合格者の声voice

大学受験科

川畑 璃紗さん(鶴丸高校卒)
大学受験科
川畑 璃紗さん(鶴丸高校卒)さん
東京大学/文三合格
「一年間死ぬ気で頑張って来年こそは絶対に合格してみせる」と心に誓って高予備に入学したあの日から一年、無事第一志望の大学に合格することができました。一年間やっていけるか、成績は伸びるだろうか、といった不安もありましたが、素晴らしい先生方や仲間に恵まれて本当に充実した一年間を過ごせたと思います。
 高予備に入ってまず感じたのは、基本の大切さでした。今まで国語や英語はフィーリングで解いている部分がありました。しかし古典文法や英文法などを一からやり直すと、自分にはこんなにも穴があったんだなと気づかされ、土台からやり直したことで点数のブレも少なくなりました。苦手意識を持っていた数学も、基礎シリーズのテキストを何度も解き直したことで難問にも対応できるようになっていきました。
 また、先生方には手厚く指導していただきました。添削指導を通して自分の弱点や癖を見つけたり、上手な解答の作り方を学んだりすることができました。なかなか思うように成績が伸びない時も親身になって相談に乗ってくださり、精神的にも非常に支えていただきました。
 そして何より、家族には本当に感謝しています。母は毎日2食分のお弁当を作って毎朝笑顔で私を見送ってくれました。心が折れそうなときも家族に励まされて乗り越えることができました。これからの大学生活でも大変なことがたくさんあると思いますが、周りへの感謝の気持ちを忘れずに前向きに頑張って行きたいです。
 本当にありがとうございました。
國生 啓佑君(鶴丸高校卒)
大学受験科
國生 啓佑君(鶴丸高校卒)さん
東京大学/文一,早稲田大学/法学部,中央大学/法学部 法律学科合格
 なぜ僕が大学に受かったのか主に5点にまとめて話したいと思う。
1「試験終了まで自分の東大合格を信じ続けた。」現役生と違い浪人生という立場から後がなくプレッシャーを感じるのは当然のことだ。しかし、私は自分の苦手分野等を冷静に分析したり高予備の先生方に指摘してもらったりしながら淡々と自信と実力を高めていきそのプレッシャーに打ち勝ったことが何よりも大きかったと考える。
2「周りを気にしなかった。」確かに周囲を見渡してやる気を高めるのは有効だが、あまりに気にすると自分の行う勉強に自信が持てなくなり不安感が勝り学習の能率が大いに下がる。だから私は先生、自分、友人と相談してやるべきことを決めたら、自習室では他者の机上の物は一切見ずにその課題を自信を持って続けた。
3「高予備での自習中の集中力が高かった。」私は朝から夜10時まで自習室を利用したが、高予備にいるときは誰よりも集中することを一年間目標に掲げ続けた。その代わり家では睡眠を最低6時間はとりゆっくり休んでバランスをとった。
4「勉強量が多かった。」1と3の前提のもとで、確かに勉強は量より質であるのは否定しようがない。しかし勉強量を確保するのは大いに受験会場で武器になる。本当の天才は何千人に数名しかおらず、浪人生の大半は多くの勉強をした末に合格するのが通例であり、周りに勉強を全くしないような人がいても気にせず、あいつは本番で失敗するだろうなぐらいに思って安心して長時間の勉強をしたのが本番で役立った。
5「高予備の授業を大切にした。」
以上の5つ意外にも合格の要因はあると思うが、ここで私が伝えたいことは、私が受かるべくして受かったということである。皆さんも、私のように受ける理由をできる限り生み出す一年にして、第一志望合格を果たすことを願ってやみません。
濵﨑 貴介君(鶴丸高校卒)
大学受験科
濵﨑 貴介君(鶴丸高校卒)さん
東京大学/理二,慶應義塾大学/薬学部 薬学科合格
 「東大に行きたい」と思ったのは高校2年の冬だった。
理由は2つあって、一つめは入学後の成績しだいで文転や理転も可能だという進学振り分け制度に魅力を感じたことだ。まだ行きたい学部が決まっていない僕にとっては、入学後に学部を決められるというその制度は非常に魅力的だった。
二つめは本気で野球がしたいと思ったことだ。高3の部活が終わってからは、その思いはさらに強まった。
 しかし現役生の時、東大は不合格だった。明らかに実力不足だった。それからすぐに高等予備校に入学し、浪人生活が始まった。浪人の間は、1年頑張っても受かる保証はないという不安に駆られることが多々あったが、「東大に行きたい」という思いが揺らぐことは一度もなかった。そして1年を経て、東大に合格することができた。
 合格して今僕が思うことは、強い思いを持って努力を続ければその思いはいつか実現する、ということだ。つらい浪人生活も支えてくれる家族がいて、同じ境遇の仲間がいて応援してくださる先生方がいて、そして自分の強い思いがあって乗り越えられたのだと確信している。今の自分が形作られる上で関わった全ての人に感謝するとともに、これからも自分の中にある強い思いを大事にしていこうと思った。
大小田 直史君(ラ・サール高校卒)
大学受験科
大小田 直史君(ラ・サール高校卒)さん
東京大学/理Ⅱ合格
 入試が終わった今、今年を振り返ってみるとあっという間の1年だったが、入試前は早くこのプレッシャーから解放されたく、とても時間が長く感じられた。そして、入試が終わった今、浪人して良かったと思う。というのは、今年1年間は勉強だけでなく、色々なことを考える時間を与えてくれたからだ。たとえば自分の将来や自分は本当に東大に行きたいのかということや、お金を出してくれる親のありがたみなど高校生の時には忙しく、考える時間もなかったことを色々と考え、精神的に成長することができたと思う。
 学習面の成長で言えば、センター試験の点数は下がってしまったが、東大の二次試験の得点は7,80点はあがった。この成長は河合塾の良質なテキストを使って、先生達が分かりやすく教えてくれたのが大きいと思う
自分はほとんど他の参考書を使わず、添削と授業と過去問しかしなかったが、それでも伸びたのでそれがベストな勉強だとは個人的に思う。先生達や友達と話すことによって精神を落ち着けることができたのも成績が伸びた一因だと思う。
 東大に行っても自分を高められるように精進したいと思う。
中﨑 悠之祐君(鶴丸高校卒)
大学受験科
中﨑 悠之祐君(鶴丸高校卒)さん
京都大学/文学部 人文学科,同志社大学/文学部 文化史学科合格
 僕はこの一年間、鹿児島高等予備校で京都大学に合格する大きな後押しをしてもらった。僕は高校3年生の時は、同志社大学も模試ではD判定で、当然京都大学に受かるはずもなかったが、高予備に入学してからは京都大学模試の判定がC,B、Aと順調に上がっていき、そのまま合格した。高校では総合成績で全体の全く中間に位置していた自分が京都大学に合格したのだから、この学校では間違いなく学力が上がる。参考までに僕の勉強方法を書く。英語は、基礎シリーズが大変重要である。英文法も長文読解も英作文も、授業内容が密接にリンクしており、習ったことが即座に活かせるので、予習と授業内容には集中し、頻出の表現は必ず覚えよう。これらは後期の完成シリーズで大いに活躍するだろう。数学は苦手だったので苦手な人が参考にすると良いが、授業内容はその日のうちに復習するのが良い。端的に言って、その日の同じ問題を解き直すのだ。まだ覚えているかもしれないが、やればやらないよりずっと覚えている。僕が苦手だったから書くが、苦手な人は復習しないとまず伸びない。本番の試験の問題も想像以上に類似問題が出る。対応できる問題を一つ一つ増やす感覚で、問題と解き方を覚えるように頑張ろう。類似した問題を解くうちに、覚えた内容で重要な部分がわかるようになるし、先生も授業中に教えてくれるので、しっかりメモしよう。予習して、授業中はポイントをメモしながら解答は完全に板書し、後で問題だけ見て解答を再現できるようにするのを繰り返すと、京大数学も解けるようになる。添削も進んですると良い。古文漢文は最後まで基本知識が重要なので、まめに覚え直そう。地歴は、テキスト内容は勿論覚えて、先生が書き足すように指示した部分は頻出なので、後で見返して気持ちが良いように綺麗な字でメモしよう。僕は最後まで、センター赤本以外は河合塾のテキストのみで乗り切ったので、テキストは大事にね。
平中 みなみさん(鶴丸高校卒)
大学受験科
平中 みなみさん(鶴丸高校卒)さん
京都大学/文学部,早稲田大学 文学部,同志社大学/文学部 国文学科合格
 昨年の春、私は志望校に落ちた。そのことに対して私は「ああ、やっぱりな」という感想だった。努力不足なのは自分でも分かっていたからだ。それよりショックだったのは後期の大学に落ちたことで、後期は前期より難しく、小論文もやや苦手だったことを考慮しても、志望を下げているのだし受かると思っていただけにダメージは大きかった。私なんてどこの大学も受け入れてはくれないのだ、なんて考えて落ち込んだ。
 そんな憂鬱な気分の中、高予備の自習室に足を運ぶと、そこには私と同じ境遇の友人が数多くいた。皆今年の結果に悔しさを覚えながらも、来年へのリベンジに燃えていた。その姿を見て、私も頑張らなくては、と素直に思えた。
 高予備での日々は充実したものだった。授業は、最初はとまどうことも多かったが、質の高い授業が多く、現役時代、断片的でしかなかった知識が徐々に体系的な物に変わっていくのが分かった。そうして学んだ成果が模試の成績に表れたのは自信にもなった。しかし私はいざ本番となると弱く、センターも二次でも思うように得点できず、半ばあきらめた気持ちで合格発表のホームページを開いた。そこに自分の番号を見つけた時、私は驚き、信じられない気持ちだったが、何度も何度も確認し、両親やチューターにも聞いて、やっと自分はあこがれの京都大学に合格したのだ、という時間がこみ上げた。本当に嬉しかった。
 私大を含め、私に3つの合格という喜びを味わうことができたのは両親や友人、先生方の支えがあったからだということを胸に刻み、大学生活をこの一年のように充実したものにしていきたい。
中薗 敏樹君(鶴丸高校卒)
大学受験科
中薗 敏樹君(鶴丸高校卒)さん
京都大学/工学部 物理工学科,中央大学/法学部 法律学科合格
 僕は鹿児島高等予備校で一年間受験勉強を頑張り、第一志望の京都大学物理工学科に無事合格することができました。
 現役生の時も同じところを受験していたのですが、不合格でした。その原因は、理科が不得意で合格ラインに達していなかったからだということは自分でもはっきり分かっていました。だから予備校では苦手科目の物理、化学と理系で重要になる数学を重点的に勉強しようと考えていました。
 それらの勉強として、授業の予習・復習をしっかりこなすことに加えて、とても役だったのが添削指導でした。自分の当時のレベルや、受ける大学にあった問題を先生方が用意してくれて、また分からない点があれば質問をすればいつでも丁寧に教えてくれました。特に、化学は現役の頃から僕が最も苦手としていた科目だったのですが、名島先生が初めは易しい問題から、段々と難しい問題へと毎日休まず添削指導を行ってくれたので、着実にレベルアップすることができて、最終的には本番の入試で最も安定して高得点がとれる科目になりました。先生方が一人一人に時間をかけて丁寧に教えてくださるのが高予備の良いところだと思います。
 ともに受験勉強をして励まし合った高予備生や、支えてくれた家族、先生方に本当に感謝しています。
吉永 功希 君(鶴丸高校卒)
大学受験科
吉永 功希 君(鶴丸高校卒)さん
京都大学/工学部 地球工学科,東京理科大学/理工学部 機械工学科合格
 僕の浪人生活はあの不合格だった日から始まりました。最初は絶望感でペンを握ることもなく日々が過ぎていきましたが、鹿児島高等予備校に入学してからはこれからの一年間を素晴らしいものにさせようと決意することができました。
 ここには様々な学校から意識の高い浪人生が集まってきます。ハイレベルな友人達と切磋琢磨しながら日々を過ごすことができました。彼らは自分の良きライバルでありモチベーションでした。本当に感謝しています。
 授業はサクセスクリニックなどの結果が考慮され、個々のレベル毎に行われます。そのため各得意、不得意教科にあわせてそれぞれの要点をチェックできるだめ非常に有意義な時間だったと思います。並行して個人的には添削指導を受けることができます。授業で分からなかった分野、またすでに基礎力のついている分野など豊富な指導を受けることができたので、大学の二次試験に対応するための記述力を培うことができました。
 自習室は常に開かれていました。予習・復習などに空いた時間を有効に活用していくことで第一志望校合格がぐっと近づいたのではないかと思います。
 この鹿児島高等予備校には自分を最大値まで伸ばせるたまのすばらしい環境があります。一年前に嘗めた苦杯も乗り越えた今ではとてもいい経験だったと思えるようになりました。
 一年間本当にありがとうございました。
矢野 知花さん(志學館高等部卒)
大学受験科
矢野 知花さん(志學館高等部卒)さん
神戸大学/医学部 医学科,福岡大学/医学部 医学科合格
 昨年の3月、第一志望校の受験に失敗し、私は高予備で浪人することになりました。今までの人生の中で最も大きな節目で失敗してしまったことが悔しく、もうこのような思いはしたくないと、現役時以上に努力することを自分に言い聞かせました。
 前半にあたる基礎シリーズではとにかく基礎を徹底的に固めることを目標としました。必ず予習をして授業に臨み、間違えた問題はどうして間違えたのかをまとめ、最低4回は解き直しました。合っている問題も別解がある場合は必ずその方法でも解けるように復習しました。私は、自分の思っていた以上に基礎が固まっておらず、大変な思いをしたのですが、高校時代には追いかけるだけだった授業が、ここに来てようやく真の理解へとつながっていく感覚は、浪人時代の良い宝物になりました。
 後半の完成シリーズは、応用問題が基礎の組み合わせで作られていることを理解する良い機会となりました。ここでは、問題そのものよりも、その問題の本質となる基礎の再認識に重きおいていました。また、添削によって、基礎の運用が自力でできるかどうか、先生方に見てもらっていました。
 今年一年、成績が伸びずに第一志望のランクを落とそうかと悩んだり、分からない問題に出会うたびにいらだったりと、苦しい思いを何度もしました。それでもあきらめずに、最後に合格を勝ち取れたのは、勉強面だけでなく、精神面でも支えてくださった先生方、友人、両親のおかげです。本当にありがとうございました。
谷口 飛偉路君(鶴丸高校卒)
大学受験科
谷口 飛偉路君(鶴丸高校卒)さん
鹿児島大学/医学部 医学科合格
 昨年度の大学入試で僕は、第一志望の鹿児島大学医学部医学科に落ちました。周囲の友人達が大学に合格し新生活に期待感を高めている姿を見て、そんな彼らのことを羨ましく思いながら鹿児島高等予備校での一年間の浪人生活がスタートしました。僕は昨年度の反省から二次試験への対応力の増強が必要であると考え、その中でも特に苦手科目である数学に力を入れて日々の学習に努めました。授業で使うテキストの予習・復習や添削指導を通して二次試験への対応力をつけると同時にセンター試験の対策も問題演習を行うことで取り組みました。その甲斐あってか模試の結果は少しずつ向上していき、今年こそはうまくいくのではないかと思っていました。しかし、本番のセンター試験で失敗してしまい合否が五分五分のラインに立つことになってしまいました。それでも僕は第一志望への合格をあきらめたくなかったので、より一層の努力を重ねました。その結果二次試験で挽回する形で無事目標の大学に合格することができました。この一年間の浪人生活から得たことを活かして大学でも様々なことに励んで行きたいと思います。大学受験は最後の最後までどうなるかは分かりません。たとえ模試で良い判定が出なくても、センター試験絵十分な点数をとれなくても、前期試験で不合格だったとしても決してあきらめないで自分を信じて努力することが大切だと思います。これから大学受験に挑む人達も、日々の努力を欠かさず、自分自身を信じて是非志望校合格を実現してください。全ての受験生に春が訪れることを願っています。
濵﨑 浩平君(甲南高校卒)
大学受験科
濵﨑 浩平君(甲南高校卒)さん
鹿児島大学/医学部 医学科,産業医科大学/医学部 医学科合格
 私は去年、医学部を受験することに決め、前期試験に臨んだが不合格でした。そのときに思ったことは勉強のペースをしっかり調整するべきだったということです。高校3年生の時は終盤に息切れしてしまい、勉強の習慣を保つことができませんでした。そこで、受験シーズンの冬に向けてパースを上げられるように序盤は授業で学んだことの復習と予習を中心に勉強をして、あまり多くのものに手をつけすぎないようにしました。
 夏は教科毎にサブテキストで基本的な知識を定着させたり、まとめのノートを作って自分なりに理解しやすいように工夫をしました。
 秋以降は夏に身につけた基礎知識を基に、センターから逆算して一週間毎に計画を立てて勉強を進めて行きました。内容としては医学科志望だったのでセンター対策を中心として、あまり差がつかない二次の勉強も並行していきました。高予備は強制されることがないので、計画が立てやすく、計画通りに行きました。
 勉強のペースを調節できたことで、受験シーズンも勉強の意欲や合格を勝ち取るんだという気持ちを失わずに突き進めました。全体を通して振り返ってみると、分からなかったところを先生方に質問しに行けたことが、勉強において最も大きかったと思います。丁寧に教えてくれるので自分の苦手な部分をすぐにつぶせることができました。
 この一年間いろんな人に支えてもらったと思います。浪人を後押ししてくれて何不自由ない生活をさせてくれた家族、一年間予備校で勉強し、互いに励まし合った友人、熱心に指導してくださった先生方に心から感謝したいと思います。この一年間学んで来たことや経験を生かしていきたいと思います。
川越 千夏さん(志學館高等部卒)
大学受験科
川越 千夏さん(志學館高等部卒)さん
鹿児島大学/医学部 医学科合格
 二浪目の今年、やっと合格した今、やっとスタートできるという気持ちがします。一浪目は同じ高校の友人がいる中で自分だけがほぼ成績が上がらなくて、「どうせ自分はダメなんだ。」とばっかり考えていました。このままがんばればいいとは思えませんでした。しかし、二浪目は最初から「もう出遅れないぞ。自分の将来は自分で決めてやる。」と強い気持ちをもって臨みました。とにかく夏まで基礎をしっかり固め、じっくり勉強することにしました。そして、自分が勉強したことをしっかりと力にしようと努力しました。あっという間に夏が過ぎ、模試で結果が出るようになりました。今までの自分からすると信じられない点数が出ました。正直、このときが一番怖かったです。「また前みたいに最悪な結果が出るんじゃないか」とびくびくしていました。すると、秋頃に模試がうまくいかなくなってきました。このころとても焦りました。しかし、今まで、そして今やっていること全てを信じ、さらにがんばることでいやな時期を抜け出すことができました。それでも不安は消えず、自信もあるのかないのか不安定でした。しかし、どんなにつらくても、最後の最後、本番をすっきりした気落ちで迎えることができました。そして結果が出ました。あっという間の濃い一年間でした。とにかく勉強して精一杯努力すれば合格できます。今、浪人している人は全てを勉強に捧げてください。中途半端な努力ではダメです。浪人生は不合格者ですが、来年の合格者、勝者です。高予備では添削指導や質問に対する受け答えがとても丁寧です。ぜひ、講師室に毎日通ってください。
鶴園 尚史君(鶴丸高校卒)
大学受験科
鶴園 尚史君(鶴丸高校卒)さん
鹿児島大学/医学部 医学科合格
 医学部という道を目指し始めてから今まで国公立や私立の受験において一度も合格をしたことがなかった私は、今回の通知を受け、未だに実感がわいていません。ですが、今回の試験の手応えだけは確かにあったので、その合格はそれとなく頭で認識できています。
 4月から12月までの成績は、五浪の私にとって全く安心できるものではありませんでした。その中でも年末あたりになると、五浪という後ろめたさと、成績に対する不安で胸が押しつぶされそうになるときがあり、正直成績は少しずつ悪くなるばかりでした。そこで私はこのままではいけないと思い、一度自分の勉強に対して自信を持つことに意識を向けるようにしました。受験が迫った時期では精神を安定させることが一番だと聞いていたからです。実際にそうすることで気づいたのは、夏までと違って受験に対する緊張感が高まってくると自然と集中力が備わってくるので、精神の安定がよりその精度を高めてくれて、勉強の能率も上がるのです。そうして迎えた年明けのテストでは、以前の自分とは比べものにならないほど力が備わっていました。しかし、ここで安心しても意味がありません。なぜなら、本当の試験はまだ受けていないからです。私はそのテストで出来が良かったという手応えを忘れないように意識し、勉強をより深くして、穴を一つずつつぶしていきました。
 私はこの年明けからの成績の伸びの秘訣はやはり意識であると思います。今回勝ち得た合格を胸に大学の勉強においても力を尽くしていきたいです。
藤﨑 匠君(鹿児島高校卒)
大学受験科
藤﨑 匠君(鹿児島高校卒)さん
産業医科大学/医学部 医学科,獨協医科大学/医学部 医学科,東海大学/医学部 医学科合格
 3月25日午前9時15分、産業医科大学から追加合格の通知があり、5年間の浪人生活が終わりました。私は市内の別の予備校で4年間浪人し、五浪目で高予備に入学しました。この一年間、高予備に在籍して、いいなと感じたのは添削指導です。添削指導のメリットは、普段の授業では補いきれない自分の苦手分野をつぶせて、得意科目は更に力をつけることができる点です。また、添削をすることで顔と名前を覚えてもらえるので、質問もしやすくなります。実際私はほぼ全科目の添削指導を先生方にお願いし、特に苦手だった物理と古典は集中的に受けていました。またどんなに些細なことでも、疑問に思った点を質問することで知識の穴を埋め、弱点補強をすることができました。高予備と言えば、添削指導。皆さんも是非、活用してみてください。
 あと、長い浪人生活を乗り切る上で重要なのはモチベーションの維持です。きつい、と思った時は、志望校の大学案内を見たり、志望校のキャンパスを歩いている自分の姿、将来就きたい職業に就いている自分の姿を妄想することで、折れかかった心を保ちました。(妄想しすぎて現実に帰ってこない時もありましたが・・・)
 最後に五年間辛抱強く支えてくれた両親と姉、授業と添削、質問でお世話になった先生方、手続きなどでお世話になった事務の方、そして同じ境遇で共にがんばってきた友人に、この場を借りて感謝申し上げます。
 高予備に入学して良かった!!
丸山 明華さん(鶴丸高校卒)
大学受験科
丸山 明華さん(鶴丸高校卒)さん
大阪大学/経済学部,慶應義塾大学/経済学部 経済学科,明治大学/法学部 法律学科合格
 去年、前期も後期も不合格が分かった時、私は予備校に通い浪人するなんて考えていませんでした。しかし、普段は勉強について何一つ言わない両親が、予備校で勉強してあと一年がんばってみなさいと言ったのをきっかけに、私の高予備での一年が始まりました。最初はすごく憂鬱でしたが、今では背中を押してくれた両親に感謝しています。
 決められた課題が多く出されたり、自習時間も教室で過ごさなければならない高校とは違い、授業が終わるとすぐに帰ってもいい環境は、声に出して覚えたり復習したりする私にとって最適で、おかげで自宅での学習時間を多く確保できました。授業は、初めて知ることがどんどん出てきて、聞き逃さないようにと毎時間が必死でした。
 また、先生方の丁寧な添削もすごく助かりました。自分のレベルや苦手にあった課題を出してくれるので、日々、力をつけていくことができました。しっかりと解答がかけたときや問題を解けたときに、褒めてくれることも私のやる気に繋がっていきました。
 理系でありながら、文系よりの学部を目指して合格できたのは、高予備で一年間過ごしたからこそです。浪人なんて恥ずかしいと考えていましたが、今の私は浪人してよかったと本気で思っています。この一年間は、自分の夢を再確認できた時間であり、また精神的に強くなれました。センター試験では、本番に弱い自分が出てしまい、最低点となりましたが、二次で挽回し合格を手に入れました。
 この一年を支えてくれた皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。つらいときには励ましてくれたり、落ち込んでいる時にはおいしいものを食べに連れて行ってくれたり、そして合格の報告をした時には自分のことのように喜んでくれる家族や親戚や先生、友人がたくさんいてくれて、私は幸せ者だなぁと感じています。
 ありがとうございました。 すべて合格できて嬉しいです。
田中 将陽君(鶴丸高校卒)
大学受験科
田中 将陽君(鶴丸高校卒)さん
大阪大学/工学部 電子情報工学科,東京理科大学/理工学部 電気電子情報工学科合格
 合格発表の朝、発表予定時刻の1時間ほど後に起きた僕はまず、大学を受けて以来どこにしまってあるかも分からなかった受験票を探し、番号を確認した。試験の内容にあまり自信が持てていなかった僕は、「まぁ受かってなくても私立があるし、そんなに期待しないでおこう。」と達観してスマートフォンを取り出して大学の合格発表が掲載されているサイトを立ち上げた。自分の受けた工学部のページに移り、番号を確認する。4・8・7・4・・・そこにには自分の受験票と同じ番号が書いてあった。最初は合格した事実がなかなか信じられなくて、何度も番号、西暦があってるかを確認しているうちに、少しずつ合格の実感がわいてきた。試験の内容にこそ自信はなかったが、昨年の4月に入学して以来、雨の日も風の日も、雪の日も、火山灰の日も一心不乱に勉強をしていた自分の努力は、自分の身についていたのだと分かった。この一年、予備校の先生方の授業を大切にする一方で、一番大切にしていたのは「自分」の勉強だ。いくら先生の授業が素晴らしく、分かりやすくたって、自分でそれを吸収できなければ意味がない。そう思って一年間、自分に合う参考書や場所、勉強法を模索し続け、自分にベストな環境を見つけられたことが、僕が合格できた理由ではないかと思う。このような最高の環境ができたのは予備校の先生方、友達、そして両親のおかげだ。支えてくれた人達への感謝を忘れず、大学生活を過ごしていきたい。
東内 克馬君(ラ・サール高校卒)
大学受験科
東内 克馬君(ラ・サール高校卒)さん
大阪大学/理学部 化学科合格
 去年受験した全ての大学に落ちた私は、その屈辱的な結果にかつてなかった程落ち込んでいた。その悔しさを糧に一年間頑張ろうと決め、私は高予備の東大・京大コースに入学した。東大や京大にどうしても行きたいと思っていた訳ではなく、東大や京大を目指せばいつの間にか去年受けた大学のラインを超えているのではないかという考えでの決心だった。
 しかし、実際にやってみると、そのような生半可な気持ちでは全くダメで、必死に食らいついていくうちに東大に行きたいと本気で考えるようになった。結果からしてみればその思いは達成できなかったが、振り返ってみると、この「どうしても行きたい」という気持ちが成績を上げていく上で非常に重要であり、去年までの自分になかったものだと思っている。そのお陰か去年では全く歯が立たなかった防衛医科大学校の1次試験も通ることができた。
 また、高予備の先生方は自分が理解できるまで何度も教えてくださり、基礎から応用に至るまで去年とは比べものにならない程身につけることができたと思っている。
 このように、高予備では様々なことを得ることが出来、本当に有意義な一年だった。去年の中途半端な学力で合格しなくて良かったとすら思っている。
 このような貴重な一年を過ごさせてくれた高予備の先生方や友人達にはとても感謝している。
宮原 広行君(鶴丸高校卒)
大学受験科
宮原 広行君(鶴丸高校卒)さん
名古屋大学/工学部 物理工学科合格
 僕は要領が悪い。周囲の友達が要領が良すぎるせいもあって、高校時代から何度もそのことに悩んで来ました。同じ間違いは繰り返さない、と何度心に誓っても、気がついたらまた似たような問題を間違えたり、何度も暗記すべきものを忘れたりして、自分の情けなさを痛感し、自分は勉強が向いていないと、現実逃避することが浪人中何度もありました。
 このように暗い気持ちで浪人生活を過ごしてきましたが、完成シリーズが終わり、授業数が減って自習室で勉強する時間が増えると僕の気持ちは大きく変わりました。僕が友人達と昼休みを終え自習室に戻ると、僕よりも遙かに頭の良い人々はとっくに勉強を始めていて、時間が経ってもだらだらとした様子を感じさせず、勉強している姿を見ているだけで志望校に受かりたい、という熱意が感じ取れました。今までは要領の良い友達の姿しか見てこなかったので、僕にとってはとても新鮮な光景で、頭の良い人でもあんなに勉強するということに衝撃を受けました。
 その衝撃を受けてからは、あんなに頭の良い人達があんなに勉強しているのだから、要領の悪い自分はその人達以上に勉強しないといけない、と思い、必死で勉強し、何とか合格することができました。
 勉強しなければ頭が良くならないのは当然のことですが、同じ勉強量でも勉強したことの吸収量は人それぞれだと思います。僕は要領の良い友達といつもいたので、僕が勉強できないのは全て才能がないからと決めつけていました。予備校に来て新しい環境に入ることで自分自身大きく成長できたと思います。
 予備校の先生も優しく、とても接しやすくて予備校に行きたくないと思う日もありませんでした。高予備で浪人生活を送って本当に良かったと思っています。
川崎 瑞貴君(伊集院高校卒)
大学受験科
川崎 瑞貴君(伊集院高校卒)さん
東京学芸大学/教育学部 初等―理科合格
 去年、B判定が出ていた大学に合格することができず、ショックから立ち直れないまま何となく始まった予備校生活だった。中途半端な気持ちで浪人しようと思っており、浪人するという覚悟ができていなかったのだ。しかし、家族の支えがあり、なにより高予備の受験へと向かう雰囲気のお陰で一年間きちんとやって来年全体受かる!と覚悟を決めることができた。
 この一年間は不安とプレッシャーに支配された一年間だったと思う。また落ちたらどうしよう、去年よりセンターの点数を取らないといけない、そんなことを常に考えていた気がする。そのような不安やプレッシャーに打ち勝つためには、自分の努力しかないと学んだ。いくら自分に大丈夫だと言い聞かせても、努力してきた過程がないと無駄だ。自分はあれだけやってきたんだからできる!と過程がある自信はとても気が楽になるものだった。また、予備校内には「慌てず、焦らず、侮らず」という言葉が掲示されていて、それを模試やセンター試験などのテスト前に思い返すことで、とても落ち着けたことを覚えている。平常心でいることの大切さ、大変さを改めて分かった。
 高予備での生活は、ただ勉強を教わるだけでなく、立ちはだかる壁の乗り越え方、乗り越える力の付け方を教わったものだと私は思っている。本当に高予備で浪人することにして良かった。高予備で学んだことや経験したことを今後の人生に活かしていきたい。
柚木 鈴香さん(鹿児島玉龍高校卒)
大学受験科
柚木 鈴香さん(鹿児島玉龍高校卒)さん
東京学芸大学/教育学部 初等―情報教育,崇城大学/生物生命学部 応用生命化学科,鹿児島国際大学/福祉社会学部 児童学科合格
 まず初めに胸を張っていえることがあります。それは、この鹿児島高等予備校で勉強した日々は私にとって本当に無駄ではなく必要なものだったということです。
 一年前の春、周りの友だちは次々に合格していく中で私は私立大学の受験をしておらず前期も後期も不合格でした。そこで私には浪人という選択しかありませんでした。正直、同級生と一年遅れて受験勉強をするのは不安でしかありませんでした。浪人したからといってうまくいくとは限らないとよく言われてきたし、もう一年自分の精神力が持つか分からない。そのようなことばかり考えていました。しかし、中学生からの目標である「東京学芸大学に行きたい」という強い意志を持って高予備で頑張ることを決めました。4月にテストを受けると実力のなさを痛感しました。でも、高予備の授業は、本当に基礎の基礎から教えてくれます。それに、高校では教わらなかったこと、受験に必要なテクニックと丁寧にまた分かりやすく教えてくれます。ここで私が高予備で頑張ると決意した皆さんにしてほしいことは、得意でも苦手でものばしたい教科はどんどん添削を先生方にお願いすることです。添削は、先生と一対一で問題に向き合って苦手を無くし、得意を増やすことのできる絶好の機会です。そのおかげで二次に必要な数学の偏差値は13も上がりました。ほんとに分からないことは素晴らしい先生方に質問しまくってください!!また、高予備で出会えた仲間もかけがえの無いものです。一緒に志望校合格という目標に向かって突き進む仲間がいれば、つらいときでも支え合って切磋琢磨して頑張っていくことができます。そしてこの春、東京学芸大学に合格することができました。ほんとにほんとに高予備で出会った先生方、仲間、勉強に打ち込んだ一年はすべて私の宝物です。来年の春、こう思えるように皆さん頑張ってください。
「栄冠めざして!!」
井上 雄太君(加治木高校卒)
大学受験科
井上 雄太君(加治木高校卒)さん
九州大学/工学部 物質科学工学科,立命館大学/理工学部 都市システム学科合格
 まさか二次試験当日の朝、自分が救急車で運ばれるとは思ってもみませんでした。体調が悪かったことと、極度の緊張で会場へ行く途中の駅で倒れてしまい、気づいたときは病院でした。もう間に合わないと絶望していましたが、病院の先生方の迅速な対応のおかげでぎりぎり試験会場に間に合うことができ、なんとか合格することができました。
 ここで後輩の皆さんに伝えたいことは、何があっても最後まで諦めないということです。本当に恥ずかしい話でしたが、試験当日は何が起こるか分からないものです。自分の例は極端過ぎますが、絶対に自分はこの大学に行きたいんだという強い気持ちが、最後まで諦めないことに繋がったと思います。また、あのような状況の中でも問題を解くことができるだけの実力と冷静さを普段の授業や模試で身につけておくことが大切だと思いました。本番で普段どおりの実力を発揮することは、実は一番難しいことです。私が合格することができたのも、高予備の先生方をはじめ家族や仲間の応援があったからだと思います。予備校での毎日は大変なことが多かったですが、その分合格できたときの喜びはひとしおでした。予備校では、勉強だけでなく、最後まで粘り続けることや諦めないことを学ぶことができました。一年スタートは遅れましたが、逆にその一年が自分を一回りも二回りも大きくしてくれたと思います。たくさんの方々の協力があって今春を迎えられていることに感謝し、合格したときの喜びを忘れずに大学でもいろいろなことに挑戦していきたいです。
泊 昇哉君(加治木高校卒)
大学受験科
泊 昇哉君(加治木高校卒)さん
九州大学/農学部 生物資源学科,名城大学/農学部 生物環境学科合格
 私は、去年前期で落ち、後期で合格できました。しかし、私は後期の大学に行かずに予備校へと通うことにしました。その選択は今では正しかったのだと思えますが、私は不安でたまりませんでした。
 予備校が始まると質の高い授業ととても丁寧な添削のおかげで、高校時代に補えていなかったり、抜けていた知識を吸収することができました。特に添削では何人もの講師に頼むことができ、相談すれば、ペースを合わせてくださったので、無理をすることなく、自分が苦手としていた二次試験の対策をすることができました。
 たまに、勉強が辛くなってしまった時には家族に愚痴を聞いてもらい、休日だったならば友人につきあってもらいながらストレスを解消し、なるべく溜め込みすぎないようにしました。
 私が合格したとき、出会う人達は皆一様に「おめでとう。」と笑顔で言ってくれました。それは、どれも同じ言葉なのに何度聞いても嬉しく、去年欲してならなかったありがたい言葉でした。
 今年一年間お世話になりっぱなしだった家族や友人達、鹿児島高等予備校の講師の先生方、事務の方々に心から感謝しています。
橋口 育弥君(甲南高校卒)
大学受験科
橋口 育弥君(甲南高校卒)さん
九州大学/工学部 電機情報工学科合格
 「浪人なんてしたくない。」一年前の自分はずっとそう思っていました。ですが、前期、後期共に失敗して「浪人」という選択肢しか残されていませんでした。とても悔しかったです。こうして傷心のまま高予備へ通うことになりました。
 予備校に通っていくうちに自然と同じ志を持つ人、自分より高みを目指す人と仲良くなり、良い刺激をたくさんもらい、段々と自分の気持ちは前向きになっていきました。前向きになり改めて勉強に取り組んでいくうちに自分の学力は全然志望大学に達していないのだと気づかされることが多々ありました。だからこそ、その分予備校の授業で得られることも多々ありました。その中でも特に英語の勉強は色々と気づくことや得るものが大きかったです。今まで何となくやってきて、全く成長することもなくて嫌いだったのですが、ここにきて「なるほど」「だからこう訳すのか」といったふうに英語の仕組みを理解し、どのように勉強すれば良いのか分かっていき好きになることができました。
 初めは嫌だった浪人も同じ予備校の仲間達と過ごしていくことでとても有意義な濃い1年間にすることができました。自分の無力さを知り、勉強ということに全力で取り組み、「何となく」で終わらせない、浪人で得られたことはとてつもなく大きなことばかりです。死力を尽くした一年間を支えてくれた全ての人に感謝です。ありがとうございました。
大田 高滉君(加世田高校卒)
大学受験科
大田 高滉君(加世田高校卒)さん
広島大学/工学部 第四類合格
 不合格が決まってから1年、浪人生活は長かったような短かったような。大学に行くために無我夢中で勉強したので、一日一日はあっという間でした。
 後期試験も受けずに高予備に入学しました。自主勉強の時間をしっかり確保でき、常勤の先生にいつでも質問できる環境が自分に合っていたので、今となっては最良の選択だったと思います。あと高予備通信が意外とやる気を持続させていたと思います。先生方のメッセージや勉強の取り組み方とかが書いてあって毎回読んでいたので、勉強し続けても心は折れませんでした。ここで大切だなとおもったことは、うまくいかなかったら、一度すぐに切り上げることです。粘ってもできないものが少し時間をあけるとすんなりいくことがあります。これを1年間したので今があるのかなと思います。
 浪人を始めたときから、同級生に遅れをとってしまったと思ってたけれど、高予備での浪人は決してそんなことはありませんでした。学力をつけるために質問とかするので、大人が持つべき自主性を少しでも得られたのかなと感じます。遅れをとったというよりむしろ価値ある回り道だったと思います。
 現段階ではこのようなことは分からないと思いますが、高予備で勉強すると人としても何か得られると思うので、がむしゃらにがんばってください。
橋口 拓真君(鹿児島南高校卒)
大学受験科
橋口 拓真君(鹿児島南高校卒)さん
広島大学/工学部 第三類,関西大学/化学生命工学部 生命・生物工学科合格
 一年間、予備校に入学した時は、自分の成績が伸びるのか不安でした。そこでまず基礎シリーズが始まる前に昨年はなぜ合格できなかったのかとしっかり反省して、どのように勉強すれば受かるのかしっかり考えるようにしました。予備校の授業は高校のときと違うことが多く、90分の授業で内容も難しいものも多く予習の段階で解けないことがほとんどでした。それでも復習を繰り返してテキストの問題を覚えるくらいまでやったことがとてもプラスになりました。先生達の指導もとても詳しく、テキストの復習で分からなかったところや、添削で解けなかったところもしっかりと教えてくれて理解を深めることができました。友人の存在もとても大きかったです。授業で自分の解けない問題を解けていたり、模試の判定が自分が悪い時に良かったり、いろいろな話をしてモチベーションを上げたりとすごく良い刺激になりました。また1年間予備校に通わせて、毎日弁当を作ってくれた両親にもとても感謝しています。
 勉強だけでなく、周囲との関わりの大切さや、あいさつなど大切なことを改めて実感することができました。この1年間で積み上げてきたことを大切にしていつも周りに感謝しながら大学でも頑張りたいです。
水元 廉君(甲南高校卒)
大学受験科
水元 廉君(甲南高校卒)さん
熊本大学/教育学部 生涯スポーツ福祉学科,福岡大学/法学部 法律学科合格
 私は、去年センター試験に失敗してしまい受験したい大学を受けることができませんでした。さらに不本意ながらも受験した前期も後期も不合格となり、浪人することになりました。今、考えると当然の結果だったと思います。
 なぜなら、センター試験では高校で学ぶ基礎的なことが中心に出題されますが、その基礎が身についておらず、さらに、最初の頃から模試でA判定を出していたこともあり、油断して、あまり勉強をしていなかったのです。
 高予備では、科目ごとに難易別のクラス分けをしているので苦手科目では克服、得意科目ではもっと伸ばすことをし易かったです。
 さらに、高予備は生徒を厳しく縛って勉強を強制するというようなことはなく、自分自身で考えて勉強するというようなスタイルだったので、いろいろと強制されるのが苦手な自分の性格に合っていて、1年間通して思ったよりも浪人するということに苦痛を感じること無く、自主的に勉強していくことができたと思います。
 また、6・7月までは基礎をしっかりと詳しく授業で取り扱ってくれるので、それまで英語、古典の文章や文法を感覚で読んだり、解いていましたが、この1年間で基礎をしっかりと身につけることができ、問題を理論づけて解くことができるようになりました。
 そして、添削は自分の受けたい大学のレベルや要望に合わせて行ってくれたので、添削は、成績の伸びに大きく関係したと思います。
 大学に入学してからも繋ぐことができる勉強ができたので、高予備での浪人生活は本当に良い経験になったと思います。
南竹 杏梨さん(甲南高校卒)
大学受験科
南竹 杏梨さん(甲南高校卒)さん
熊本大学/医学部 保―放射線学科合格
 私の浪人生としての1年は、長いようでとても短い1年でした。それは新しい友達に出会い、新しい先生に出会い、新しい勉強法に出会ったからだと思います。
 同じ学部学科を目指している友達、難関大学を目指している友達との出会いは、私がつらい浪人生活を乗り越えられた理由の一つです。「つらいのは自分だけではない。」「みんなもがんばっている。」そう考えるだけで、どんどんやる気が出てきました。また、休み時間に友達と話をしたことで、学校に行くのがつらくありませんでした。
 そして、家族の存在も大きな心の支えとなりました。模試の結果が良くない時、母が言ってくれた「大丈夫、どうにかなるよ」という言葉に、何も言わず私を信じてくれた父に、いつも明るく一緒にふざけてくれていた姉に、今思い返せば感謝してもしきれません。
 予備校では高校と違って添削に力を入れて勉強しました。先生方は私にあった問題を毎回準備してくださり、特に苦手分野では類似問題を繰り返し解くことで、苦手を一つ一つ、つぶすことができました。今までの私は、「解けない」→「解きたくない」→「苦手」の悪循環でした。この悪循環を絶つ手助けをしてくださったのが、予備校の先生方です。
 去年の3月、「浪人つらいだろうな」と思っていました。でも今思い返してみると、それほどつらい1年ではなく、自分にとって意味のある、そしてこれからの自信に繋がる1年だったと思います。
 浪人を許し励まし続けてくれた家族、一緒にご飯を食べて一緒に合格を目指した友達、丁寧な指導をしてくださった先生方に感謝しています。ありがとうございました。
折口 翔哉君(甲南高校卒)
大学受験科
折口 翔哉君(甲南高校卒)さん
熊本大学/工学部 数理工学科合格
 一年前。現役生の頃はほとんど何もできずに受験を終えたということを正直に感じたということを鮮明に覚えている。知識の抜けが多く、何から手をつけて良いかも分からないでいた。
 そして、高等予備校に入学し、基礎から全てやり直す意気で取り組んできた。それでもやはり成績はそう簡単には上がらない。そんな時、浪人という選択をして周りで必死に頑張っている友人達、いつでも気軽に相談に乗ってくれる高等予備校の先生方の存在は本当に心強かった。
 私は第一志望に届かず、もう1年浪人するという選択をしたが、高等予備校に入学して本当に良かったと思う。高校から一緒に頑張ってきた友人達、同じ目標を掲げて切磋琢磨してきた友人、また違う高校であった人との新たな出会い、そして先生方との出会い。これら全ては言葉では簡単にいい表せられないほどの一生ものの財産になったと思う。私は本当にかけがえのないものを手に入れることができた。
 私はこの高等予備校で得られた知識、一緒に頑張ってきた仲間達への感謝、先生方をはじめとした人との出会いを忘れずに大切にして、これから先も覚悟をもって邁進していきたい。
下舞 佳純さん(川内高校卒)
大学受験科
下舞 佳純さん(川内高校卒)さん
熊本大学/理学部 理学科,福岡大学/理学部 応用数学科合格
 今年、掲示板で自分の番号を見つけた時、達成感と感謝の気持ちでいっぱいでした。そして、今高等予備校で浪人すると決めた自分の決断は間違っていなかったのだと確信しています。
 一年前の不合格から始まった浪人生活は、とても充実したものでした。解ける問題が増えていくことの嬉しさ。分かることの楽しさ。でも、当然全てがうまくいくわけではありません。そんなときに私がしたことは、勉強方法を変えて工夫することでした。先生や友達から見て聞いて真似して、試行錯誤を繰り返しました。そうしていくうちに、自分に合う勉強方法を見つけ最後までその方法を続けました。それが今年の結果につながったと思います。
 そして、1年間で実感したことは、予習・授業・復習の大切さです。これは、高校生のことから言われ続けてきましたが、私はずっとできていませんでした。予備校に入ってからもなかなか確立させることができませんでした。難しかったけれど、できるようになってからは、勉強の質が一段と上がりました。重要さを感じた一年でした。
 勉強面だけでなく、精神面でも学ぶことが多く、私にとって、とても大切な一年になったと思います。支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに、これからも頑張っていきたいです。
西尾 友太郎君(高卒認定)
大学受験科
西尾 友太郎君(高卒認定)さん
埼玉大学/教養学部 教養学科,法政大学/社会学部 メディア社会,東洋大学/社会学部 メディアコミュニケーション合格
 無事、埼玉大学に合格できてほっとしています。入学当初を振り返ってみると、高校を中退した身の自分が予備校に通い続けることができるのかと後ろ向きなことを考えていたのを思い出します。今、こうして1年間予備校に通い続け、合格を掴み取れたのには、主に二つの理由があります。
 一つは、講義には必ず出続けると目標設定したことです。余計なことは考えず、この目標を一日一日こなしていったことが、結果的に生活リズムを作り上げ、いつの間にか休まないことが当たり前になっていました。
 もう一つは、友人の存在です。完成シリーズが始まる前、夏期講習の終わり頃から、正直モチベーションを維持できなくなりかけていました。モヤモヤした気分で完成シリーズを迎えたとき、友人が一緒に頑張って夜まで自習しようといってくれました。その一言が無かったら次の模試からの伸びはなかったと思います。本当に感謝しています。
 最後に、1年間予備校に通ってみて思ったことを。まず僕みたいに行きたい大学が無いという人は自分の実力に合わせて大学を選ぶのではなく、行く大学を決めて、そこに向かって頑張る方がずっと効率的な勉強ができる上に、よりレベルの高いところに挑戦できるなと思いました。そして、一人で勉強するより周りに人がいる中でするほうが結果的にプラスになることが多いと思いました。特に友達と会話して刺激を受けたことは、一番高予備に入って良かったと思えたことかもしれません。僕の数少ない友人達とチューターの川瀬先生をはじめとする先生、お世話になりました。そしてありがとうございました。
河野 夏生さん(五ヶ瀬中等教育学校卒)
大学受験科
河野 夏生さん(五ヶ瀬中等教育学校卒)さん
奈良女子大学/生活環境学部 生活文化学科合格
 今振り返ってみると高校時代は全くという程勉強していませんでした。その当時は自分なりに頑張っていたつもりでしたが、大学入試の本当の厳しさは浪人して初めて分かりました。初めはとても抵抗を感じていましたが、今は心の底から浪人して良かったと思います。
高見を目指して頑張る友人からは常に良い刺激を受けることができました。劣等感や焦燥感を抱くことも多々ありましたが、それでも前に進むための強い精神を養うことができました。
そしてなんといっても高等予備校が提供してくださった授業やご指導は格別でした。ふつうの予備校とは違って先生方が常駐していらっしゃるため、すぐに質問ができたり、丁寧な添削指導をしていただいたりと分かりやすい授業に加え学習環境も充実していました。学ぶことは決して楽なことではありませんがその先にある発見や達成感は自分を成長させてくれます。人生を充実させるために必要不可欠な学ぶ姿勢をこの1年間で身につけることができて本当に良かったです。
 お世話になった先生方と高等予備校のみなさん、そして支えてくれた家族に本当に感謝しています。
 ありがとうございました。
石塚 佳太君(川内高校卒)
大学受験科
石塚 佳太君(川内高校卒)さん
島根大学/総合理工学部 物質科学科合格
 高等予備校に入学する前、大学への入学を生半可に考えていた自分を変えさせたのは不合格という通知でした。それは思っていた以上に辛く、高校時代にしっかりやっておけば良かったという後悔が残りました。次は絶対受かるという気持ちをもって予備校に入学することを決めました。
 初めに得意教科と苦手教科を明確にし、それらへの勉強の取り組み方を変えました。得意教科は伸ばし、予習を重点的に、苦手教科は意識を変えるために、分からないところがあれば、先生方が嫌がるほどの質問を毎日続け、復習を重点的に取り組み、根本的に理解したいと思いました。途中で大学への入学は価値あるものなのか、何のために大学へ行こうとしているのか、などと考えることが多くなり、勉強をすることの意味がわからなくなったときもありました。そのときに、支えてくれたのは、同じ気持ちである友達や、先生方、両親でした。しかし、不安な気持ちが大きかったからか、センター試験では思わしくない点数を取り、二次での挽回を求められました。二次では自分の得意教科での勝負で、二次までの間、自信がつくくらい一心不乱に過去問を解き、何度も質問を繰り返しました。
 合格した今、支えてくれた友達、両親、そして質問の多い自分に飽きずにつきあってくださった先生方への感謝の気持ちしかありません。
 高3の3月、不合格通知を受け取ってから、今日まで、辛いことや苦しいことが大半でしたが、くじけず合格を信じ続けてきたことが自分の強みになっていたのだと思います。予備校生活の1年、様々な面で成長することができ、これから始まる大学生活にその経験をいかし有意義なものにしていきたいと思います。
福﨑 崇裕君(武岡台高校卒)
大学受験科
福﨑 崇裕君(武岡台高校卒)さん
九州工業大学/情報工学部 知能情報工学科合格
 自分の番号を見つけたとき、合格した喜びと自分の行き先があるという安堵感でいっぱいになった。一年前、同じ高校の友人の多くは次の進学先への期待を胸に春休みを過ごしていた。一方で、行き先のない自分はそんな彼らを羨ましく思い、また、再び受験生として過ごさねばならないのか、という悔しさの中、2年目の受験生活をスタートした。
 初めのうちは大学などの進んだ友人達に遅れを取っているという劣等感のようなものを感じる日々が続いたが、勉強をしていくうちに周りのことが気にならなくなった。現役の時に弱点だらけだったことを知り、その自分の穴を見つけては埋め、見つけては埋めの繰り返しが自分の中で楽しくなっていった。時にうまく消化できない問題に遭遇することも合ったけれど、丁寧に段階を踏んで教えてくださる先生方や共に目標に向かって努力する仲間達のおかげで少しずつ合格へ近づいていけたように思う。今、受験生活を振り返ってみて、充実したものだったなと感じることができるのは、親身になって話を聞いてくださったチューター、辛くなったときに奮い立たせてくれた仲間達、2年にわたった受験生活をずっと支えてくれた家族の存在があったからこそだと思う。本当にありがとうございました。また、成長の場を設けてくれた去年の自分にも感謝したい。これから先も高予備で過ごした1年を糧に夢に向かって粘り強く諦めず、着実に歩みを進めていきたい。1年間お世話になりました。
松田 奈津希さん(加治木高校卒)
大学受験科
松田 奈津希さん(加治木高校卒)さん
首都大学東京/都市教養学部 法学科,福岡大学/法学部 法律学科合格
 この1年間、浪人生として鹿児島高等予備校で過ごして、とても貴重な体験をすることができました。現役時代は休みも多く、正直受験に対してそこまで本気で取り組んだこともなく、当時は同然のごとく受験に失敗しました。そこでこの予備校に入学することになったのですが、予備校にはレベルの高い人達や志望校に絶対合格するという強い意志を持った人達などがいで、私はそういった人達の授業中や自習中も集中し、一生懸命な態度に圧倒され、良い意味で刺激されました。
 受験は団体戦などという言葉を聞きますが、まさしくその通りで、学習環境や周囲の受験生の態度、雰囲気はとても大事なのだと思い知らされました。予備校の雰囲気はとても良く、私も頑張ろうという気持ちにさせてくれました。先生方のサポートも手厚く、添削や質問などの対応も良く、充実していました。
 そして、やっぱり基礎力がなければ伸びません。基礎ができていないのに難しい問題に取り組んでも無駄だと思います。予備校では前期に基礎的な授業を行っていたので、一からやり直せたし、知識が抜けていたところの確認や新しく知識を得ることができました。まず大前提である基礎力が大事だと思います。
 私はこの予備校で知識だけでなく、忍耐や精神力も得ることができました。やはりやった分だけ力になるし、結果がでると自信にもなります。私にもやっているのに伸びないといった時期がありましたが、そこで決して諦めずに努力したら結果は後でついてき、大幅に伸びることができました。こうして第一志望に合格できたのも支えてくださった両親並びに先生方のおかげです。感謝の気持ちとこの経験を忘れず、これからも頑張りたいです。
中俣 頼人君(指宿高校卒)
大学受験科
中俣 頼人君(指宿高校卒)さん
北九州市立大学/環境工学部建築デザイン学科合格
 去年の今頃、僕は浪人することを決めたのでした。高校3年間の学習態度を反省して、勉強を頑張ろうと思った。
予備校で授業を受けていると、最初のうちは頭を悩ませたが、勉強を頑張るうちに分かることも増えて楽しかったです。しかし同時に、高校時代の僕の勉強は「理解しているつもり」「やっているつもり」なのに気づきました。この反省を生かして、これからも勉強を素直な気持ちで学んでいけたらいいと思います。
 鹿児島高等予備校に通えて良かったと思うことの一つめは、自分のペースでがんばれることです。できないうちにむりやりやらされても苦しいだけだと思います。僕はこの1年間はあまりストレスを感じることなくがんばれました。
 二つめは先生達の丁寧さです。僕は口ベタだし、あまり頭が良くありません。そんな僕の幼稚な言葉も先生はちゃんと聞いてくれて、分かりやすく教えてくれました。高等予備校の先生達のおかげで僕は大学に受かったと思います。
 最終的に僕は一番行きたい大学を諦めて、第二志望の大学に進学します。高校時代の恩師の言葉の「まかれた場所で咲きなさい。」という言葉を胸にがんばっていきます。
西 瑞希さん(加治木高校卒)
大学受験科
西 瑞希さん(加治木高校卒)さん
鹿児島/法文学部 法政策学科,鹿児島県立短期大学/文学部 日本文学科合格
 私は鹿児島大学法文学部に合格しました。一年前までは、自分が法文学部に行くとは想像もしていませんでした。高校で理系だった私は薬学部を目指していましたが、そのレベルには全く到達できないでいました。予備校に入って最初の頃も変わらず理系でした。しかし、理系科目よりも文系科目が得意だった私は、先生の後押しもあり文転することを決意しました。文転して最初の頃は不安でしたが今となっては、あのとき文転すると決断して良かったと思っています。文転して初めて鈴政と勉強したのが一番大変なことでした。初めて見る単語や人物に悪戦苦しながらも勉強していました。1月のセンター試験の結果は良くなく、センターのみの判定はD判定。結果を見たときは本当にどうしようと思いました。それから前期試験当日までは、二次でどうにか点数を取らなければという思いで勉強をしていました。この1年間のがんばりがあったから合格できたのだと思います。もし、私が理系のままだったら今年も不合格だったと思います。文転したほうがいいと私に言ってくださったチューターの末吉先生には本当に感謝しています。この1年間は大変で決して楽なものではありませんでした。しかし、1年経って得たものは私にとって大きなものでした。1年間支えてくださった高予備の先生方や一緒に努力してきた友達、ずっと応援してくれた家族のおかげです。ありがとうございました。
山下 直人君(甲南高校卒)
大学受験科
山下 直人君(甲南高校卒)さん
鹿児島大学/法文学部 法政策学科,関西大学/法学部,西南学院大学/法学部,福岡大学/法学部合格
 去年の春、私立大学を受験せずに国公立大学の入試を失敗した自分にとって残された選択肢は浪人であった。授業を実際に受けてみると自分の知識がいかに乏しいものか思い知った。そこで授業中心の生活のリズムを整えて、そこに自分が強化したいものを添削で補うことにした。特に文系科目はなかなか伸びにくいものであることを現役のときから感じていたので早めに取り組むことにした。その成果が表れたのは10月を過ぎた頃で、ぎりぎり最後の記述模試やオープン模試で結果を残せるようになってきた。
 また、今年は昨年と違って私立大学を受験することを決めていたので数学を私立大学受験で使用することにした。なぜ数学にしたかというとセンター試験で200点分の配点があることと、私立大学によってそれほど難易度に差がつきにくいことをチューターとの面談で聞いたからである。実際、私立大学においては自分の実力以上である関西大学の試験で数学が非常に良くできたおかげで合格できたと思っている。
 以上のように自分の実体験を書いているのだが、自分がこの話を書いていて主張しておきたいのは、「自分で考える」ということである。高予備は能動的に行動を起こせば自分の希望を叶えることが出来る場所であるが、逆に受動的になってしまえば自分の理想に届かないと思ってもらった方が良い。もう高校生ではないのだから宿題があることもないし、生徒指導があることはない。大学生活という目標は定まっているのだからあとはどういう道のりがベストなのか先生や家族、友人に相談しながら考えていくべきだと思う。
 最後に自分に親身になって指導してくれた先生方、自分を信じ続けてくれた家族、同じ苦境で共に励まし合った友人達に本当に感謝している。
永田 聖宙君(川内高校卒)
大学受験科
永田 聖宙君(川内高校卒)さん
鹿児島/法文学部 経済情報学科合格
 高校3年生の3月7日、前期の合格発表の結果を知り落胆している自分がいました。その頃の自分は受験生として1年を過ごしてきたはずなのに何も分かっていませんでした。愚かなことに勉強したつもりになっていて抜けているところばかりでした。そして4月から私の浪人生としての生活が始まりました。正直最初は予備校に不安をかかえながら通っていました。元々理系として高校では勉強をしていたにもかかわらず浪人生になってから文転して一年で間に合うのか、浪人生という境遇に耐え抜くことができるのかということで頭がいっぱいでした。しかし高予備のカリキュラムはもう一度基礎から勉強し直すことができ、分からないところがあっても先生方がわかるまで教えてくださるのでだんだん不安もなくなっていきました。本当に授業は目から鱗のようなことばかりでいかに自分がしっかり勉強していなかったのか痛感しました。そして最もありがたかったのは添削です。私は文系なので国語と英語の添削をしていました。センターはマークなので自分の実力が分かりますが、二次試験は筆記なので自分ではできているのかよく分からないです。でも添削をしていれば自分の実力がよく分かるので本当にしていて良かったです。そして迎えた今年の3月8日、私は志望校に合格することが出来ました。こうして合格することが出来たのも先生方、友人、親の支えが合ったからこそです。大学に行っても予備校で学んだことや感謝の気持ちを忘れず頑張ります。予備校に来て本当に良かったと思います。
脇田 康平君(甲南高校卒)
大学受験科
脇田 康平君(甲南高校卒)さん
鹿児島大学/工学部 建築学科,福岡大学/工学部 建築学科合格
 去年も同じ大学、学部を受験し、不合格という結果を受け、後期を受験するか迷っていました。しかし、自分の志望する大学に行きたいと思い、浪人することにしました。
 まず、浪人する上で大切にしていたことは志望校を簡単に変えないということです。常に自分のいきたい大学を意識することで、モチベーションにも繋がります。
 次に現役の時から勉強への意識を変えました。現役の時の僕はとりあえず勉強の時間だけは確保するようにして、その時間の使い方や何を勉強するのかなどはあまり考えていませんでした。浪人してからは分刻みに何をするか決めて勉強するようにしました。すると、時間の確保は当然できるし、時間内にする勉強の質の向上にも繋がりました。
 最後に、予習、授業、復習のサイクルを崩さないようにしました。その中でも復習は特に重要視していました。予習で解けなかった問題に関しては授業中の板書をすべて写して自習中に何も見ずに解けるようになるまで、繰り返し解いて理解しました。また、授業を受けても分からないところは、すぐに先生に質問をして、疑問を残さないようにしていました。
 これまで上げてきたことを意識して浪人中は過ごしていました。浪人すると言うことに対してマイナスのイメージを持っていましたが、高校とはまた違う雰囲気の中で、新たな友達や先生との出会いだったり、自分の学力が確実に伸びていると実感できたりして、浪人が終わった今、浪人してよかった、この1年間楽しかったと思うことができます。
 この一年、先生方、共にがんばってきた友達、そして家族に支えられ、乗り越えることが出来ました。本当に感謝しています。大学でも、高予備で過ごしたこの一年を糧に頑張っていきます。
西郷 聡子さん(国分高校卒)
大学受験科
西郷 聡子さん(国分高校卒)さん
鹿児島/工学部 建築学科,鹿児島県立短期大学/生活科学部 生活科学科合格
 私が志望校に合格できたのは、この1年間自分の行きたい大学と自分なりの勉強方法を貫いたからだと思います。強い信念を持ってそれを貫き通すことが一番大切だと思います。志望校を変えずに、そこに行きたいという強い信念を持っていれば、日々の勉強もがんばれるし、成績が伸び悩んだ時に不安な気持ちになっても、大丈夫だと思えます。自分のモチベーションに繋がり、志望校合格に繋がると思います。また、自分なりの勉強法を見つけることも大切だと思います。私は、すき間時間に単語帳を見たい、授業の復習をしたりしました。いつも決まったことができなかったので、その時やろうと思ったことをやっていました。また、特別なことをするのではなく、予習、授業、復習を大切にし、教科書と予備校の教材を使って勉強しました。得意ではなかった数学は添削をしていただいて、勉強時間も増やしました。授業では、先生がおっしゃっていたことをメモしてノートに残し、自分が後で復習しやすいノートを作りました。基本的なことを一つ一つ丁寧に、そして自分のやり方で継続することが合格へつながると思います。
 強い信念を持って頑張ってきたから合格できたんだと思います。
 最後に、もう一度受験する機会を与えてくれた両親、1年間指導してくださった先生方、応援してくれた家族や友人など、支えてくれた全ての人に感謝したいと思います。これからも強い信念を持って自分の夢に向かって頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。
黒木 悠矢君(れいめい高校卒)
大学受験科
黒木 悠矢君(れいめい高校卒)さん
鹿児島大学/工学部 建築学科,東京理科大学/基礎工学部 材料工学科,東京理科大学/理学部 物理学科,東京工科大学/工学部 電気電子学科,福岡大学/工学部 機械工学科合格
 現役時代の自分は大学入試を甘く見すぎていたため高校での授業の予習、復習を全く行っていないまま国立大学の入試に挑んだ。が前期、後期とも落ち、さらに私立大学を一つも受験しなかったので、その時点で浪人が確定した。今考えると当然の結果である。後悔だけが残った。もうこの悔しさを味わいたくないと思い、自分が高校時代にしていなかった予習、復習を徹底した。土曜日も祝日も予備校の授業でつぶれ、何度も逃げ出したいと思いましたが、共に頑張っていた友達に感化され、最後まで頑張り抜くことが出来ました。添削指導も先生方一人一人が丁寧に分かりやすく、ちゃんと理解できるまで教えてくださったことも合格に繋がったんだと思います。浪人生活はつらいことだらけではありません。高予備でたくさんの友人も出来ましたし、現役時代とは違う忍耐力、行動力がつき、何事も最後までやり抜く力がつきました。もし、今第一志望の大学に落ちて、妥協しようかと悩んだとき、もし、もう少し頑張る余力があるなら、もう1年間がんばることをすすめます。浪人するという経験はプラスにこそなれ、マイナスになることは少なかったです。
 高予備で過ごした一年間は本当にあっという間だったけれど、自分と共に受験に挑んだ仲間ができ、自分を支えてくれている人がいることを改めて知ることができた1年間でした。高予備に入学して良かったと思います。これからは支えてくださった全ての人に感謝しつつ、学問に励みたいと思います。ありがとうございました。
潟山 祐樹君(鹿児島中央高校卒)
大学受験科
潟山 祐樹君(鹿児島中央高校卒)さん
鹿児島/農学部 農業生産科学科,福岡大学/経済学部 経済学科,鹿児島国際大学/経済学部 経済学科合格
 1年前、前期試験、後期試験ともに不合格となり、浪人することが決まった。高校時代は出来ない教科や分野を後回しに後でやればどうにかなると思い、大学進学も学校に通ってさえいればどうにかなると高を括っていた。そこで鹿児島高等予備校で1年間浪人生活を過ごすにあたって基礎、基本を徹底し、具体的な目標をたてて勉強に取り組むことにした。予備校での授業が始まると予備校の先生方は親切、丁寧な授業でとても分かりやすく、個別で質問をする際にも基礎の部分から分かるまで説明していただいた。これらの予備校の先生方の支えもあって、現役時代には解けなかった問題も解けるようになった。特に現役時代は理系であるにも関わらず数学が苦手であったが授業を受け、質問をしたりする中で少しずつ力がついているのを実感した。もちろん1年間予備校に通う中でやる気がなくなる時もあった。そんな時は浪人した仲間達と会話をしたり、彼らが自習中頑張っている姿を見て、自分も頑張ろうと思うことができた。あっという間に時間が流れ、センター試験を受ける時期となった。現役の時に比べて勉強の質、量共に十分に確保出来ていたが、現役の時にはない緊張感があった。そんな時も周囲の友人の支えがあって大きなミスをすることなく無事にセンター試験を乗り越えることが出来た。センター試験の判定はあまり良くはなかったが、二次試験の判定が良く、自分自身も二次試験に関しては自信を持っていたので、志望校を変更することなく受験した。本番では、予備校のテキストで解いた問題の類題が出て、落ち着いて解くことができた。
 そして合格発表の日、祖父母と合格を確認し、涙が止まらなかった。康応予備校で1年間を過ごせて本当に良かった。この1年を過ごすにあたって家族や友人、予備校の先生、特にチューターの若井先生には様々な面でお世話になりました。これからは1年間通して得たものを糧に生きていきたい。
宮ヶ迫 慶介君(鹿児島第一高校卒)
大学受験科
宮ヶ迫 慶介君(鹿児島第一高校卒)さん
鹿児島大学/農学部 農業生産学科,東海大学/生物学部 生物学科合格
 昨年の失敗から一年、私は第一志望であった大学に合格することが出来ました。受験が終わり自分がどれだけ周りの人達に支えられていたかが分かりました。両親に合格が決まったことを伝えると泣いて喜んでくれました。そのとき、私は感謝の気持ちでいっぱいになりました。そして自分がいかに心配をかけていたかも分かりました。また最後まで頑張ることが出来たのは友人達の存在が大きかったと思います。一人だったら怠けてしまい、このような結果を残すことが出来なかったと思います。友人が勉強している姿を見て自分もがんばらねばと思ったり、競い合ったりすることでここまで続けることが出来ました。
 浪人生活はやはり大変なことが多くそのとき一人だとどうしようもないことがあったと思います。そのときは頼れる友人がいるだけで全然違いました。そして先生方には本当に感謝しています。勉強のことから進路など様々なことでお世話になりました。授業はとても分かりやすく、分からないところも丁寧に教えてくださり、苦手だったものも克服できました。
 たくさんの人にたくさんの心配をかけてしまった1年でしたが、この1年で様々なことを学ぶことができ、同じ浪人生活を送った友人もできました。この1年は決して無駄ではなかったと思います。この1年様々なことで支えてくれた両親や先生方本当にありがとうございました。この1年で学んだことを大切にして、大学生活もがんばりたいと思います。
田之上 貴大君(指宿高校卒)
大学受験科
田之上 貴大君(指宿高校卒)さん
鹿児島/理学部 生命化学科合格
 自分の受験番号がなかった1年前の時は、涙が出そうなくらい悔しかった。この悔しさを胸に浪人生活が始まった。予備校は高校の時とは違い、授業コマ数は多いとき5時間、1コマ90分のカリキュラムである、1学期の初めは、体調を崩してしまうことが多かった。それでも予備校で生活を続けることで、自分の学力が着実に上がっていることが模試や添削を通して確認できたと思う。
 夏休みは、夏期講習を自分で組み込み、自分の苦手分野の克服、得意分野の教科に徹し、9月からは更に気合いを入れて受験勉強に臨んだ。この時期から暗記教科を徹底し、授業の休み時間や電車の中でも文字や図表を見た。
 センター試験の1ヶ月間には全教科の過去問を書店で買い、暇さえあれば、自分で時間を設定して解き、解けなかったところは理解できるまでひたすら復習した。そしてセンター試験を迎えた。現役の頃とは比較できないほど出来が良かったのだが、第一志望に十分な得点はとれなかったので、二次試験で挽回するために今まで以上に勉強した。そして前期試験に挑戦したが手応えはあまり感じられなかった。結果は良くなかったため後期試験で合格できるよう対策を練り、見事合格を勝ち取れた。
 この一年間は、人生の中でも意義あるものだと思い、これから先、きついことや悲しいことがあっても、この浪人生活での経験を思い出し、乗り越えられるよう、がんばりたいと思う。
米永 詩織さん(武岡台高校卒)
大学受験科
米永 詩織さん(武岡台高校卒)さん
鹿児島大学/医学部 保健学科,久留米大学/医学部 看護学科,熊本保健科学大学/保健科学部 看護学科合格
 昨年不合格が決定してから今年は絶対に第一志望校に合格するという気持ちで必死に勉強してきました。特に苦手教科の数学と物理は分からないところを徹底的に質問にいき教科担当の先生が丁寧に答えてくださり復習を積み重ねていきました。また、センター対策と同時に二次の教科の対策も早い時期から力を入れ、自習室の活用もフルに行いました。全ての模試では点数も安定していてA判定を維持できていた為、本番もうまくいくと信じて臨みましたが、実際は総合的に点数を落としD判定となってしまいました。現役時代から2度もセンター試験の厳しさを痛感し、第一志望校にいけるはずがないと半ば諦めかけていた私に、チューターから「二次にまぐれはない。大丈夫。二次力で逆転できる。」と励ましの言葉をいただきました。この言葉を信じ前期に全力を尽くし、結果合格という文字を目にすることが出来ました。この1年は人生の中でほんの一瞬にすぎませんが、これまでにはない、濃く価値のある1年でした。今まで根気強く指導してくださった高予備の先生方、最後まで私を支え信じてくれた両親、励まし合った友人に本当に感謝しています。ありがとうございました。
西川 真之介君(鹿児島中央高校卒)
大学受験科
西川 真之介君(鹿児島中央高校卒)さん
鹿児島/教育学部 学―国語,立命館大学/法学部 法学科合格
 この浪人した1年間のつらさが合格発表で自分の番号を見つけたとき一瞬で吹っ飛んだ。そして嬉しさと共に涙がこみ上げた。
 一年前、自分は安全策をとって受けた国立大学や私立大学に全て落ちてしまい自分の全てを否定された気持ちになり悲しみにくれていた。もう何もやる気の出なかった時にこの高予備に話を聞きに来たとき、自分と似たような境遇の人はすでに一年後を考えて自習室で何時間も勉強していた。自分も負けてられないと思ったことは今でも昨日のことにように覚えている。高予備に入学した最初は慣れなかったが、家族や友人のおかげでがんばることができた。チューターの先生にはいつもやさしく励ましていただいたし、添削指導をしてくださった先生方も厳しくも、とても丁寧に心暖かく支えてくださいました。
 高校と違い高等予備校の環境は大学に合格するための理想的な環境です。同じ目線で語り合える仲間に出会ったことでつらいときも助け合うことができたし、自習室の雰囲気は勉強するのにとても最適です。自分はこの高予備の指導のおかげで合格できましたし、仲間も出来ました。本当にこの1年間、つらいこともありましたが人生における大事な一年でした。本当に高予備には感謝の言葉しかありません。一年間ありがとうございました。
南田 将吾君(樟南高校卒)
大学受験科
南田 将吾君(樟南高校卒)さん
鹿児島大学/教育学部 学―社会,東洋大学/文学部 史学科,福岡大学/人文学部 歴史学科合格
 僕は、第一志望校を受験することすらできなかった状態で鹿児島高等予備校に入学しました。高校時代にほとんど勉強していなかったので基礎・基本すら身についておらず、予備校の授業についていくことができるか不安でしたが、高等予備校の授業のカリキュラムは基礎・基本から組まれていたので何とかなりました。また、添削指導が非常に充実していたので積極的に利用することによって実力をつけることができたと思います。僕が浪人生活の中で一番苦しいと感じた時期は、8月です。基礎シリーズでしっかりと知識を蓄えることが出来たはずだったのでとても自信を持って全統マーク模試を受験しましたが、5月の全統マーク模試よりも悪い成績だったので焦りました。高等予備校に入学してからの数ヶ月間何をしていたのかと感じで鉛筆を握るのも嫌になりましたが、両親、チューター、教科担当の先生方のおかげで立ち直ることが出来ました。それ以降は、模試を受験する度に点数が伸び、センター試験では自己最高点を取ることができたのでとても嬉しかったです。良い状態のまま二次試験を受験できたのでベストを尽くすことが出来ました。
 そして今、合格体験記を書いているのですが非常に安心した気持ちです。この気持ちを味わうことができるのは、1年間予備校に通わせてくださった両親、いつも温かい言葉をかけてくださったチューター、熱心に授業や添削指導をしてくださった先生方のお陰なので、今の気持ちを忘れずに大学生活を送りたいです。そして、立派な教師になってお世話になった人々に恩返しをします。
佐保 綾哉君(鹿児島中央高校卒)
大学受験科
佐保 綾哉君(鹿児島中央高校卒)さん
鹿児島大学/教育学部 学―英語合格
 ちょうど一年前、大学受験に失敗し鹿児島高等予備校で浪人することを決めました。周りの友人が合格して新しい生活を始める中、自分はずっと落ち込んでいました。あと一年勉強しなければならないと考えると、とても憂鬱でした。しかし、高予備で講師の先生方の素晴らしい授業に出会い、勉強が楽しいと感じるようになりました。予習・授業・復習のサイクルを守り学習を続けた結果、夏には本来の志望校は記述、マークともにA判定が出るようになったのです。成績が伸びたことで自信を持つことが出来ました。また諸事情により鹿児島に残らないといけなくなったので、志望校を受けるのを断念しましたが、二次試験で使う数学、英語の添削指導を先生方にお願いし、添削にも力を入れました。センター試験では、自己ベストより90点低い点数を取ってしまい最悪な状況になりましたが、二次試験に自信があったので二次で巻き返して合格することが出来ました。合格を知った時は、とても嬉しかったです。この一年間は、想像以上につらく逃げ出したいと思う時もありましたが、高予備のおかげで合格することが出来ました。そして、あらゆる形で私をサポートしてくれた家族に感謝したいです。
林 未来さん(国分高校卒)
大学受験科
林 未来さん(国分高校卒)さん
鹿児島大学/教育学部 学―理科,中村学園大学/教育学部 児童幼児教育学科 合格
 合格できたことは本当に幸せなことで一年間頑張ってて良かったと思います。毎日片道1時間弱かけて電車通学をしていました。電車では友達が大学生活を楽しんでいる様子を目にして最初はうらやましい気持ちも多少ありました。しかし逆に来年の自分を理想とし、絶対第一志望に合格するという気持ちが強くなりました。朝は6時15分発、夜は10時30分に着く電車で毎日通うのは大変でしたが、振り返ると、電車通学は私にとって良い気分転換になっていたと思います。
 この1年は私にとって人間として大きく成長することのできる大切な時間となりました。いろいろな高校から来たたくさんの人達と友達になることができ、勉強面での話も真剣にすることが出来たので、自分を向上させる大きな原動力となっていました。急に成績が伸び悩んだ苦しい時期は周囲の友達に励まされた私は乗りこることが出来ました。「受験は団体戦」という言葉が高校時代よりも実感しました。
 周囲の友達だけでなく、質問にいけば必ず私が完全に分かるまで一生懸命に教えてくださる先生方、そしてずっとそばで支えてくれた家族みんなのお陰で私は合格できたのだと思います。周囲に感謝して、これからは自分の夢を叶えるために大学での勉強を全力で励もうと思います。
岩川 佳之君(武岡台高校卒)
大学受験科
岩川 佳之君(武岡台高校卒)さん
鹿児島/教育学部 国際理解合格
 私は去年の7月に1年間の留学を終え、この高等予備校に入学しました。私はもとは武岡台高校の情報理系という科に通っていたため帰国後も理系だろうと思っていましたが、1年間のブランクは、はるかに予想を上回っており、到底手に負える状態ではありませんでした。そのため、社会を2科目、理科を理科基礎に変更し、英語以外の科目はほぼゼロからのスタートでした。初めは、基礎すら出来ず先生を質問攻めにする毎日でした。しかし授業の予習と復習を欠かさずに行い、分からないところは質問をして確実に自分のものにする、これを繰り返していくことで模試の点数は少しずつではありましたが上がってきました。そして最後のセンター試験本番では、自己ベストを出すことが出来ました。多くの先生方に支えられて出すことのできた結果です。前期試験は自分は英語1科目での受験だったのでゆったりと自由な時間も持ちつつ、勉強するときにはしっかりと集中して行いました。この8ヶ月間、苦労をしてつかんだ合格は言葉にならないほどの喜びでした。自分のしてきた努力を信じ、そして先生方を信じてひたすら机に向かって試験に臨むと、心の奥底からあふれんばかりの勇気が湧き出てきました。この時期でしか味わうことのできない浪人生活を経験できて本当に良かったと思います。自分の受験生活を全力で支えてくれた家族に本当に感謝しています。本当にこの8ヶ月間高予備でがんばれて良かったです。
龍寶 かずささん(鹿児島中央高校卒)
大学受験科
龍寶 かずささん(鹿児島中央高校卒)さん
鹿児島大学/教育学部 学―火星,中村学園大学/栄養科学部 栄養科学科,西南学院大学/人間科学部 社会福祉学科合格
 浪人が決まってからの1年間を鹿児島高等予備校で過ごせて本当によかったです。一年前進路もなかなか決まらず何をすればいいかわからないまま漠然と勉強をしていました。予備校に入ってからは、進路を考え直し、教育学部を志望しました。自分のやりたいことを見つけ、高予備では自分のペースで勉強出来たので良かったです。授業を大切に復習までするという当たり前の勉強法が自然と身に付き、成績を上げることが出来ました。高予備の先生の授業は分かりやすく、自分の苦手だったところも理解でき、解ける問題が増えていることを実感することができました。また、友達の存在が大きかったと思います。わからない問題を教えてくれたり、休み時間や帰るとき、さまざまな場面で友達との何気ない会話に救われました。高い目標を持っている友達から得たことは多く、勉強のしかた、ノートの取り方など参考になりました。高予備は自分のペースを保ちつつ、怠けることのない受験に最適の環境でした。予備校での1年、周りの人に支えられて頑張ることができました。
 昨年の不合格から、今年こそはという思いでつかんだ合格は、想像よりはるかにうれしい気持ちでいっぱいです。支えてくれた全ての人に感謝しています。ありがとうございました。
牧内 愛美さん(加治木高校卒)
大学受験科
牧内 愛美さん(加治木高校卒)さん
鹿児島大学/教育学部 学―家政,鹿児島国際大学/社会福祉学部 児童学科合格
 現役時代、毎日部活ばかり励み、勉強は疎かでした。その結果、前期も後期も失敗しました。私立大学は受かっていたけれど、やっぱり行きたい大学に行きたいと思い、浪人することに決めました。
 高予備に入学して最初に驚いたのは、ほとんどの人が授業が終わると自習室に行って、黙々と自分の課題に取り組んでいたことです。高校のときはあまり残って勉強している人はいなかったので、衝撃的でした。自分もがんばらないと、とやる気をもらいました。
 私が心がけていたのは、出来るだけ授業は前で受けるようにし、授業後は高予備のテキストを何度も解くことです。授業を後より前で受ける方がはるかかに集中して受けれるし、質問とかもしやすいと思います。また、添削指導もしていただきました。その結果、センターも二次試験も自信をもってやりきることができました。
 今年1年は私にとって濃い1年となりました。気持ちが沈んだりすることも良くあったけど、支えてくれた友達や丁寧に分かるまで教えてくださった先生方、1年間予備校に行かせてくれた両親のおかげで無事合格できました。本当に感謝しています。1年間ありがとうございました。
宮崎 怜奈さん(甲南高校卒)
大学受験科
宮崎 怜奈さん(甲南高校卒)さん
鹿児島大学/水産学部 食品生命学科合格
 この1年間は驚きの連続でした。現役時代は第一志望だった広島大学が模試の判定が悪く、E判定とかでした。結局、第一志望を受験することができず、そのときのレベルにあった大学を受験するも、前期と後期どちらも落ちてしまいました。これは勉強に力を入れる時期が遅く実力が追いつかなかったといえると思います。
 しかし、浪人生活は1年間をフルに使えることが出来、また学習も全範囲習っているために初めから受験モードで切り出すことができます。鹿児島高等予備校では、常勤講師がほとんどであり、理解できなかった箇所をすぐに聞ける上に、添削や補充学習では自分に合わせた問題を提供してくれます。講師と気軽に話せるため、進路相談や悩み事などを話せ、精神的な面で支えてもらったと思います。こういった、全面的な支えがあったからこそ、第一志望にしていた広島大学でA判定をもらうようになり、自分のやりたいことが出来る大学の選択肢も増えたんだと思います。
 今年は、合格には届かなかったけれど第一志望の広島大学を受験することができ、合格へのチャンスをつかみ取ることが出来ました。結果は残念だったけれど、この1年間積み重ねてきた努力と支えがあったからこそ、後期で鹿児島大学に合格することが出来たんだと思っています。
 浪人生活は辛いこともたくさんあると思うけれど、自分が現役の時に出来なかったことが理解し解けていくときの達成感と成長しているという実感の嬉しさの方が最終的には勝ったと思います。この1年間を振り返ると、自分の糧となった良い1年間を過ごすことが出来たと思います。鹿児島高等予備校で浪人生活を送れてとても良かったです。
飯山 真生君(甲南高校卒)
大学受験科
飯山 真生君(甲南高校卒)さん
明治大学/理工学部 建築学科合格
 去年、受験に失敗し、苦汁を飲んで再挑戦の今年。今振り返って思うことは“浪人して良かった”ということです。そう思う理由としては、今年受験に臨む前持った自信は根拠のない自信ではなかったこと、高校現役時代に漠然と理解していた科目(私の場合は物理、化学、英語)がしっかり理解できるようになったことが挙げられます。
 一番初めの英語の授業で、私は今まで高校3年間を通して持っていた英語というものの概念を覆された気がしました。私が今まで英語の問題を解くために用いていた方法は、しっかり英語を理解できていない人がするものであり、単語、文法、語法などを着実に押さえていければ、英語というものの見方は格段に変わるということを真安打瞬間の衝撃は今でも鮮明に覚えています。
 また、自分が苦手とする教科において添削指導をしていただくことで抜けている知識を把握し、質問し理解するという行為を繰り返しながら知識を補いました。
 浪人することを決めた時、本当は1年間も自分が頑張り続けることが出来るのか本当に心配でしたが、高予備で過ごした1年間はあっという間ですごく充実した時間を過ごすことが出来ました。一生に一度しか味わうことの出来ない浪人生活を高予備で遅れたことを幸せに思います。この1年間の私の浪人生活を支えてくれた全ての人に感謝しています。
山下 輝洋崇君(樟南高校卒)
大学受験科
山下 輝洋崇君(樟南高校卒)さん
東京理科大学/経営学部 ビジネスエコノミーコース,立命館大学/経済学部 国際経済学科合格
 大学受験失敗を経験して以来、僕は人生で最も苦しい1年間を過ごした。現役の頃の、友達との交流や携帯電話の多使用など、自分の中にあった弱さや甘えに打ち勝つべくこの1年間は他人との関わりを最低限に抑え、携帯の使用時間も制限した。それにより、1年を孤独でストイックに過ごすこととなり、変化のない毎日に心が折れそうになることもあった。しかし、高校時代を共に過ごした仲間の中には、関西の予備校で浪人するもの、近くに住んでいながら他の予備校で寮生活をして努力するもの、宅浪して人知れず勉強に励むものなど、それぞれの苦しい環境の中で頑張る友が多く、彼らの存在が気持ちを新たにし、闘志を燃やす糧となった。
高等予備校では、それまでの知識不足を補うだけでなく、それまでにない視点からのアプローチなど、現役の頃には知ることのなかった貴重な武器を得ることができ、また添削の丁寧な指導により、苦手な分野の克服の大きな助けとなった。苦労も多く、焦りやネガティブ思考も絶えなかったが、それ以上に自分で考え、取り組む姿勢と確立し、目標に向かうことの大切さを学ぶことができた。
自分の志望学部、学科は最後まで不安定でなかなか進む道が決まらなかったが、合格という形で結果を残すことができて本当に良かったと思う。お世話になった諸先生方、高校時代の恩師、そして家族の支えに感謝したい。
すべて表示する