やむを得ずこの鹿児島高等予備校に通うこととなった。当時の私は浪人するということに激しい嫌悪感を抱いていた。高校時代に現役合格することが当たり前だと言われ続けてきたからだ。しかし、その考えは予備校に通うにつれて次第に変わっていった。様々な高校から集まった人々と言葉を交わしていく中、自分が想像していた以上の人々がそれぞれの将来のために浪人という選択を自ら選んでいるということを知った。平たく言うなれば視野が広がったのだ。現役時代の私は高校という狭い世界にとらわれていた。だが、予備校に通うことで自分の知らない様々な世界に触れることができた。
 同級生たちが大学に進学している中、立ち止まり浪人生活を送ることの辛さは確かにあった。一年遅れるという不安、成績が上がらないことによる焦燥感などに押し潰されそうになる日々もあった。しかし、周りに同じ境遇の人々がいたことで耐え忍ぶことができた。
 予備校は高校や大学と違い、履歴書に載るものではない。しかし、そこでしか得られないかけがえのない経験があると声を大にして言いたい。成績向上だけでなく自分の世界が広がったという意味でも、予備校に通ってよかったと胸を張って言える。
 一年間の努力で大学合格を果たせたことを本当にうれしく思う。浪人生活を支えてくれた両親や予備校の先生方には感謝してもしきれない。
川内高校卒 生駒 莉彩
大学受験科
川内高校卒 生駒 莉彩さん
●佐賀大学 医学部 看護学科合格
 昨年、受かるだろうと甘く考えていた後期の大学に落ちました。自分なりに我慢して勉強したと考えていたのでショックでした。浪人するなど一つも考えていなかったし、これからどうしようと思っていました。しかし、看護師になりたいという気持ちと海外留学を経験したかったので両親が浪人することを了承してくれました。浪人したことで改めて生活リズムの重要性と、自分が本当に看護学を学びたいということが分かりました。先生方に多くの質問をして、添削もして頂き本当にありがたかったです。予備校での友人は勉強漬けの毎日のリフレッシュにもなり、本当に良い人達で、たくさん支えられたと思います。高校時代の友人も声をかけてくれたり、手紙をくれたり励まされました。家族はいつも応援してくれて、高い金額を出してくれて感謝の気持ちでいっぱいです。これから大学で看護学を専攻します。多くの苦しいことや辛いこともあると思いますが、乗り越えて、今度は私が患者さんのサポートを温かくできるような看護師になりたいと思っています。この一年間で多くのことを学ぶことができて良かったです。
鹿児島実業高校卒 幸丸 うらら
大学受験科
鹿児島実業高校卒 幸丸 うららさん
●熊本大学 文学部 文学科●九州ルーテル学院大学 人文学部 人文学科 合格
 高校一年の時から憧れていた熊大文学部にこの春合格することができました。高予備での一年間で、私は二つの点が成長しました。
 一つ目は「記述力」です。高校の頃はただ漠然と解いているだけで、「これでいいのかな?」と思うことが多々ありました。高予備は個別指導が充実しているため、さっそく四月から添削指導をしていただきました。今年のセンターでは得意教科で失敗し、C判定を出してしまいました。しかし、この一年間でかなり記述力には自信が持てるようになっていたので、二次で逆転を目指しました。本番では手応えを感じ、「イケる!」と思いました。高予備で培った記述力を、最後まで信じ続けて本当によかったです。
 二つ目は「メンタル」です。私は模試の結果が悪いとすごく落ち込みます。また、試験で極度に緊張することがあります。昨年の二次では緊張で頭が真っ白になり、問題を読むことすらできませんでした。とにかくメンタルが弱かったのです。しかし、高予備では先生方がどんなに小さなことでも相談にのってくださいました。先生方の数々のアドバイスのおかげで、私は精神的にも成長することができたと思っています。素直に謙虚に学ぶ姿勢が身に付きました。
 私の記述力を格段に伸ばしてくださった宝亀先生、若井先生、池田先生。いつも熱心にアドバイスをし、メンタル面を支えてくださった田淵先生、増田先生。そして、私の成績に関して的確なアドバイスをし、笑顔で温かく見守ってくださったチューターの後迫先生。先生方のおかげで充実した一年を送れ、志望校にも合格することができました。そして、強くなることができました。感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございました!
川内高校卒 下舞 怜央
大学受験科
川内高校卒 下舞 怜央さん
●熊本大学 理学部 理学科 合格
 この一年間勉強してきて、決して無駄なことではなかったと実感しました。四月の初めの頃は、再び、あの三年間の苦しみを味わうのかと嫌気が差しましたが、予備校で授業を受ける内に、学習に対する意識が変わっていきました。苦手な教科が無くなるだけでなく、得意教科も増えたので、勉強に対する嫌な気持ちは無くなりました。このまま順調に進むと思っていましたが、人生やはり壁というものが立ちはだかります。模試で思うような点数が取れないときや得意教科が冴えない時期がありました。前の模試から百点近い点数が下がり、モチベーションが下がった時もあります。でもチューターの先生は悪くなった点数を見ても落胆せずに、毎年受かる人はこの傾向にあるよと嬉しそうに言いました。その当時、私は心配でたまらなかったので先生がおっしゃった言葉を疑いましたが、次の模試では下がる前の点数より上がり、オープン模試でも良い結果が出せたことから先生がお話したことは本当なんだと信じて、また勉強に励むようになりました。私はセンター試験で失敗をして、第一志望の大学を受けることはできませんでしたが、それでも昨年目指していた大学を受け、合格することができました。大成功とまではいきませんでしたが、私の中では成功です。この成功は私一人では達成することができませんでした。各教科の先生方、合格発表まで気にかけてくれたチューターの先生、共に勉強した友人達、そして毎日応援してくれた親など周りの人のおかげです。感謝を忘れません。この貴重な一年を私は忘れないと思います。
鶴丸高校卒 坂ノ上 凜音
大学受験科
鶴丸高校卒 坂ノ上 凜音さん
●熊本大学 医学部 保健学科 看護学専攻●熊本保健科学大学 保健科学部 看護学科 合格
 高予備や母校の先生方、両親、共に勉強に励んだ友人のおかげで第一志望校に合格することができました。喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。
 これから浪人する皆さんに、私の浪人した一年を通してのメッセージを残します。一年前、前期も後期も不合格となり、浪人することとなりました。現役の時、私は受験を甘く見ていたからです。心のどこかで何とかなるだろうという考えがありました。もし皆さんの中に、そのような考えが少しでもある人は捨ててください。高予備の授業を受けると基礎が抜け落ちていること、そして自分の圧倒的な勉強不足ということを突き付けられました。また、理系でありながら二次試験に国語が必要であるにも関わらず、私の現役のセンター試験の国語の得点率は5割ほどでした。はっきり言ってどん底のスタートでした。しかし復習に重きを置き、添削と質問をひたすら繰り返しました。その結果、センター試験の国語の得点率は八割、また全教科では現役の時より160点も上がりました。
 こんなことでも質問していいのかと恥ずかしがっていては、いつまでたってもステップアップできません。高予備の先生方なら、やさしくわかりやすく教えてくれます。勉強も大切ですが、食事と睡眠、程よい運動も質のよい勉強をするには必要です。大変ではありましたが、大きく飛躍することのできた楽しい一年であったと私は思います。
 皆さんが後悔することがなく、素晴らしい春を迎えられるように心から祈ります。頑張ってください。
武岡台高校卒 栫 康太
大学受験科
武岡台高校卒 栫 康太さん
●熊本県立大学 総合管理学部 総合管理学科●中央大学 経済学部 経済学科●西南学院大学 経済学部 国際経済学科 合格
 私は高校の夏まで部活や遊びのことしか頭になく、ほとんど勉強をせずに高校生活を送っていました。クラスでの順位もほとんどビリに近く、苦手な英語で赤点を取ることもしばしばありました。部活が終わってからは自分なりに勉強を始めましたが、思うように成績が上がらず大学に落ち、鹿児島高等予備校で浪人をすることを決めました。私は、基本的に受験勉強は予備校でして、家ではほとんどしていませんでした。その代わりに、一日一日自分ですべきことを決め、予備校にいる間にしっかりと済ませるようにしていました。 
 私は私立大学志望で国英社を中心に勉強しました。英語が苦手だったので特に集中的に勉強しました。授業の予習・復習を中心に、単語を覚えたり、サブテキストを使って文法に取り組んだり、また添削もお願いしていました。
 予備校での授業は分かりやすくしっかりと理解することができ、ただ暗記するだけとは違い、ちゃんと自分の力が付いているなと実感することができました。
 受験勉強が本当に嫌だった時期もありましたが、受験が終わり合格をもらった今は、最後まであきらめずに勉強を続けて本当によかったと思います。この一年間は自分の中で決して無駄な一年間ではなかったです。
加治木高校卒 久木田 和海
大学受験科
加治木高校卒 久木田 和海さん
●鹿児島大学 法文学部 法経社会学科 地域社会・経済コース 合格
 私は二年間浪人しました。一年目は自宅で、二年目は鹿児島高等予備校で浪人しました。そして、高予備の良さを実感しました。
 まずは蓄積されたノウハウについてです。何をどのくらいすれば良いのかという自分だけで勉強したときに抱いていた不安は、高予備に通うことですっかり無くなりました。そのノウハウによって自分のやるべき範囲が分かり、そしてそれに対する理解が深まったからです。これによって、合格への道筋がだんだんと自分で見えてくるようになりました。
 次に、規則的な勉強の習慣がつくところです。自宅で浪人していた頃は生活が不規則になりがちでしたが、高予備では始業前のめざましテストや90分×5コマの授業、そして空いた時間を好きに自習できる環境があり、勉強時間を規則的に、十分にとることができました。また、これらによって入試本番の長い時間を集中する体力もつきました。
 今、高予備に興味を持っている、または高予備で勉強している皆さんは、合格に一番適した選択をされていると思います。
 私は合格することができた今、支えてくれた家族や、親身になって教えてくださった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
甲南高校卒 村井 敦
大学受験科
甲南高校卒 村井 敦さん
●鹿児島大学 法文学部 法経社会学科 地域社会・経済コース 合格
 昨年、第一志望に落ち、絶望していたあの日からもう一年が経とうとしています。高予備での一年は辛く苦しいものでしたが、僕にとって人生の糧となる大切な時間だったと感じています。高予備にお世話になることになってから、いかに現役時の勉強が甘かったかを痛感させられました。英文法、古典文法、数学の公式などには、自分の知らない切り口が幾つもありました。基礎的内容を多角的な方向で学習していくうちに、基礎的内容の理解が深まり、更に応用を利かせて難問を解く手がかりとして利用することもできるようになりました。しかし、半年ぐらい経ち、生活に慣れてくると受験に失敗した時の気持ちも薄れ、モチベーションを維持することが難しくなりました。ですが、合格を手にするまでは大学生になれなかったという挫折感は完全に消えてはくれません。この一年間は今までの人生の中で最もきついものでした。しかし、家族や友人に励まされ、先生たちの熱心な指導を受け、今年合格を勝ち取ることができました。
 そして、僕に浪人という選択をさせてくれた両親に一番感謝したいと思います。僕は特に何も考えず気楽に浪人という選択をしてしまいましたが、一年間の授業料や教材費を見た時、自分がどれだけ親に迷惑をかけているのかを実感させられました。それからの日々は、毎日限界まで力を出しきって勉強するように心掛けてきました。きつくて休みたくなったり遊びたくなる時が何度もあったけど、浪人を決めた時の、一年間は努力を惜しまないという強い意志を思い出して勉強に励みました。その努力が合格に結びついたと思います。
 最後に、常に生徒のことを第一に考え適切に指導してくれた先生方と、時には自分以上に悩みながらもこの一年間様々なサポートをしてくれた家族に心から感謝しています。
甲南高校卒 湊 かおり
大学受験科
甲南高校卒 湊 かおりさん
●鹿児島大学 教育学部 学校教育教員養成課程 初等教育コース●西南学院大学 人間科学部 児童教育学科●鹿児島国際大学 社会福祉学部 児童学科 合格
 この一年間、私は諦めない心を持つことを学びました。去年の春、不合格の通知をもらった時、あと一年覚悟を決めて浪人すると両親に伝えました。それから一年、本当にあっという間に過ぎました。
 高予備での授業は、先生方の熱い教えのおかげで楽しく学ぶことができました。先生方の一つ一つ丁寧な教えのおかげで分かったと実感することが増え、勉強にあまり抵抗を感じなくなりました。模試で納得のいく点数が取れず伸び悩んだときも、面談を通して、授業を通して、「最後までやりとげる心」「諦めない心」「目の前のことを一生懸命する心」を学びました。そのおかげで、模試の結果はA判定をもらうようになり、センター試験では過去最高の得点を取ることができました。
 そして、私は常に感謝の気持ちを忘れない心を持つことも学びました。自分に負けそうになったときに励ましてくれた福屋先生、試験前に応援のLINEをくれた友人、そして何より浪人を許し、毎日支えてくれた家族にありがとうと伝えたいです。本当にありがとう。
 これから浪人生活を送るみなさん。この一年で多くのことを学ぶことができ、さらに成長させてくれるこの高予備で精一杯取り組んでみてください。第一志望校合格というこだわりを常に持ち、決して諦めない心を持てば、きっと合格できます。
 最後に、小学生の頃から夢見ていた、子供たちの将来をサポートできる教員になれるように大学四年間、高予備で学んだことを活かして頑張ります。
 一年間、本当にありがとうございました。
開陽高校卒 久田 彩
大学受験科
開陽高校卒 久田 彩さん
●鹿児島大学 教育学部 学校教育教員養成課程 中等教育コース‐英語●志學館大学 人間関係学部 人間文化学科 合格
 今年第一志望に合格できて嬉しい気持ちでいっぱいです。辛い時や不安な時に、高予備の先生方や友達や家族、高校の先生方が支えてくれたので私は最後まで全力でがんばることができました。
 一年前、私は希望していた鹿児島大学教育学部‐英語を不合格になりました。不登校で学校に行かず、ほぼ全教科基礎的な知識の無かった私にとってそれは当然のことでした。だから、浪人生としての一年間は自分の人生を取り戻す覚悟で勉強しました。
 高予備生としての最初の時期は、毎日が不安でした。みんながスラスラ解ける簡単な問題でさえも私には理解できなかったからです。
 でも、鹿児島高等予備校の先生方の説明はとても丁寧で分かりやすかったです。だから授業さえ真面目に受ければ、とりあえず基礎は何とかなると思いました。予習復習と合わせて、授業で学ぶことを100%吸収するつもりで出席していました。
 自分の成績が上がっていくのを実感するのは嬉しかったです。
 この一年間を振り返ると勉強していたことぐらいしか思い出せません。正直、勉強ばっかりして、成績のことで悩んだり、不安になったりする毎日はきつかったです。でも、自分の叶えたい夢のために必死にもがく日々は充実していたし、幸せだったと思っています。なぜなら、夢のために必死になれるチャンスって当たり前じゃないと思うからです。
 私にチャンスを与えてくれたお母さんに感謝しています。
 辛い時もあったけど、私は最後までがんばりました。そして、今年、鹿児島大学教育学部‐英語に合格できました。
 私を支えてくれた全ての人に感謝しています。ありがとうございました。
加治木高校卒 登立 翔也
大学受験科
加治木高校卒 登立 翔也さん
●鹿児島大学 理学部 地球環境科学科 合格
 私は、現役の三年間、数学と英語を疎かにしてしまった結果、センター試験で全く点数が取れず、浪人が決定しました。目標としていた鹿児島大学はセンター試験を重視する大学だったので、二次での逆転は不可能でした。どうしても鹿児島大学に通いたかったので、浪人することを決意し、鹿児島高等予備校に入学しました。
 私は授業が始まるまでの三月と四月の間に、少しでも暗記科目を進めておこうと考え、理科と地歴、英単語の勉強に取り掛かりました。この期間していたことは授業が始まってからの予習に非常に役に立ちました。浪人が決まったら、すぐに勉強に取り掛かることをお勧めします。
 次に、個別に指導していただける添削を、センター試験までは国語・数学・英語、二次試験までは英語・生物とお願いしました。苦手な分野を潰していくのに効果的だったので、日々の学習のプラスαとして役立ちました。
 そして、毎日の授業の予習と復習は欠かさずやっていました。高予備は河合塾と提携しており、テキストさえやっていればほぼ合格間違いなしと思えるほど素晴らしいテキストなので、参考書などよりも、まずはテキストから潰していく方がよいと思います。
 最後に、この一年間、優しく、時には厳しく支えて下さった予備校の先生方、いつも傍で支えてくれた両親や友人に感謝し、大学に入学してからの四年間を大切に過ごしていきたいと思います。本当にありがとうございました。
鹿児島南高校卒 仮屋 翔平
大学受験科
鹿児島南高校卒 仮屋 翔平さん
●鹿児島大学 工学部 建築学科 合格
 浪人の一年が始まる前、私はその年の受験で不合格になったことからうまく切り換えることができなかった。周りの友達はそれぞれ大学で新しい生活をスタートさせ、自分はひとり取り残されたとばかり考え、気持ちは沈んでいた。鹿児島高等予備校に入学する前、パンフレットの合格体験記を読んだ。それには、去年高予備から大学に合格した先輩たちの声が書かれていて、どの人も「浪人の一年は遠回りなんかじゃない。」「人として成長できた。」「浪人してよかった!」と書いていた。当時の自分は「ただの予備校の宣伝だろ。浪人がそんな有意義なもののはずがない。」とその言葉を否定していた。しかし、実際に浪人生活がスタートし、高予備の先生の話を聞いたり、友達、先輩と話したりしているうちに徐々に浪人してよかったと思うようになっていった。そして、浪人の一年が終わった今、心から浪人してよかったと思っている。行きたい大学に合格したからだけでなく、人間として成長できたし、メンタルも強くなった。この一年で得た力は、大学で必ず自分の武器になるし、大学で頑張る原動力になると思う。一年前の私と同じように「浪人は遠回りだ。」と考えている人も、一年後には「浪人は実は近道だったんだ。」と思っているはずである。
武岡台高校卒 外薗 森琉
大学受験科
武岡台高校卒 外薗 森琉さん
●鹿児島大学 工学部 情報生体システム工学科 合格
 私は浪人生活に入って、人生で初めて、勉強に自分では考えられないほど熱心に取り組みました。現役の頃、大学受験は高校受験の時みたいに何とかなるだろうと考えていました。しかし、不合格となり親と交渉した結果、就職ではなく、浪人をしてあと一年頑張るという選択をしました。浪人生活が始まり最初の頃はあと一年あればと安易な考えでいましたが、模試で良い判定を貰っていながら夏に焦りを感じました。そのため、それからは本気で取り組むようになりました。
 そして、センター試験本番を迎え、私には滑り止めの大学が無かったため、とても緊張しました。一限目は緊張により全く頭が回りませんでした。一日目が終わって出来は全然良くありませんでしたが、二日目の自信のある理系科目で取り返そうと思っていました。しかし、二日目も思っていたより出来なくて、家に帰り自己採点をしました。その結果は最後の一カ月の調整での成績から考えていた点数より低かったけど、第一志望は大丈夫だろうという点数で少しほっとしました。
 二次試験を終え、手応えがとてもあり、解答速報を見て安心していましたが、それでもやはり合格発表があるまでは緊張しました。
 自分の番号を見つけ、初めてとてもほっとしました。一年間支えてくれた友達や先生方にも報告をして「おめでとう」という言葉を貰い改めて合格という喜びを心から実感することが出来たのと同時に、良い人達に恵まれているなと思いました。この一年間の経験をこれからの人生に活かしていきたいと思います。
鹿児島中央高校卒 福元 小夏
大学受験科
鹿児島中央高校卒 福元 小夏さん
●鹿児島大学 農学部 農業生産科学科 合格
 一年間の努力が報われて第一志望に合格することができ、今はとても安心しています。
 初めの頃は去年とは違う自分になるため、どのように勉強をすればよいのだろうと勉強法を模索する日々でした。しかし、予習・復習のサイクルを確立させることで自分の弱点を見つけることができ、どこを強化していけばよいかが分かるようになっていきました。また、苦手な教科や二次試験で必要な科目は添削を行うことで、授業で習ったことの応用を使う機会が得られるので、自分の実力アップにつながったと思います。現役時代、私は分からないことをそのままにしてしまっていました。しかし、分からないことがあればいつでもすぐに質問に行くことができ、どんな小さなことでも分かりやすく丁寧に指導してくださる先生方のおかげで、苦手な教科や分野と向き合うことができました。
 高等予備校に通い、勉強をしてきた一年間でつらいなと思う日々もありましたが、大学に行くことを諦めずにやってきてよかったです。勉強に対する考えも改めることができ、充実していたと思います。
 最後に、今の私があるのは一年間指導してくださった先生方、応援してくれた友達、そして、何より浪人を許してくれ、支えてくれた両親には本当に感謝しています。これからも高等予備校で学んだことを忘れずに大学生活を頑張っていきたいと思います。
鶴丸高校卒 松浦 竜道
大学受験科
鶴丸高校卒 松浦 竜道さん
●鹿児島大学 共同獣医学部 獣医学科 合格
 「ない…」
 約一年前、自分の番号がありませんでした。このことは、想像以上の恐怖でした。それまでの模試も受かる可能性がある成績だったので、実際に得点開示をして、あと1.2点足りなかったことを知ったときは今まで生きてきた中で一番悔しかったです。
 合格最低点まであと1.2点足らず、結果不合格。これは数字で見たら惜しいと思いますが、逆にここまできて及ばなかったのは、実生活、姿勢、努力、こういったものが圧倒的に足りなかったから。これに尽きます。せっかくもう一年受験勉強するなら足りなかったと思えることを満たしていく、そんな一年にしよう、そう思いました。
 現役のとき一番足りなかったもの、それは「センターへの姿勢」です。獣医はセンター対二次の得点割合が5対2で、センターでほぼ決まるとわかっていながら、現役時はセンターをおろそかにしました。特に、センター国語は全体で8割5分必要なのに120点。全く足りていません。ならば、今年一年はセンターを解きまくろう。そう決めてからは予備校の授業で基礎を固めながら、自分で買ったセンター教材を四月のうちから解きまくりました。授業でのセンター対策も、センターの添削も、全てものにしようと思って臨みました。
 センター、センター、とにかくセンター。気づいたらマーク模試ではA判定しか出なくなりました。そして、本番。しっかり取りきって、センター・リサーチでA判定が出ました。
 そして、「ある…」
 自分の番号がありました。嬉しくて嬉しくて涙が止まりませんでした。本当に本当に嬉しかったです。
 浪人して成功する人は足りていないものをわかっている人だと思います。自分の足りていないものを意識して満たし続けられると、自ずと合格が近づいてくるのだと思います。
武岡台高校卒 岸川 駿
大学受験科
武岡台高校卒 岸川 駿さん
●青山学院大学 経営学部 経営学科●駒澤大学 経済学部 経済学科 合格
 現役の時、落ちてすぐ浪人を決めました。自分の高校は浪人する人が少ないのですが、浪人をして正解でした。浪人時代は授業の予習・復習を第一に考えて、それが終わってもそれ以外の勉強をするように意識していました。授業の予習・復習はほとんどの人がしていることなので、それ以外の勉強もしないと周りと差がつかないと思ったからです。
 自分の中で浪人が成功した鍵は、現役時の勉強法と違うやり方で勉強したことだと思っています。勉強をしても成績が伸びないのは勉強法が間違っているからだと思います。現役の時は睡眠時間も毎日バラバラでただ勉強していただけでした。しかし、浪人の時は午前中にする科目、午後にする科目、さらに科目の中で単語を覚える時間帯や過去問を解く時間など細かく分けて勉強していました。そうすることで、しっかりと集中できて質も高く量も多い勉強を一年間続けることができました。
 浪人は一年間を通して、勉強以外にも色々学ぶことができました。色々な人にサポートしてもらった一年間だったのでそういう人達に対して感謝の気持ちを忘れずに、よく「大学受験はただの通過点」と言われているので、この一年間で学んだことを今後の生活に活かしていければいいなと思います。
加治木高校卒 末吉 弘卓
大学受験科
加治木高校卒 末吉 弘卓さん
●広島大学 経済学部 経済学科●立命館大学 経済学部 経済学科 経済専攻●立命館大学 経済学部 経済学科 国際専攻●立命館大学 経営学部 経営学科 合格
 僕は現役のときと同じ大学を受け、無事リベンジすることができました。試験後から合格発表までの約二週間の気持ちの有り様は昨年とは違い、非常に落ちついており、自信に満ちていました。この一年で培ったものは自分が思っていた以上に大きかったようです。この実力を養うことができたのは高予備があったからだと今では切に感じています。
 高予備には常勤の先生方が多数いらっしゃったので、一対一での添削指導を毎日受けることができました。授業では発見できなかった細かい点や分かったつもりになっていた落とし穴を見つけることができ、学力向上に繋げることができました。これは高予備の強みだと感じました。しかしこれ以上に学力向上の上で助けとなったのは「基礎の徹底」です。高予備では夏までに基礎を仕上げ、秋からはそれらを元に応用問題を解くというスタイルでした。現役のとき学力が伸びなかったのは、基礎はできていると過信していたためであったということを強く思い知らされました。それほどに高予備での基礎学習は徹底したものであり、またそれにより、学力を高めるための真の土台を作り上げることができました。実際に僕は英語が非常に苦手でセンターの過去問の点数は5~6割程度でしたが、英語の基礎である文法を徹底したことで、以前は5割得点できれば良い方だった大問2が得意となり秋には毎回9割弱取れるようになりました。その結果、総点も7~8割で安定するようになりました。
 高予備で過ごしたこの一年は、自分にとって非常に価値のあるものだったと今では感じています。支えてくださった先生方、家族や友人に感謝して、春からの新生活をスタートしようと思います。
甲南高校卒 前田 泰孝
大学受験科
甲南高校卒 前田 泰孝さん
●名古屋大学 理学部●同志社大学 理工学部 数理システム学科 合格
 昨年は基礎力の不足や計算ミスなどもったいない失点が重なり、第一志望の名古屋大学理学部だけでなく、滑り止めの熊本大学理学部にも落ちてしまいました。浪人せざるを得ず、親に多大な迷惑をかけることとなってしまいましたが、二度と学力の不足なんかで親に迷惑をかけるわけにはいかないという気持ちで勉強を始めました。
 高予備の先生方の授業は質が高く、今まで理解に苦しんでいたところもすぐに理解できました。また、「数学の授業の予習では一問も計算ミスをしない」など目的意識を持って予習したり、怪しいところは徹底的に復習したりして授業の効果を上げるように努めました。国語と英語は添削指導をしていただき、誤った解釈をしていないか、独りよがりな記述になっていないかなどを確認し、得点力の向上にも努めました。こうしているうちに成績は次第に良くなり、自信もつきました。
 ところが本番では国語以外上手くいった教科が無く、もしかしたら落ちるかもしれないと思うほどでした。しかし、私がこうして合格できたのは、日頃から予習・授業・復習のサイクルを遂行することで得られた、やった問題が次も必ず解けるというような確かな得点力があったからだと思います。
 滑り止めにすら落ちた私を一年間浪人させてくれた両親、徹底的に指導してくださった先生方、受付の方々、校舎の清掃をしてくださった方々など、多くの方の協力のおかげで合格することができ、本当に感謝しています。
 さて、今から浪人生活をする受験生へ。私がしてきたのは予習・授業・復習と本当に単純なことですが、それで成績は上がりました。そして、それを遂行できるよう時間割には余裕があります。一年というのは長いもので、時々やる気を失うかもしれませんが、向上心を保ち続け、合格を勝ち取ってください。
鶴丸高校卒 内野 晴美
大学受験科
鶴丸高校卒 内野 晴美さん
●鹿児島大学 医学部 医学科 合格
 念願だった医学部医学科に合格することができた今、浪人して良かったと心から思います。どうして合格することができたのか、それはもちろん丁寧に指導してくださった先生方のおかげではありますが、浪人生活にあたって自分なりに意識したことを三つ紹介しようと思います。
 一つ目は、授業をしっかり受けることです。九十分の授業は集中し続けるだけでもなかなかきついですが、大事なことをたくさん教えてもらえる授業を大切にすることが力を付けるための一番の近道だと思います。
 二つ目は、苦手な科目と向き合うことです。特に自信のなかった数学は、質より量だと開き直ってたくさん問題を解きました。すると、最初はわからなかった問題でも二回、三回と繰り返すうちに不思議と理解できるようになりました。苦手な科目は嫌で取っ付きにくいとは思いますが、できるだけ早く真剣に取り組むことをおすすめします。
 三つ目は、自分と向き合うことです。本番で力を発揮するためには、一年間頑張り続けなければなりません。そのためには、自分を自分でマネジメントすることが大切だと思います。それにはまず、自分の短所を自覚することが重要です。学習計画から体調管理まで、自分を上手にコントロールするために、しっかりと自分を見つめ直してみてください。
 さて、最後になりましたが、もう一度頑張る機会を与えてくれた両親、辛いときに支えてくれた友人、丁寧に熱心に指導してくださった先生方、そして応援してくださった全ての方々に心からの感謝を申し上げて、結びとさせていただきます。
鹿児島玉龍高校卒 奥 智佳
現役塾
鹿児島玉龍高校卒 奥 智佳さん
筑波大学 人文文化学部 日本語・日本文化学科 合格
 ずっと行きたかった第一志望校に合格できたことが本当に嬉しいです。この合格を勝ち得たのは学校はもとより、現役塾の先生方のわかりやすい授業の賜物だと思います。特に添削や二次対策では、それまで知らなかった英語の解き方や国語の答案の書き方を指導していただき、二次試験で挽回することができました。私を合格に導いてくださった先生方、ありがとうございました。

鹿児島実業高校卒 松元 陽登
現役塾
鹿児島実業高校卒 松元 陽登さん
熊本大学 理学部 理学科 合格
 今こうして自分が合格体験記を書いていることが正直信じられないです。この塾に入ったのは1年の10月でした。自習室の学習環境の良さや先生方の丁寧な質問対応に魅力を感じました。他校の生徒たちがいることですごく刺激を受け、学習に専念することができました。現役塾の先生方や事務の皆さんありがとうございました。
志學館高等部卒 榎園 遥
現役塾
志學館高等部卒 榎園 遥さん
鹿児島大学 法文学部 人文学科 合格
 大学受験に向けて何かしなくてはと消極的でしたが、高2の冬期講習から現役塾に通い始めました。1対1の個別指導が苦手だった私には、授業形式が最大の魅力でした。先生方からは基礎から試験に出るポイントまでとことん教えてもらいました。また、出校時や帰宅時に事務室で挨拶するのは当然ですが、先生や事務の方といろんな話をすることが、受験期のわたしには癒しになりました。自習室もほぼ毎日利用していました。わたしの合格は本当にこの塾のおかげです。
鶴丸高校卒 永山 妃花梨
現役塾
鶴丸高校卒 永山 妃花梨さん
九州大学 経済学部 経済経営学科 合格
 2年間、現役塾でお世話になりました。高校に入ってだんだんと分からないことが増えてきたので、何とかしなければと思い入塾しました。講義を受けることによって次第にレベルも上がっていき、学校で身につけた知識の補充以上のものが得られたと思います。二次対策では、教科ごとに先生たちが親身になって指導してくださり、これが合格に繋がったと実感しています。
ラ・サール高校卒 井上 雄大
現役塾
ラ・サール高校卒 井上 雄大さん
鹿児島大学 医学部 医学科 合格
 この度、鹿大医学部医学科に合格することができました。高3の夏から現役塾に通い始め、先生方の質の高い授業を受けることにより、日々の学習がそれまで以上に充実していきました。また、添削も快く引き受けて下さり、学校ではなかなかできない答案の書き方などを指導してもらい、最適の環境で学習することができました。その結果で今の自分があると思います。この塾で真面目に真剣に努力すれば、合格は間違いないと思います。苦しいときや辛いときがあるかもしれませんが、最後の最後まで諦めることなく頑張ってください。これまでご指導して下さった先生方、本当にありがとうございました。
鹿児島中央高校卒 新留 章弘
現役塾
鹿児島中央高校卒 新留 章弘さん
宮崎大学 工学部 機械システム工学科 合格
 高校三年の夏から、この鹿児島高等予備校現役塾で勉強しました。11月の三者面談で先生から「このままだとどこも国公立大学には行けない」と言われて、それから3ヶ月間、必死に勉強して何とか国公立大学に行くことができました。残り3ヶ月でも、最後まで諦めずに高校とこの現役塾で努力を積んできたからこそ掴めた合格だったと思います。大変でしたが、あっという間の受験でした。